Home ニュース

ニュース

「エグゼイド」俳優・飯島寛騎、消防士を目指していた過去

「パンづくりは想像していたよりも難しかったです。家庭でも簡単に作れるという印象でしたが、生地をこねるのもかなり苦戦して。やっぱり、プロの調理場はまったく違うんだなあって痛感しました」 そう語るのは、街のパン屋さんを舞台にしたドラマ『マイラブ・マイベイカー』(ひかりTV/カンテレ/メ〜テレ/テレビ神奈川にて配信・放送中。dTVチャンネル(R)は8月4日より配信スタート)で新人のパン職人を演じた飯島寛騎(23)。 彼が演じる北薫は、主人公の美々子(本仮屋ユイカ)が切り盛りするベーカリーにバイトとしてやってくるが、三つ星フレンチレストランのスーシェフだったという過去を持つ、少々ワケありの青年だ。 「料理の腕は一流という設定なので、その部分をいかにうまく見せるかというところはプレッシャーでした。性格は、一見不愛想ですけど、ものすごく真面目。僕自身との共通点を言えば、一つのことに集中すると周りが見えなくなってしまうところかな。いい方向に働くこともあるのですが、今、ゲームにハマってしまって、洗濯とか、やらなきゃいけないことができてないので気をつけなきゃ!(笑)」(飯島・以下同) 6歳年上の美々子と薫の不器用な恋愛模様が描かれる今作。年上の女性をどう思う?

テイラー・スウィフト、アルバム『Folklore』のロゴ盗作疑惑を見事解決

先週アルバム『Folklore』をリリースしたテイラー・スウィフト。ロゴの盗作疑惑が浮上している。 先週、アルバム『Folklore』をサプライズリリースしたテイラー・スウィフト。公式オンラインストアではアルバムの他にファーストシングル「カーディガン」にちなんだカーディガンやTシャツなど、グッズも販売している。問題となっているのはそのグッズについているロゴ。アフリカ生まれのブランドやアフリカの民族が作った、その土地ならではのグッズを販売するオンラインショップ「The Folklore」を運営しているアミラ・ラスールが指摘している。SNSで「テイラー、ちょっと待って。『Folklore』という名前を使った上に、黒人女性たちのロゴを盗むってどういうこと?」「私たちの会社のロゴを盗んだのではないかと思っている。この盗作を見逃すことはできない」と非難している。 https://www.instagram.com/p/CDB_44fgzui/?utm_source=ig_embed courtesy of Amira Rasool via Instagram

三浦春馬さん死去に継父は憔悴「なんと声をかけていいのか……」

三浦春馬さん(享年30)と中学生のころから交流があった「茨城元気計画」代表の卯都木睦さん(53)は、初主演映画『キャッチ ア ウェーブ』で、彼にサーフィンを指導した人物だ。 「母親が運転する車で僕のところにやってきたのが、まだ中学3年生だった春馬です。『撮影が始まるまでの3カ月で、一人前のサーファーになりたい』と言ってね。『本気か?』と聞いたら、『本気です』と……。僕も、ほかにも俳優を少し知っているけど、こんなコは初めてでした。 その特訓後も、プライベートでの付き合いが続きました。10年前ぐらいに『俳優を辞めたい』と、言っていたこともあったけど、一時期の迷いだったみたいで、その後はそんなことは言わなくなったしね。最後に会ったのは昨年12月でしたが、何一つふだんと変わった様子はありませんでした。 ご両親との仲も良かったですよ。お母さんはよくマイカーで春馬を送り迎えしていましたし、お父さんも人当たりの良い方でした」

ブラッド・ピット、全米で最も注目を集めるあの人を演じてエミー賞を受賞!? 

7月28日(現地時間)、アメリカで第72回エミー賞のノミネート作品が発表。ブラッド・ピット(56)がオスカーに続いて、エミーでも受賞する可能性が出てきました。 ブラッドは、4月25日に放送されたテレビ番組『サタデー・ナイト・ライブ』のゲストホストを務め、コメディシリーズの優秀ゲスト俳優部門でエミー賞にノミネート。 彼が同番組で演じたのは米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長(79)です。 放送後、ブラピの渾身の演技は大きな話題に。そして、モノマネしてもらった本人、ファウチ博士が感想を述べました。 テレビ番組「Un...

イギリスを代表する女優ジュディ・デンチとヘレン・ミレンのインタビューが『VOGUE JAPAN』9月号に。

舞台からスクリーンまで、数々の名演技で知られるジュディ・デンチ85歳とヘレン・ミレン75歳が登場。強くも優しく、そして長く仕事を続けることについて前向きであることについて語った。 『恋におちたシェイクスピア』(1999)や『007』シリーズでジェームズ・ボンドの上司役としても親しまれているジュディ・デンチのロングインタビューが『VOGUE JAPAN』9月号にある。長いキャリアについてはもちろん、コロナ禍で人々が不安を感じていたなか、孫のTikTok動画を通じてジョークやダンスを披露するなど、人を喜ばせることに生きがいを感じていることについて語っている。 さらに、映画『クィーン』(2006)で一躍世界的スターとなったヘレン・ミレンの、生涯現役を貫くための美意識についてのインタビューもある。ジュディ・デンチとヘレン・ミレンは、偶然にも60歳を過ぎてからアカデミー賞主演女優賞を受賞し、遅咲きの大女優として知られている。常に前向きに仕事と向き合う姿勢に、彼女たちならではの強さと優しさにインスパイアされる生き方を本誌でチェックして。

「テディベア発見者に50万円」ライアン・レイノルズが拡散助け

俳優のライアン・レイノルズ(43)が、赤いドレスを着たテディベアを見つけてくれた人に5,000ドル(約53万円)の謝礼金を払うとTwitterで明言している。彼の所有物ではないぬいぐるみに、一体なぜこのような申し出をしたのだろうか。 テディベアの持ち主はカナダ・バンクーバー在住のマーラ・ソリアーノさん(28)。カナダCBCによると、彼女は先週金曜日、大切な書類やiPad、Nintendo Switchなどが入ったバックパックを盗まれてしまった。その中には、彼女が何よりも大切にしているテディベアもあった。「iPadなどは戻ってこなくても平気です。でも、ベアだけは返してほしい」とソリアーノさんは訴える。このベアには、昨年6月にがんで亡くなった彼女の母親の声が録音されているという。 「愛してる。あなたを誇りに思うわ。ずっとあなたと一緒にいるからね」 ソリアーノさんによると、母親はホスピスに入った後に声が変わってしまったという。ベアに記録された声は、そうなる前に本来の母親の声を留めた最後の録音だった。53歳という若さでこの世を去ってしまった母のかけがえのない思い出を必死で取り戻そうとする姿は多くの人を動かした。

愛犬との別れを報告したオーランド・ブルーム、追悼の意を込めてタトゥーを入れる

2020年7月15日(現地時間)に、愛犬マイティが行方不明になったことを明かしていたオーランド・ブルーム(43)。道にポスターを貼ったり、懸賞金をかけたりして必死に呼びかけるも、21日(現地時間)に亡くなったことが判明した。 翌日、オーリーはインスタグラムに長文のメッセージを投稿し、愛犬の死を報告した。「マイティは天国に行ってしまった。この一週間、朝から晩まで何時間も探し回ったけれど、昨日首輪だけが見つかった」。 「見つけるためにあらゆる手段を使った。2匹の捜索犬にも手伝ってもらった。きっと僕たちが探し回っている間、マイティは天国からその様子を見ていて、出来ることを全てやったと分かってくれたと思う」。 https://www.instagram.com/p/B5EIH3cl1m6/?utm_source=ig_embed この投稿をInstagramで見る 「マイティからは、愛が永遠であるということ、そして『献身』の本当の意味を教えてもらった。彼はただのペットじゃなくて、ソウルメイトだった。そばにいてあげられなくてごめん。愛してるよ」と、愛の言葉でメッセージを締めくくった。

ディズニープラスオリジナル映画『スターガール』の注目主演女優のインタビューが到着

『スターガール』は、ティーン向けの全米ベストセラー小説をディズニーが実写映画化した作品。 平凡で目立たない男子高校生リオが、自由奔放な転校生スターガールと出会うことで始まる物語です。期待の新人アーティスト、グレース・ヴァンダーウォール演じるスターガールの優しくも型破りな振る舞いが、ふたりを、世界を、変えていく、ちょっぴり切ないハートウォーミングな青春ストーリー。 主人公レオとスターガールが次第に惹かれ合う様を、グレース独特の歌声とニューメキシコの美しい風景を織り交ぜながら描きます。。 スターガール役のグレース・ヴァンダーウォールは、現在16歳。2017年にディズニー・チャンネル主催の「Radio Disney ミュージックアワード2017」で最優秀新人賞を受賞し、2018年には日本レコード協会が主催する「第32回日本ゴールドディスク大賞」の“ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー(洋楽)”“ベスト3ニュー・アーティスト(洋楽)”の2部門を受賞するなど、国内の注目も非常に高いアーティストで、今後の活躍も大いに期待されています。

ジョージ王子が7歳に! キャサリン妃撮影のポートレートが公開。

ジョージ王子の最新ポートレートが公式SNSで公開された。 https://twitter.com/KensingtonRoyal/status/1285688536247808004?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1285688536247808004%7Ctwgr%5E&ref_url=https%3A%2F%2Fwww.vogue.co.jp%2Fcelebrity%2Farticle%2Fprince-george-7th-birthday-portraits ウィリアム王子とキャサリン妃の第一子、ジョージ王子が7月22日に7歳の誕生日を迎えた。前日の7月21日、ケンブリッジ公爵夫妻は公式SNSでジョージ王子の最新ポートレートを公開。2枚の写真は、キャサリン妃によって撮影されたという。スペイン発のファッションブランド、マンゴ(MANGO)のカーキのポロシャツを着用した写真は、ウィリアム王子の誕生日に際して発表された家族写真と同じ日に撮ったものと見られている。 現在、ウィリアム王子一家はロンドンから170kmほど離れたノーフォーク州サンドリンガムにある別邸アンマーホールに滞在しており、4月にジョージ王子は妹のシャーロット王女とともに新型コロナウイルスの影響で外出できない高齢者の自宅に食料を運ぶボランティアを行っていた。