Home 映画

映画

北欧の至宝 マッツ・ミケルセンの 『アナザーラウンド』待望の公開決定!

今年のアカデミー賞監督賞・国際長編映画賞の2部門にノミネートされ、話題沸騰中のマッツ・ミケルセン主演映画『Another Round(英題)』が、邦題『アナザーラウンド』に決定し、9月3日(金)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほか全国にて公開することが決定! この度ティザービジュアルが解禁されました!! 本作は、2020年第73回カンヌ国際映画祭のオフィシャルセレクションに選出され、先日のゴールデングローブ賞外国語映画賞でもノミネートされたほか、ヨーロッパ映画賞作品賞ほか4冠、サンセバスチャン映画祭やロンドン映画祭など世界中で数多の映画賞を総なめにしている。 海外で予告編が解禁されるや否や、日本のマッツファンたちの間では「日本で公開して…」「アナザーラウンド早く連れてきて!!」「アナザーラウンド見ごたえありそうですよね。楽しみに待ちます」などSNS上をざわつかせていた。そして、先日のアカデミー賞ノミネーション発表でファンの枯渇感はピークを迎え、「アナザーラウンド日本公開まだかーーーーーー!!!」「で!! アナザーラウンドいつ公開なんでしょうね(憤怒)」など怒りに変わってきたところでの今回の公開時期発表となりました。 2012年、マッツ・ミケルセンがカンヌ国際映画祭男優賞に輝き、アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた『偽りなき者』(13)のトマス・ヴィンターベア監督と、北欧の至宝マッツ・ミケルセンの待望の再タッグが実現し、さらに同作で共演した、トマス・ボー・ラーセンや、ラース・ランゼも再登板、新たにマグナス・ミランが参加。さらに同作のトビアス・リンホルムと監督が共同脚本を務めるなど盤石の布陣が敷かれており、否が応でも期待が高まります。

レディー・ガガ、新作映画のファーストルックを公開

レディー・ガガ(34)が現在撮影中の映画『House of Gucci(原題)』のファーストルックを自身のインスタグラムで公開しました。 公開されたのはガガ演じるパトリツィア・レッジャーニの夫マウリツィオ・グッチを演じるアダム・ドライバー(37)との2ショット。ブラック&ホワイトのコーデにゴージャスなゴールドのアクセサリーがきいているガガのファッションがグラマラスです。 この作品は実話をベースに作られており、マウリツィオは「グッチ」の元責任者。彼は殺し屋に撃たれて亡くなったのですが、妻パトリツィアが暗殺を画策したとして裁判にかけられ…。 共演者にアル・パチーノ、ジャレッド・レト、ジャック・ヒューストン、リーヴ・カーニー、ジェレミー・アイアンズらが名を連ねています。

ディズニー初主演掴んだ吉川愛 「ラーヤ」との共通点は性格

「初めて声優に挑戦させていただいて、最初に声を入れたときに自分で聞いたらほんとに下手に感じて……声優さんってほんとに偉大だなって思いました」 そう語るのは、ディズニーの最新映画『ラーヤと龍の王国』(3月5日公開)で主人公・ラーヤの声優を務めている吉川愛(21)。憧れだったというディズニー作品への出演を、見事オーディションで射止めた。 「小さいころからディズニー作品を見ていたので、そのうちの1人になれるなんて思ってもみなかったです! ラーヤは、相棒のトゥクトゥクしか信用できないコなんですけど、私も『この人、本心で言ってくれてるのかな』とか疑いから入ってしまうことが多いので似てますね(笑)」 そんな彼女の芸能界デビューは3歳のころ。母親が、NHKの子ども番組に出してあげたいと思ったのがきっかけだった。 「子どもたちが、てんとう虫だったり、いろんな格好で出ているのがかわいいと思ったみたいで(笑)。事務所に入ってからは、2行のセリフを覚えるのに1日かけたりして、母と一緒に必死になって暗記していたのを覚えてます(笑)。当時は、私自身ではない他の人を演じるってことが理解しきれていなくて、何をやっているかわからないまま演じていましたね」

ザック・スナイダー版『ジャスティス・リーグ』、宙ぶらりんの状態で終わる!?

ザック・スナイダーのディレクターズカット版『ジャスティス・リーグ』は、「とんでもないクリフハンガーで終わる」という。 ザック・スナイダーのディレクターズカット版『ジャスティス・リーグ』は、ハラハラさせられながらも、結末がわからないまま終わりとなるそうだ。ベン・アフレックがバットマン、ガル・ガドットがワンダーウーマン、エズラ・ミラーがフラッシュ、レイ・フィッシャーがサイボーグ、ジェイソン・モモアがアクアマン、ヘンリー・カヴィルがスーパーマンをそれぞれ演じる『ジャスティス・リーグ』(2017)の計4時間にわたるディレクターズカット版は、「とんでもないクリフハンガーで終わる」とスナイダーはIGNに語る。 今のところ製作の予定がない続編へ向けたシーンは含んでいないとしつつも、「あと2本映画を作る予定だった。可能性のあるもう一つの世界を示唆している。後の映画に続く種をまいておいたからね。将来起こりうるストーリーの種は入っているよ。もしそれが実現すればだけど、そうは思えないけどね。でも、それを基に推測するのは簡単で、しばらくの間それを話題にできる」と続ける。 続編の可能性は低いと考えるスナイダーだが、ワーナー・ブラザースが興味を持てば作りたいとして「あくまでも仮定だけど、その話が実際に来れば、喜んで受けるだろうと言っておくよ」と話している。

クリステン・スチュワート、ダイアナ元妃そっくりの衣装姿で撮影中!

映画『Spencer(原題)』でダイアナ元妃を演じているクリステン・スチュワート。ダイアナ元妃そっくりの衣装を着た姿が目撃された。 新作『Spencer(原題)』をドイツのデュルメンで撮影中のクリステン・スチュワート。この作品の舞台はロイヤルファミリーたちがクリスマスを過ごすことで知られるエリザベス女王の私邸サンドリンガムハウス。1991年にここでクリスマスを過ごしたダイアナ元妃の姿を追い、チャールズ皇太子との別れを決意するまでの心の変化を描く。 そのセットでダイアナ元妃のファッションを再現した衣装に身を包んだクリステンが目撃された。足元だけはスニーカーに履き替えているけれどブレザーもスカートもストッキングも元妃そのもの! 髪型もそっくりである。新聞「デイリーメール」によるとこれは元妃が1989年1月にポーツマスを訪れたときの衣装をモデルにしているという。元妃が着ているのはお気に入りブランド「キャサリン・ウォーカー」のもの。このブランドはキャサリン妃御用達としても知られている。

エマ・ストーン、ディズニー史上最も強烈な悪役に!

『美女と野獣』『アラジン』のディズニーが『ラ・ラ・ランド』のエマ・ストーンを主演に迎え、名作アニメーション『101匹わんちゃん』のヴィラン(悪役)“クルエラ”の誕生秘話を実写映画化した、パンクロック・エンターテイメントが誕生! 特報とティザーポスターが解禁されました。 本作の主人公クルエラは、ディズニー・アニメーションの名作『101匹わんちゃん』に登場するヴィラン。『眠れる森の美女』のマレフィセントのような特別な魔力は無いものの、私利私欲のためなら手段を選ばず、その底意地の悪さは、ディズニー史上最も悪名高きヴィランと言われる所以の1つ。なぜクルエラは邪悪なヴィランに変貌したのか…。これまで語られてこなかった“クルエラ”の誕生秘話がついに本作で明かされることとなります。 舞台はパンクムーブメントが吹き荒れる70年代のロンドン。解禁された特報映像では、後の“クルエラ”となる少女エステラが、デザイナーを夢見てロンドンの地に降り立つシーンから始まります。 「私は人と違う生き方をしてきた、それが目ざわりな人も」という意味深なセリフとともに、希望溢れる若者の表情から一変、真っ赤なドレスでパーティーに乱入、車を窃盗しカーチェイスを繰り広げるなど、徐々に美しくも過激で破天荒な彼女の本性が現れはじめます。地味だったエステラはパンクロックなファッションに身を包むようになり、「私は生まれつき最高で…最悪」という言葉の通り1人の少女の物語は狂気に満ちていく…。

リバイバル版「セックス・アンド・ザ・シティ」、制作会社トップが「サマンサ不在」について語る

配信サービス「HBOマックス」が制作するドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」のリバイバル版。キム・キャトラルが出演を辞退したためサマンサは登場しない。それをストーリーの中でどう説明するのかが注目を集めている。 この疑問にに答えたのがHBOマックスのチーフコンテンツオフィサー(CCO)、ケイシー・ブロイ。ウェブサイト「TV Line」のインタビューでリバイバル版についてコメントした。「制作チームはオリジナルと同じことをもう一度やろうとしているわけではない」。特に脚本家のマイケル・パトリック・キングと主演のサラ・ジェシカ・パーカーがそう考えているという。今回サラは製作総指揮も務めている。 「制作チームはメインキャラクターたちが30代をもう一度繰り返している姿を描こうとしているわけではない。これは50代の女性たちの物語で彼女たちは50代の人が抱える問題に対処している」とブロイ。「現実には人生でさまざまな人と出会い、別れる。友情が消え、新しい友情が始まる。だからこのドラマは人生のリアルな局面、現実的なライフステージを描いたものになると思う」「ニューヨークで50代の女性として生きることを率直に描こうとしている。どこか有機的に感じられる作品になるだろう。50代のときの友達は30代のときとは違うかもしれないから」 オリジナルではいつも4人で遊んでいたサラたちだけれど、今回は新しい友達ができたり別行動をしたりと意外な展開が期待できそう。50代の彼女たちに出会えるのを楽しみにしたい。

キーラ・ナイトレイ、「男性監督とのセックスシーンはお断り」

すでに「映画の中でヌードにはならない」宣言をしているキーラ・ナイトレイ。セックスシーンにも制約を設けたことを明らかにした。 2015年、映画の出演契約の中に「ヌードにはならない」という条項を入れたことが報じられたキーラ・ナイトレイ。新たに「セックスシーンはやらない」ことも決心したもよう。最近出演したポッドキャスト「Chanel Connects」の中で明らかにしている。 とはいえ、すべての作品で「セックスシーンNG」ではないとキーラ。「絶対に禁止というわけではない。でも男性監督の作品ではやらない。みんなが体に油を差したみたいに動いて呻いているようなひどいセックスシーンにはしたくないから。そういうシーンに興味はないの」と語っている。「男性の視点で女性を性的な対象として描こうとするものを見ると、とても落ち着かないものを感じる。これまで『このセックスシーンは映画にとってとても都合のいいものだっていうことはわかってる。単純に誰かを魅力的に見せる必要があるっていうことでしょ』と思うことは度々あった。そういうシーンには他の人を使えばいい。子どもを2人出産している体はそういうものには使えない。それにただ、私は男性たちの前に裸で立ちたくないの」。

トム・ホランド、役作りで体重14kg減

トム・ホランド(24歳)は、新作「チェリー」の役作りのため約14kg体重を減らした後、また元の体重に戻したそうだ。トムが同クライム新作への出演へ向けて、体格を劇的に変化させていたことをジョー・ルッソ監督が明かしている。 「トムは、この役のために凄く体重を減らしました。約14kgは落としましたね。そしてそれを元通りにしたんです。僕達はインディペンデント映画のスケジュールでやっていましたから、トムはそうする時間を十分には与えられていなかったのですが」とデッドラインに話した。アンソニー・ルッソも監督として参加する同新作でトムは、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を抱え、オピオイド中毒となり、薬物を購入する金を得るために銀行強盗し始める軍医を演じている。