Home ニュース 中村アン「女優のお仕事、初めは楽しいと思えなかった」

中村アン「女優のお仕事、初めは楽しいと思えなかった」

-

中村アン Anne Nakamura

「パブリックなイメージとは違った素の自分に近い役もやってみたいんです。メークしてなくて、髪も整えてない、全然装備していない感じの女性を(笑)」

そう話すのは、ドラマ『SUITS/スーツ2』(フジテレビ系・1、2話合体特別版は7月20日21時、3話は7月27日21時スタート)で、敏腕弁護士・甲斐(織田裕二)をサポートする秘書・玉井伽耶子役を演じる中村アン(32)。インスタグラムのフォロワーは250万人超え、鍛え上げられた美ボディとナチュラルさが魅力、と支持を集めている。

ブレークのきっかけは彼女が無造作にかき上げた前髪。お姉さん系の象徴となり、こぞってまねをされたのだ。

「ふだんの私は、シャキッとしてないし、キラキラもしていません。性格的にはオラオラな感じもあるんです、フフフ。私にとって髪をかき上げるのは、『よし、いい女になるわよ』、というスイッチみたいなもの。ずっとロングでしたが、髪もバッサリ切ってみたいし、今は変わりたい願望があるかもしれないです」(中村・以下同)

最近では、ドラマ『グランメゾン東京』(TBS系)や『スイッチ』(テレビ朝日系)での好演も話題だ。

「女優のお仕事、初めは楽しいと思えなかった。というかそこまで達していなかったと思うんです。今は演じている瞬間、自分とは全く違う人物になる感覚と、半分は自分なんだ、という感覚を楽しめるようになりました。時代劇にも挑戦したいですね。結婚ですか? タイミング次第ですよね。自分のやりたいことと恋愛がうまくフィットするときを逃さないようにしたいです」

「女性自身」2020年7月21日号 掲載

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Latest Posts

Instagram