Home ニュース

ニュース

キム・カーダシアン、初の“ビリオネア”認定

キム・カーダシアン・ウェストが、初めて“ビリオネア”に認定された。フォーブス誌による「世界のビリオネア」リストに初めて仲間入りしたキムは、KKWビューティーやスキムズなど自身のビジネス、およびテレビ番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」やコマーシャル契約などで巨額の収入を得たとされている。 その他の大きな画像はこちら KKWビューティーの株20%をコティに2億ドル(約220億円)で売却するなどして、昨年10月の資産7億8000万ドル(約860億円)からビリオンとなる10億ドル(約1100億円)の大台に乗ったキム、同ブランドは異父妹のカイリー・ジェンナーがカイリーコスメティクスで成功を収めた後となる2017年に設立された。 ちなみにキムは当時、「ライセンス契約を止めて、自分がオーナーになるのは初めて」と自身のビジネスに期待を膨らませていた。一方のカイリーは2019年に同誌から自ら財を成した「たたき上げのビリオネア」に選出されるも、そのビジネス事業の申告が虚偽であるとして後に称号をはく奪されていた。そんなカイリーをキムは擁護、同誌の表紙を飾ったカイリーを嘲笑した批評家らに向けてこう話していた。「誰にだってチームがあって、あなたが何者であろうとわたしは気にしない。けど誰からの援助もないということが『たたき上げ』の意味。カイリーは10年以上、自分で自分のお金を稼いできた。それを自分で銀行に入れて、こつこつと貯金していたの」「そしてそれを自分がしたいことに使うって決断して、成功するかどうか分からない事業に費やした。よくがんばったわ」 Narinari.com編集部

ヘイリー・ビーバーがツイッターをやめた理由

ヘイリー・ビーバーは、心の健康を保つためにソーシャルメディアの利用を制限したという。 ジャスティン・ビーバーと2018年に結婚して以来、ネット荒らしのターゲットになったというヘイリー・ビーバーは、携帯からツイッターのアカウントを削除したそうだ。ヘイターからのコメントに恐怖を感じ、心の健康を保つために平日はインスタグラムを閲覧しないと自身のYouTubeチャンネルでこう明かしている。 「本当にたくさんの人達に同じことで何度も何度もしつこく追い回される状況を経験すると、心が乱れ始める。『彼らが見て私が見ていないものが(まだ)あるかしら?』と自問し始めて、『たぶん彼らの方が正しい。もしかしたら私は妄想癖があるのかも』と思うほど、落ち込むところまでいった」 「結局のところ、2つの現実が剥離しているようなもの。助けになったことの1つに、インスタグラムを月曜日から金曜日まで見るのを止めたことがある。害を及ぼす環境と思わなかった頃から見る時間はあまりなかったし、もうツイッターさえ(携帯には)ない。アプリを開けると考えただけでも、ひどい恐怖に陥って吐きそうになる。だから削除した。どこかに行ってしまえという感じだったわ」 また、ヘイリーはインスタグラムで自身がフォローしている人以外のコメントはオフにしたことで、心の余裕ができたと続ける。「とても助けになったと思うのは、インスタグラムで私がフォローしている人以外のコメントは見えないように設定したこと。今の自分のインスタグラムのコメントは、知り合いによる、勇気づけてくれて気分を上げてくれるポジティブなものだけ」

ミリー・ボビー・ブラウン、イメージとのギャップに苦しむ

ネットフリックスのドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のイレブン役で一躍トップスターとなったミリー・ボビー・ブラウン(17)。「MTV News」のインタビューで自分が子役スターではないことを受け入れられない人もいると明かしました。 「私はまだ17歳だけど、一日の終わりには、女性であることを学んでいるの。若い女性であることをね。若い女性になると、人々はあなたの成長を見守りますよね。そして、人々はあなたの成長と旅にほとんど投資している。でも、あなたが成長しているという事実を受け入れる準備ができていないの」 ミリーがそう感じるのはファッションにおいて顕著なのだそう。 「私がクロップトップを着ると、みんなが『彼女は10歳なのに』と言うのよ。私は17歳なのに。女の子だったらクロップトップを着るでしょ」「ハイヒールを履くのもそう。賞を受賞したときに、『彼女は50歳に見える』と言われるような服を着ることもある。10歳の頃から私を見てきたからそう思うのよね」

小池徹平 舞台続々成功の裏にある「ストイックな体力づくり」

「舞台装置も前回とまったく違うもので、同じ演目とは思えないくらい進化した演出になっているんです。コロナ禍の逆境を利用して、LEDを使った場面もあって、新時代の演出が新鮮でしたね!」 そう語るのは、約3年ぶりの再演となる舞台『魔界転生』(愛知公演/4月7日〜11日、刈谷市総合文化センターにて。福岡公演/4月16日〜28日、博多座にて。東京公演/5月4日〜28日、明治座にて。大阪公演/6月2日〜10日、新歌舞伎座にて)で、新キャストとして天草四郎を演じる小池徹平(35)。 物語は、魔界の力で蘇った「島原の乱」の首謀者・天草四郎が、歴史に残る剣豪を次々と蘇らせ、幕府への復讐を企てていくというストーリーだ。 「稽古の前に、堤(幸彦)監督と天草四郎のゆかりの地を見に行ったんです。学生のときに習って、ひととおりのことは知っていたんですけど。あらためて、江戸時代初期って、知れば知るほど興味深い時代だったんだなと実感しました」 現地を巡るなかで、天草四郎という人物を深く理解できたという。

BTSが#StopAsianHateを訴える──「私たちは一緒に立ち向かいます」。

アメリカやヨーロッパ諸国でアジア人やアジア系住民に対する差別や暴力事件が相次いでいることを受け、BTSが声明を発表した。 BTSが3月30日、アメリカやヨーロッパ諸国でアジア人やアジア系住民に対する差別や暴力事件が相次いでいることを受け、ツイッターを通して声明を発表した。数々のアジア人初の快挙を成し遂げてきたBTSだが、過去に「差別に直面してきた」経験を振り返り、「私たちには尊重される権利がある」と訴えている。 https://twitter.com/BTS_twt/status/1376712834269159425?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1376712834269159425%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fwww.vogue.co.jp%2Fcelebrity%2Farticle%2Fbts-stop-asian-hate 「愛する人を亡くした方々に心よりお見舞い申し上げます。私たちは悲しみと怒りを感じます。

松たか子 朝ドラ断っていた!4年ぶり連ドラにあった苦渋決断

【写真】すべての画像を見る(他2枚) 「最近の松さんは、お裁縫にハマっていると話していましたよ。娘さんが4月から小学校に上がるので、その準備に余念がなく、夜な夜な通学グッズを縫っているんだとか」(芸能関係者) 一人娘を子育て中の女優、松たか子(43)。ギタリストの夫・佐橋佳幸(59)との間に生まれた長女は、この3月で6歳になった。わが子の進学準備に追われる私生活の忙しさに加えて、この春、松は仕事面でも多忙に。4年ぶりの連続ドラマに主演するのだ。 「4月開始の『大豆田とわ子と三人の元夫』(フジテレビ系)というドラマです。ちょっとユニークなタイトルどおり、松さんが演じる主人公はバツ3の女社長。元夫3人に振り回されるという設定なんです」(テレビ局関係者) 本誌は3月半ばの日中に、このドラマの撮影に取り組む松の姿を目撃している。千葉県内の公園でラジオ体操に励むシーンを撮影中だったが、“洋服好き”の役ということで、鮮やかな黄色いスエットの上下姿が目をひいていた。ファッション面でも目を楽しませてくれそうなこの作品。一方で、発表当時からドラマ通たちが熱い期待を寄せる、別の理由もある。

渡辺直美と芸人コンビ・きつねが語る、笑いとファッションの関係。

今まであまり交わることのなかった「笑い」と「ファッション」がミックス&マッチすることで生み出される新しい価値観とは。グローバルに活躍する渡辺直美と芸人コンビ・きつねの取材をもとに紐解く。 芸人でありながら、歌手、女優としても活躍する渡辺直美。2019年からNYと東京を拠点にデュアルライフを送ってきた彼女だが、大手モデルエージェンシーIMGとの契約を果たし、4月からは本格的に拠点をアメリカへ移す予定だ。『VOGUE JAPAN』5月号では、笑いという表現でファッションに付加価値を生み出したいと語る彼女に、その唯一無二のスタイルについて聞いた。 さらに、業界に新風を吹き込む「お笑い第7世代」の芸人コンビ・きつねの二人も登場。ファッションもカルチャーも楽しんで取り入れるメゾンキツネ(MAISON KITSUNÉ)のような芸人を目指しているという彼らがファッションとお笑いの関係について、フレッシュな視点から語る。本誌では、プライベートで大切に愛用しているという私物も公開してくれた。普段テレビなどで見せる姿とは異なる、ポップでカラフルな衣装を纏った二人の姿にも注目して。

長澤まさみ最優秀ヒロインに!16年前といまのレベル違う涙

第44回日本アカデミー賞授賞式が行われ、長澤まさみ(33)が『MOTHER マザー』で初の最優秀主演女優賞に輝いた。 『世界の中心で、愛をさけぶ』で最優秀助演女優賞を受賞してから実に16年。当時はアイドル的存在だった彼女も、日本を代表する大女優へと成長を遂げた。 受賞挨拶では再び涙をこぼしたが、以前の写真と比べるとその大人びた様子から、重ねた年月の重みを感じずにはいられない。 「本当にたくさんの方に支えられなければ、映画作りはできないんだなと、去年、身に染みて感じました」と語った彼女。

スカーレット・ヨハンソン 、『アベンジャーズ』の成功を確信した瞬間とは?

スカーレット・ヨハンソンは当初、マーベル映画でスーパーヒーローを演じることに懐疑的であったという。 スカーレット・ヨハンソンは当初、マーベル映画でスーパーヒーローを演じることに懐疑的であったという。『アイアンマン2』(2010)からマーベル・シネマティック・ユニバースの作品でブラック・ウィドウを演じてきたスカーレットだが、『The Gentlewoman 』にこう語っている。「みんなで一緒にスーパーヒーローの衣装を着ているのを考えただけでも、大失敗になるだろうと思ったわ。大失敗というか、『これって何?』という感じ」 しかし、ある瞬間にヒットを確信したそうで、『アベンジャーズ』(2012)で共演者達と燃えて崩壊する町の中に立つ有名なシーンについて、こう続ける。「あの360度のショットを撮影した時のことをよく覚えている。私達はエイリアンの襲撃を受けたグランド・セントラル駅か何かの瓦礫の中に立って、『さあ、今こそ出撃だ』という感じのシーンだった。プレイバックを見せてもらったんだけど、6カ月の撮影を経て、あの時に初めて私達みんながやっと『これはいける。これはいけると思う』ってなった瞬間だったと思う」