Home ニュース

ニュース

カイリー・ジェンナー、カーディ・Bにバーキンのバッグをプレゼント

今月11日のカーディ28歳の誕生日に、高級バッグを奮発したという。 カーディはインスタグラムストーリーに、自身がプレゼントを開けている様子を上げ、「凄い、ありがとうカイリー。パウダーブルー!これにぴったりの水着を持っている」とカイリーへの感謝を示した。また、誕生日を記念し2人は一緒にラスベガスに飛び、カーディとコラボ曲をリリースしたミーガン・ジー・スタリオンを含む他のゲストらと共に過ごしたようだ。 一方カーディは先月、オフセットとの離婚で誕生日の計画を台無しにはしないとして、マイアミまたはドミニカ共和国で「まったり」するつもりだと話していた。 オフセットとの間に2歳になる娘カルチャーちゃんを持つカーディだが、破局の際は「涙を流さなかった」と主張、オフセットの浮気の噂を全否定しそのような根も葉もないうわさに辟易していると訴えていた。 カイリー・ジェンナー、フォーブス誌セレブ年収ランキングでトップにPeople...

ニコール・キッドマン、『アイズ ワイド シャット』撮影中はトム・クルーズと幸せだった。

ニコール・キッドマンとトム・クルーズは『アイズ ワイド シャット』の撮影中、幸せな夫婦だったという。 ニコール・キッドマンが、スタンリー・キューブリック監督による『アイズ ワイド シャット』(99)撮影や当時結婚していトム・クルーズとの思い出を振り返った。1989年に交際1カ月で結婚した2人は劇中で不貞を乗り越えていく夫婦役を演じたが、撮影時は「ハッピーな夫婦」であり、一日の撮影が終わった後には気分転換にゴーカートをしに行くほどだったという。 ニコールは「ニューヨーク・タイムズ」紙のインタビューで、こう話している。「あの時は幸せに結婚していたのよ。シーンの撮影を終えて、私たちは朝3時にゴーカート場を貸し切って、レースをしていたくらい。他に何て言えばいいのか分からないわ。たぶん当時を振り返って分析する能力がないのか、したくないのかもしれないわね」

クリステン・スチュワート、「LGBT+コミュニティのために声を上げることは喜び」

現在脚本家のディラン・メイヤーと交際中のクリステン・スチュワート。自らのセクシュアリティについて多くを語ってこなかった理由について明かしている。 クリステン・スチュワート(Kristen Stewart) Kristy Sparow + Getty Images 雑誌『インスタイル』で最新作『Happiest Season(原題)』のクレア・デュヴァル監督と対談したクリステン・スチュワート。この作品の主人公は同性カップルのアビー(クリステン)とハーパー(マッケンジー・デイビス)。ハーパーはクリスマスにアビーを実家に連れて帰ることになったけれど、まだ家族に自分が同性愛者だとカミングアウトしていない。対談でクリステンとデュヴァル監督はカミングアウトすることの難しさについて触れている。 ロバート・パティンソン(Robert Pattinson)、クリステン・スチュワート(Kristen...

グレン・クローズ、20年ぶりにあのキャラに!!

映画『アガサ・クリスティー ねじれた家』や『天才作家の妻 40年目の真実』などで知られるグレン・クローズ(73)。名女優として知られる彼女がインスタグラムでお茶目な一面を披露。自身が20年以上前に映画『101』で演じた悪女クルエラ・デ・ビルの仮装を公開しました。 ベット・ミドラー(74)の ニューヨーク修復プロジェクトのために行われているバーチャルでの資金調達パーティーのために仮装したというグレン。 仮装のためのアイテムは自身が用意したことも明かしました。シガレットホルダーは赤の箸で、ウィッグはオンラインで購入。コートは映画『天才作家の妻 40年目の真実』で着用した衣装。また、ダルメシアンの子犬の耳は地元のハロウィンショップで買ったのだそう。 メイクは青白い下地がなかったため、なんとベビーパウダーを試してみたのだとか!...

「世界で最も稼いだ女優2020」ソフィア・ベルガラが約45億円でトップ

フォーブス誌「世界で最も稼いだ女優2020」1位に輝いたソフィア・ベルガラ 米経済誌Forbesが現地時間10月2日、毎年恒例の「世界で最も稼いだ女優」ランキングを発表した。今年のトップは、『モダン・ファミリー』などに出演のソフィア・ベルガラで、年収4300万ドル(約45億円)を稼いだ。ランキング常連のスカーレット・ヨハンソンが今年はランク外となった。 アンジー、メリル・ストリープらがランクイン「世界で最も稼いだ女優2020」2位~10位 2019年6月1日から2020年6月1日までを対象期間とし、税金やマネージメント料などを差し引く前の概算収入に基づき発表されるもの。 今年の発表では、トップ10にランクインした女優の収入の合計が2億5400万ドル(約270億円)に留まり、昨年よりも20%近く減少している。新型コロナウイルスの影響で、テレビ番組や映画の制作や公開が遅れていることが影響しているようだ。昨年まで2年連続でトップだったスカーレット・ヨハンソンも、主演映画『ブラック・ウィドウ』の公開が延期されていることが影響し、今年はランク外となっている。

ジョージ王子とシャーロット王女、ルイ王子が動物学者のデヴィッド・アッテンボローに質問。

ジョージ王子とシャーロット王女、ルイ王子が動物学者のデヴィッド・アッテンボローに質問する映像が公開された。 https://twitter.com/KensingtonRoyal/status/1312376865332420608?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1312376865332420608%7Ctwgr%5Eshare_3&ref_url=https%3A%2F%2Fwww.vogue.co.jp%2Fcelebrity%2Farticle%2Fprince-george-princess-charlotte-prince-louis-meet-david-attenborough ウィリアム王子とキャサリン妃の公式SNSで、ジョージ王子とシャーロット王女、ルイ王子が動物学者のデヴィッド・アッテンボローに質問する映像が公開された。7歳のジョージ王子は絶滅危惧種の動物について、5歳のシャーロット王女は大好きだという蜘蛛について、そして2歳のルイ王子は好きな動物について尋ねた。 アッテンボローは先日ケンジントン宮殿を訪れ、ウィリアム王子とキャサリン妃、そして3人の子どもたちと新作ドキュメンタリー『デヴィッド・アッテンボロー: 地球に暮らす生命』を鑑賞していた。その際、1960年代後半にマルタへ家族旅行に行った際にアッテンボロー自身が発掘した、絶滅したサメの巨大な歯の化石をジョージ王子にプレゼント。ジョージ王子はかつては海の捕食者であったサメのカルカロクレス・メガロドンに由来する化石に夢中になったという。 https://twitter.com/KensingtonRoyal/status/1309968491785719808?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1309968506021126145%7Ctwgr%5Eshare_3&ref_url=https%3A%2F%2Fwww.vogue.co.jp%2Fcelebrity%2Farticle%2Fprince-george-princess-charlotte-prince-louis-meet-david-attenborough

マタニティフォトも披露! ヴィクシーエンジェルのエルサ・ホスク、妊娠を発表

ベビーラッシュのセレブ界。ヴィクトリア・シークレットエンジェルのエルサ・ホスクが妊娠を発表した。 エルサ・ホスク(Elsa Hosk)、トム・デイリー(Tom Daly) Raymond Hall + Getty Images 今週初め、インスタグラムにポートレートを投稿、プレママ姿を披露したエルサ・ホスク。「お腹にエンジェルがいたことをしばらく内緒にしていたの」とコメントしている。「赤ちゃんの誕生、私が夢見ていた男性と人生の新しい章を始めたことにこれ以上ないくらいワクワクしているし、幸運に思う。私とトムは道半ばよ」。恋人のトム・デイリーの名前を書き添えている。 https://www.instagram.com/p/CFuJG4LpKNp/?utm_source=ig_embed courtesy of Elsa...

「ラ・ラ・ランド」エマ・ストーンが極秘挙式

エマ・ストーン(31歳)が、デイヴ・マッカリー(35歳)と極秘挙式したようだ。2週間前、エマがデイヴとお揃いの指輪をしてロサンゼルスで散歩しているところを目撃され結婚が報じられていたが、今回関係者がピープル誌にこのニュースを認めた。 また、ほかの関係者も、情報サイトのページ・シックスに2人が挙式したと話しているが、現在のところそれ以上の詳細は明らかになっていない。 「ラ・ラ・ランド」のエマは、「サタデー・ライト・ライブ」の作家兼演出家であるデイヴと2年の交際期間の末昨年12月に婚約、指輪を披露したツーショットの写真と共にそのニュースをインスタグラムで発表していた。エマが同番組のホストを務めた2016年12月に出会ったと考えられている2人は、2017年10月に初めてその交際説が浮上していた。そんなエマは以前、結婚して子供が欲しいと話していたものの、いつもそうではなかったそうで「歳をとるにつれて子供に対する考えが変わったわ」「ベビーシッターをしたことすらないの。10代の時は『結婚も絶対しないし、子供も絶対持たない』なんて考えていた」「でも歳をとるにつれて『本当に結婚もしたいし、本当に子供も欲しいって』って思うようになったの」と語っていた。また、アンドリュー・ガーフィールドと長年交際していたことも知られるエマは以前、ハリウッドでのキャリアと恋愛の両立は可能だと考えていると認めていた。「キャリアか恋愛のどちらかしか選べないなんて思わないわ。メリル・ストリープは旦那さんとラブラブよ。素晴らしい家族だし、彼女は一流の女優よね。だから両立は可能。優先順位をちゃんとすればね」。

セレーナ・ゴメス、腎臓移植の手術跡を「誇りに思う」。

セレーナ・ゴメスは腎臓移植の手術跡を誇りに思えるようになったそうだ。 https://www.instagram.com/p/CFhtu__j9zy/?utm_source=ig_embed 2017年に自己免疫疾患であるループスという名称でも知られる全身性エリテマトーデスにより、腎臓移植手術を受けたセレーナ・ゴメスは当初、上腿にできた傷を隠そうとしていたそうだが、現在は自信を持って見せられるようになったそうだ。手術跡が露わになった水着姿の写真をインスタグラムに投稿し、こう綴っている。 「腎臓移植を受けて、最初は手術跡を見せるのがとても辛かった。写真で見えるのも嫌だったから、隠れる服を着ていたわ。でも今は私という人間に自信がある。そして経験してきたことにもね。手術跡を誇りに思っているわ」 そして元パーソナル・アシスタントのテレサ・マリー・ミングスが立ち上げたスウィムウェアブランド、ラ・マリエットに対して「女性のためにあなたたたちがやっていること、ラ・マリエットの設立を祝福する。そのメッセージは全ての身体は美しいということ」とエールを送った。 セレーナは以前、自分の人生で落ち込みを経験したことに感謝していると明かしていた。「(後悔なんて)全くないわ。もちろん自分に起こってほしくなかったと思うこともある。けれど、それなしに今、同じことを経験している人々を代表して発言することはなかった。ループスそして腎臓移植手術を経験し、名声そしてそれに伴う疲弊、うつ、不安、いろいろなメンタルヘルスの問題も抱えていた。どれもとても困惑させるものだった。私はそれを全部ありのままに流し、自分の中で何かが消えた。そして人生のそういった章に今は感謝している。これから楽になるという意味じゃないの。けど私はずっと強くなったし、勇敢に、そしてより大胆に意見を発信していく」