ビリー・ポーターがエミー賞ドラマ部門で主演男優賞を受賞! 同性愛者の俳優として初の快挙

Author

Categories

Share

ビリー・ポーター Billy Porter
ビリー・ポーター

現地時間22日、ロサンゼルスの「マイクロソフト・シアター」にて第71回エミー賞授賞式が開催された。人気ドラマ『POSE/ポーズ』でおなじみのビリー・ポーターが、同性愛者を公言している俳優としてドラマ部門で初の主演男優賞受賞を果たし、新たな歴史を刻んだ。また数少ない“EGOT”にも一歩近づいたことでさらに注目を集めた。

今年2月に開催された第91回アカデミー賞授賞式の“タキシードドレス”や、5月のMETガラでの“太陽神ルック”、また6月の第73回トニー賞授賞式で見せた赤Xピンクの“子宮ドレス”など、その奇想天外なファッションで常に注目を集める俳優ビリー・ポーター(50)。現地時間22日にロサンゼルスで開催された第71回エミー賞授賞式では、アシンメトリーなツバが特徴の大きな帽子に70年代のディスコルックを彷彿させる「マイケルコース」のカスタムスーツを合わせて登場、全身に散りばめられたクリスタルと「オスカーハイマン」の豪華なジュエリーが一際目を引いた。

この日のポーターは、人気ドラマ『POSE/ポーズ』のプレイ・テル役で見事主演男優賞を受賞。同性愛者を公言している有色人種による同部門の受賞はエミー賞始まって以来の快挙だったことから、多数のメディアが「新たな歴史が刻まれた」とこのたびのビリーの受賞を大々的に報じた。

80年~90年代のニューヨークを舞台に、LGBTQの仲間達が舞踏会でファッションやダンスを競い合う“ボール・カルチャー”を軸に、登場人物達の生き様を描いた同ドラマは、同性愛者やトランスジェンダーの俳優が多数キャスティングされた話題作だ。ビリーはそんなボールで競う若者達の良き指導者、父親的な存在を熱演している。

ビリーは受賞スピーチで、小説家、脚本家、また活動家として知られるジェームズ・ボールドウィンが1960年に発表したエッセイ『They Can’t Turn Back』のくだり

「自分自身が教え込まれ、半ば信じかけていたけがれた考えのすべてを吐き出し、私にもこの世でしっかりと地に足をつけ歩んでいく権利があるのだと思えるまでには、長い年月がかかりました。」

を引用、そして自分自身と会場に呼びかけるように

「私には権利がある。あなたにも、そして私たち皆に権利があるのです。」

と語った。また

「私達アーティストは、この地球上に存在する人々の心の分子構造に影響を与えることができるのです。」

「だからやめないで。真実を語ることを決してやめないでください。」

と訴え、俳優として、また一人の人間として誇りあふれる感動的なスピーチを披露した。

ちなみにエンターテインメント業界ではエミー賞(Emmy)、グラミー賞(Grammy)、アカデミー賞(Oscar)、トニー賞(Tony)全ての受賞歴がある人物は“EGOT”と呼ばれているが、ビリーはミュージカル『キンキーブーツ』で2013年にトニー賞最優秀ミュージカル主演男優賞を、2014年には同ミュージカルのキャストアルバムがグラミー賞の最優秀ミュージカル・シアター・アルバム賞を受賞しており、このたびのエミー賞受賞により、“EGOT”まであと一歩近づいたことになる。

昨年9月にはシンガーのジョン・レジェンドがエミー賞を受賞、初のアフリカ系男性として“EGOT”の仲間入りを果たしていた。

画像は『Billy Porter 2019年9月22日付Instagram「I had a dream, a dream about you, baby.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)

Author

Share