Homeニュース「中絶強要した俳優K」は「海街チャチャチャ」出演キム・ソンホ?

「中絶強要した俳優K」は「海街チャチャチャ」出演キム・ソンホ?

-

「人気スター」キム・ソンホが元恋人に中絶を勧めた「俳優K」と指摘された中で、広告界が「損切り」の動きを見せている。

17日、あるオンラインコミュニティ掲示板には「人気の俳優Kの実体を告発」というタイトルの暴露記事が掲載された。

昨年初めに俳優Kと付き合っていたAさんは、「私は彼の元恋人だ。ただ、彼の人間性がゴミなだけであれば、こんな暴露もしていない。テレビとはあまりにも違う彼のイメージに、私は精神的に日常生活を送れない。大切な赤ちゃんを消させて、婚姻を口実に一方的な犠牲を要求していた彼の人間以下の行動に精神的、身体的なトラウマが深刻な状態だ」と主張して衝撃をもたらした。

続いて「昨年7月俳優Kの赤ちゃんを授かった。当時、撮影中だった彼が撮影を終えて私たちの家に来て数日間、私の口から中絶するという言葉を聞くまで懐柔した。今、子供を産めば、9億という損害賠償をしなければならず、自分は今9億を持っていないと。さらに損害賠償する広告もドラマもない時だった。正確に2年後に結婚する、自分の両親に紹介をする、そして来年には同居からしようという約束もした」とし、「中絶後、俳優Kの態度が変わった。婚姻の約束、懐柔までしていた人なのに夜明けに電話1本で終わったのが彼との最後だった。私に間違っていたとも、中絶した話に対する本気の謝罪や言及もせずに、万が一でも私がその話を持ち出すかと思って頭を使いながら脅迫と懐柔で別れを一方的に告げた。私はそのせいで、誰にも知られずに不動産費用まで違約金まで払って引越し、自動車のナンバープレートも変え、すべてを彼に合わせた。結局自分の広告の違約金が怖くて、私と犬を無責任に捨てたことに後悔でもしてほしい」と述べた。

Aさんは、「私達が最初に会った時から今まで、カトク(SNSメッセージ)も多く残していた。何度も話にならない言い訳でカトクを消去するように要求されたが、それがあまりにもおかしく、会話の内容を別に保存しておいた」とし、「多くの方が写真をアップロードしろというが、それは難しくない。写真は本当にたくさんある。しかし、写真や証拠をすぐに上げない理由は、法的な理由のためで、簡単だが慎重でいなければいけないので今は悩んでいる。私は1年以上罪悪感と苦痛に苦しめられ、簡単に決定して感情に任せて書いた文ではない」と伝えた。

以後「俳優K」の推測があふれた中、18日にYouTubeチャンネル「芸能裏大統領イ・ジンホ」には「衝撃単独!人気の俳優Kはキム・ソンホだった」というタイトルの映像が公開された。

記者出身のYouTuberイ・ジンホが「俳優K」をキム・ソンホと実名を挙げたものだ。イ・ジンホは「実は、『俳優K』について実名公開をできずにいるだけであって、業界を探し回った結果、その主人公が誰なのかは明らかになっている状況だった。キム・ソンホだ」と指摘した。

その理由については、「キム・ソンホの美談を中心に取材を進めていたが、この過程で予想外のニュースを聞いた。キム・ソンホが元恋人の問題で大変な苦労をしているという情報だった。私が内容を確保したのは10月初めだった。取材の過程でいくつかの報道機関が関連内容を確認して取材中だったという事実を知った。あるメディアは先月すでに(内容を)確保した状態だった。私ga

取材した内容と暴露者Aさんが言っている内容も一致している」と述べた。

また、彼は「キム・ソンホの所属事務所も関連内容を以前から知っていたという。十分に対応する時間があったにも関わらず、立場を明らかにしていない」と指摘した。

キム・ソンホが「俳優K」に名指しされ、広告界では「損切り」が始まっている。彼をモデルに起用したしたピザのブランドは、公式SNSに投稿されたキム・ソンホの関連記事を削除したり、非公開にした。

キム・ソンホはあす(20日)、多数のメディアとケーブルチャンネルtvNドラマ「海街チャチャチャ」放映終了記念インタビュー進行を控えている。議論が手に負えなくなるほど拡散された状況が2日続いても所属事務所は口を固く閉ざし、疑惑を育てているのみだ。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here