Home ニュース 「アベンジャーズ」が新型コロナ救済支援「オール・イン・チャレンジ」に参戦表明!

「アベンジャーズ」が新型コロナ救済支援「オール・イン・チャレンジ」に参戦表明!

-

アベンジャーズ The Avengers
54540TM & (C) 2012 Marvel & Subs.

キャプテン・アメリカことクリス・エバンスが、「アベンジャーズ」の仲間とともに新型コロナウイルス感染拡大で被害を受けた人々への支援を目的とするチャリティ「オール・イン・チャレンジ」に参戦することを表明した。

「オール・イン・チャレンジ」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で食糧危機に直面している米国内の人々を支援するため、オスカー俳優レオナルド・ディカプリオが立ち上げチャリティ企画。チャレンジャーから指名を受けた各界のセレブが豪華な“景品”や企画を提供し、次にバトンタッチすることで出来るだけ多くの寄付金を集めようというユニークな募金活動だ。

ディカプリオとロバート・デ・ニーロが新作映画での“共演権”を提供したことに始まり、米人気司会者のエレン・デジェネレス、マシュー・マコノヒー、ジャスティン・ティンバーレイクらそうそうたる面々が、相次いで参加を表明している。

大人気シリーズ最新作「ジュラシック・ワールド ドミニオン(原題)」に“恐竜に食べられる役”で出演できるという、ファン垂涎の景品を引っさげ同チャレンジに参加したクリス・プラットから指名を受けたエバンスは5月1日(現地時間)、自身のインスタグラムで豪華企画を発表した。それは、ロバート・ダウニー・Jr.(アイアンマン)、クリス・ヘムズワース(ソー)、マーク・ラファロ(ハルク)、スカーレット・ヨハンソン(ブラック・ウィドウ)、ジェレミー・レナー(ホークアイ)に自身を加えた、アベンジャーズのオリジナルメンバー6人と、Zoomを使ってボードゲームやQ&Aを楽しめるというものだ。

エバンスは、「恐竜に食べられるのには敵わないかもしれないけど、僕の5人の親友――ロバート・ダウニー・Jr.、クリス・ヘムズワース、スカーレット・ヨハンソン、マーク・ラファロ、ジェレミー・レナーと、ボードゲームで対戦するっていうのはどうだい? ゲームの後には、Q&Aセッションもやっちゃうよ。NG質問は一切なし。どんな秘密もぶちまけるから、遠慮なく質問攻めにしてくれ」と大胆に呼びかけた。

寄付は1口10ドル(約1070円)からで、「オール・イン・チャレンジ」の公式サイト(https://www.fanatics.com/all-in-challenge/)で受け付け中。寄付金は、新型コロナウイルスによるロックダウン(都市封鎖)などで食糧難に陥っている低所得家庭や高齢者、子どもたちに食事を届ける「ミールズ・オン・ホイールズ」「ノー・キッズ・ハングリー」「フィーディング・アメリカ」などの慈善団体に全額寄付される。

キャップの召集で再び結集するアベンジャーズと、夢のようなひとときを過ごせるまたとないチャンスということもあり、注目が集まる。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Latest Posts

Instagram