Home ニュース ブラッド・ピット、『トロイ』出演で作品選びの基準が明確に。

ブラッド・ピット、『トロイ』出演で作品選びの基準が明確に。

-

ブラッド・ピットにとって、『トロイ』(04)への出演は作品選びを再考するきっかけになったという。

ブラッド・ピット Brad Pitt
2004年、『トロイ』がプレミア上映されたカンヌ国際映画祭でのフォトコールにて。Photo: Evan Agostini/Getty Images

2004年公開の『トロイ』でアキレス役を演じたブラッド・ピットだが、その構想に納得できなかったことから、以降はストーリーを深く掘り下げる監督と一緒に仕事がしたいと思うようになったそうだ。「ニューヨーク・タイムズ」紙のインタビューでブラッドはこう語っている。

「『トロイ』はやらなきゃいけなかったんだ。今だから言えるけど、僕はすでに同じ製作会社のほかの映画を降板していたから『トロイ』に入れられてたんだ」「辛くはなかったけど、映画の話の進め方は僕が望むものではなかった。僕も間違いをいろいろしたし」

「『トロイ』について言おうとしていることは、その枠組みから脱出することが不可能だったということだ。気が狂いそうだったよ」「どのシーンも『ヒーロー登場!』って感じで、ミステリーなんて何もなかった。だから、あの時にこれからは良質なストーリーにしか投資しないって決断したと言えるかな」

またブラッドは、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』でゴールデン・グローブ賞など数々の賞にノミネートされているが、アカデミー賞助演男優賞にノミネートされた『12モンキーズ』(95)の演技を一部後悔しているという。

「『12モンキーズ』の前半は、完璧にやれたよ。でも後半は全然ダメだった。脚本に罠があってね。あの演技が気に入らなかったよ。脚本のせいじゃないけど、うまく理解できない部分があったんだ」「後半は前半の本物の演技の真似をしているようだった。最後のシーンまでね。最悪だったよ」

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Must Read

テイラー・スウィフト Taylor Swift

テイラー・スウィフト、母に脳腫瘍が見つかり、ツアーを小規模に

0
テイラー・スウィフトは昨年夏にニュー・アルバム『Lover』をリリースしたが、それをプロモートするツアーはいつもに比べ小規模なものになる。その理由は、母の闘病にあるという。 テイラーの母アンドレアさんは数年前から癌を患い、一度は克服したものの、昨年春に再発したことが明かされていた。そして残念なことに、その後、脳腫瘍が見つかったそうだ。 テイラーは、『Variety』のインタビューで、母親のそばにいられるかどうかが最も気にかけていることなのかと問われると、こう答えた。「ええ、そのとおりよ。それが理由」「(癌の)治療中、脳腫瘍が見つかったの。脳腫瘍の症状は、これまでに経験した癌のものとは全く違う。だから、私たち家族にとってとても辛い時期なの」 テイラーは、今年は4月に米アトランタで開かれる<Capital One JamFest>に出演後、夏に英国のグラストンベリーほか、ヨーロッパや南米で開かれる数フェスティバルへの出演、およびアメリカでの4公演開催のみ予定している。 「この先なにが起きるか、どんな治療法を選ぶか、わからない」が、いまは仕事と家族を可能な限り両立させたいと考えているそうだ。