Home ニュース 第二子出産を控えるアン・ハサウェイが明かす、寿司作りへの情熱とユニークな家族の実態とは?

第二子出産を控えるアン・ハサウェイが明かす、寿司作りへの情熱とユニークな家族の実態とは?

-

先日も、モードなマタニティドレスでレッドカーペットを歩き話題を呼んだアン・ハサウェイ。俳優の夫、アダム・シュルマンとの間に第二子を妊娠中の彼女がヴォーグへのインタビューで、寿司作りをマスターしたい理由や、ユニークな家族の思い出、ハリウッドへの複雑な思いを明かす。

アン・ハサウェイ Anne Hathaway
アン・ハサウェイ

第二子の出産を間近に控えるハリウッド女優、アン・ハサウェイ。もうすぐ37歳を迎える彼女は、『プリンセス・ダイアリー』『プラダを着た悪魔』『レイチェルの結婚』『オーシャンズ8』……、デビュー初期から現在に至るまで、数々の代表作を生み出してきた。『VOGUE JAPAN』12月号に掲載されるインタビューでは、常に感情を歌で表現するユニークな家族に囲まれて育ったという幼少期の思い出を明かしながら歌への情熱を語りつつ、常に怒りが原動力となっていたというキャリアを振り返る。またエココンシャスな彼女が巻き寿司作りをマスターしたい理由や、変わりゆくハリウッドへの冷静な見解も述べている。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Must Read

ジェシカ・チャステイン Jessica Chastain

ジェシカ・チャステイン、『ドクター・ストレンジ』の出演オファーを断っていた。

0
ジェシカ・チャステインは『ドクター・ストレンジ』への出演依頼を断っていたそうだ。 ジェシカ・チャステイン。Photo: Eamonn M. McCormack/Getty Images ジェシカ・チャステインは、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)でスーパーヒーロー役を演じたかったため、『ドクター・ストレンジ』(16)への出演オファーを断っていたという。ベネディクト・カンバーバッチがタイトルロールを演じた本作の原案・脚本を担った一人、C・ロバート・カーギルによると、スコット・デリクソン監督はストレンジの元恋人クリスティーン・パーマー役にジェシカを希望していたそうだ。 だが、ジェシカはその役を受けてしまうと将来的にMCUでスーパーヒーローを演じることが出来ないと考え、オファーを断ったという。その結果、クリスティーン役は最終的にレイチェル・マクアダムスのもとへ渡っている。ポッドキャスト『ジャンクフード・シネマ』でカーギルはこう明かした。 「面白いことにハリウッドでは男優同様、女優の多くもスーパーヒーロー役を演じたいと思っています。スコットもその状況に立たされました。『ドクター・ストレンジ』への出演話をジェシカ・チャステインに持ち掛けましたが、『この作品は凄いものになりそうだし、出演してみたいとも思う。でもマーベル作品では、マーベルキャラクターになるチャンスは1度しかない。私はバレエで鍛えたし、本当にケープを着てみたい』って言われたんです。最もクールな断り方でしたね。彼女はスーパーヒーローになりたかった。ドクターのお相手ではなくてね」