Home テレビ

テレビ

ニコール・キッドマン、新作ドラマのトラウマ的背景を持つ役は「メンタル面で参ってしまった」

アカデミー賞やゴールデングローブ賞など数々の名だたる賞を獲得してきたオーストラリア出身の女優ニコール・キッドマン(53)。これまでにDV被害を受ける妻役や荒んだ中年女性刑事役など様々な役どころを演じては高い評価を得てきた。そんな演技派女優のニコールだが、ドラマや映画の役にのめり込むあまりメンタルに異常をきたして体調を崩したこともしばしばあったという。このほどニコールが、出演したサスペンスドラマ『フレイザー家の秘密』が私生活にもたらした「ネガティブな面」を明かした。 英俳優ヒュー・グラント(60)と豪女優ニコール・キッドマンの初共演で話題を集めたHBOドラマ『フレイザー家の秘密(原題:The Undoing)』。医師の夫ジョナサン・フレイザー(ヒュー)や名門私立校に通う息子と共に幸せなセレブ生活を送る臨床心理士のグレイス(ニコール)が、ある殺害事件をきっかけに人生が崩壊していくストーリーを描いたものだ。ニコールが出演する新作なだけに視聴率も好調だったが、撮影の裏側ではニコールの体調が優れず撮影がストップすることもあったそうだ。 現地時間11日、米コメディアンのマーク・マロンのポッドキャスト「WTF with Marc Maron」に出演したニコールは、『ビッグ・リトル・ライズ』や『フレイザー家の秘密』でのトラウマ的背景を持つキャラクターを演じたことで、実生活でも「不安な状況に陥る」ことがあったと明かした。 「急に襲われるのよ。居心地が悪くて不安が生じ、ありのままでいることに不当な圧力をかけられているような気持ちにね」と説明したニコールは、私生活で演技上のキャラクターと‟シンクロ”してしまうことがあったという。

復活『SATC』でのキャスト、1話のギャラは?

浮上しては消え、また浮上…と何度も復活が噂されたドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』。先日、ついに噂ではなく、ストリーミングサービス「HBOマックス」で復活すると米メディアが報じました。そこで明らかになったのが、キャストのギャラ事情です。 米誌『Variety』によると、出演するのはサラ・ジェシカ・パーカー(55)、クリスティン・デイヴィス(54)、シンシア・ニクソン(55)の3人で、全員がエグゼクティブ・プロデューサーでもあるのだそう。 そんな彼女たちの1エピソードあたりのギャラは、なんと100万ドル(約1億400万円)以上! ミニシリーズで10エピソードを予定していることから、10億円以上のギャラを手にする計算になります。 ちなみに、同ストリーミングサービスではニコール・キッドマン(53)、ジェフ・ブリッジス(71)、リース・ウィザースプーン(44)、ケリー・ワシントン(43)などのスターに対して、同じく1エピソードあたり100万ドル以上を支払っているといいます。

エレン・デジェネレス、『エレンの部屋』がピープルズ・チョイス・アワードで受賞。

https://youtu.be/r76LfWSe3x8 2020 E! ピープルズ・チョイス・アワードが11月15日(現地時間)に開催され、エレン・デジェネレスの冠番組『エレンの部屋』がデイタイムトーク番組賞を受賞した。サンタモニカのザ・バーカー・ハンガーからヴァーチャルで開催された授賞式で、ファンや製作スタッフに感謝の言葉を述べた。 「心の底からありがとう」「素晴らしいクルーとスタッフのおかげでこの番組がある」「みんな愛してる。私達が毎日あの番組を最高なものにしようとする中、毎日助けてくれてありがとう」「また人々にも感謝するわ。私を応援し続けてくれる全てのファンの皆さんに」「私がどれほど感謝し、またこれがどれほど私にとって意味のあるものかは言葉には出来ない。私がどれほど頑張っても言い尽くせないほどなの。特に今はね」 同番組は、スタッフから職場における人種差別や嫌がらせなどを指摘されたことから、ワーナーメディアが内部調査を行ったところ、製作総指揮3人が解雇となっており、エレンも謝罪声明を発表していた。

高杉真宙 朝ドラを自主降板!電撃退社にあった前代未聞の事態

「来春放送の朝ドラ『おかえりモネ』の主要キャストとして、高杉さんの出演が決まっていました。ところが、急遽、高杉さん本人の強い意向で降板。スキャンダルや体調以外での自主降板は朝ドラ史上初で、ディレクターも唖然としています」(NHK関係者) 21年度前期放送の連続テレビ小説『おかえりモネ』。主演は『なつぞら』(19年)でヒロインの生き別れの妹を演じた清原果耶(18)。気象予報に向き合う仕事を通じ人々に幸せな未来を届ける物語だが、登場予定だった高杉真宙(24)が突如、出演を辞退したというのだ。テレビ局関係者はこう語る。 「高杉さんは09年にデビューし、12年に映画初主演後、ドラマ、映画、舞台と幅広く活躍しています。今回の朝ドラは、清原さんや『King&Prince』永瀬廉さん(21)などフレッシュな顔ぶれで話題です。NHKも脇を固めるために“演技派”の彼にオファーして、いったん受諾したのですが……」 実は高杉は同時に“大きな決断”を下していたという。 「先日、彼は10年以上所属した事務所に対し、『アイドル的な役者と僕は違います。やはり共演したくないです。これからは役者の道を極めたい』と強く訴えて退所を申し入れたそうです。その背景には、彼をデビュー初期から育てた個性派マネージャー・Aさんの影響もあるようです。選ぶ仕事に極端に偏りがあり、いわゆるメジャー作品よりも、単館の映画や舞台など、アート志向の作品を好む考え方を受け継いだのかもしれません。誰もが願う朝ドラ出演まで断ってしまったのですから……」(別のテレビ局関係者)

マーベル・スタジオ最新作ドラマ「ワンダヴィジョン」、ディズニープラスで年内配信へ。

マーベル・スタジオが贈る初のオリジナルドラマシリーズ「ワンダヴィジョン」の予告編が、世界同時解禁された。 https://youtu.be/YEpRZ9PI7JE 涙と衝撃の結末に終わった『アベンジャーズ/エンドゲーム』(19)から約1年半、ディズニープラス(Disney+)で配信されるドラマ「ワンダヴィジョン」の予告編が世界同時解禁となった。舞台は『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の世界。とある郊外の街に引っ越してきたのは、長い恋愛の末、晴れて結婚したスカーレット・ウィッチことワンダ・マキシモフとヴィジョンだ。 ユーモアに定評のあるマーベルが、本作でクラシックなシットコム(シチュエーション・コメディ)という”初ジャンル“に挑んでいる。これまでとは一線を画すような斬新かつユニークな物語となるようだ。MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)フェーズ4の一部にあたり、過去作キャラクターの登場など、映画作品との関わりも大いに期待される。 監督は、「ゲーム・オブ・スローンズ」や「ファーゴ」のエピソード監督を務め、「フィラデルフィアは今日も晴れ」などを手がけたマット・シャックマン。脚本は『ブラック・ウィドウ』(20)の原案を担当したジャック・シェイファーが務める。そして、ワンダ・マキシモフをエリザベル・オルセン、ヴィジョンをポール・ベタニーが演じ、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』以来となる、2人の共演にも要注目だ。

『マンダロリアン シーズン2』10月30日(金)アメリカと同時配信開始が決定!

ディズニー公式動画配信サービス Disney+ (ディズニープラス)で、『マンダロリアン シーズン2』がアメリカと同時に配信開始されることが発表されました。 『マンダロリアン シーズン2』は第1話が10月30日(金)16:00配信開始、第2話が11月6日(金)17:00 配信開始、以降毎週金曜日 17:00 に新エピソードが配信開始となります。(米国の夏時間切り替えがあるため日米同 意配信開始時刻が日本時間でこの時刻となります) そして批評家にも絶賛された『マンダロリアン』の待望のシーズン2の日本語版キーア...

チャーリーズ・エンジェルが集結! ドリュー・バリモアの新番組にキャメロン・ディアスとルーシー・リューが出演

今週初めにスタートしたトーク番組「ドリュー・バリモア・ショー」。初回のゲストにキャメロン・ディアスとルーシー・リューが出演、チャーリーズ・エンジェルが再集結した。 ドリュー・バリモア(Drew Barrymore)、キャメロン・ディアス(Cameron Diaz)、ルーシー・リュー(Lucy Liu) Matt Winkelmeyer + Getty Images 現地時間9月14日(月)に始まったドリュー・バリモアの新番組「ドリュー・バリモア・ショー」。記念すべき初回のゲストは映画『チャーリーズ・エンジェル』で共演したキャメロン・ディアスとルーシー・リュー。 https://twitter.com/DrewBarrymoreTV/status/1305169336554975235?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1305169336554975235%7Ctwgr%5Eshare_3&ref_url=https%3A%2F%2Fwww.elle.com%2Fjp%2Fculture%2Fcelebgossip%2Fa34016289%2Fdrew-barrymore-lucy-liu-cameron-diaz-200915%2F

BLACKPINKの軌跡をたどるドキュメンタリー映画、Netflixで10月14日より配信へ。

Netflixがドキュメンタリー映画『BLACKPINK~ライトアップ・ザ・スカイ~』を10月14日から独占配信する。 BLACKPINKの軌跡をたどるドキュメンタリー映画がNetflixで10月14日より独占配信される。『BLACKPINK~ライトアップ・ザ・スカイ~』では、ジス、ジェニー、ロゼ、リサの独占インタビューや未公開映像を織り交ぜながら、練習生時代の過酷なトレーニングやレッスンを経て、デビュー後にヒットを勝ち取り、K-POPガールズグループとしコーチェラ・フェスティバルに出演するなど、世界的に大ブレイクを果たした現在までに迫る。 BLACKPINKは本作の配信について、「Netflixを通じて世界中のファンの皆さんに、素顔の私たちを早くお見せしたいです! この映画が視聴者の皆さんに喜びと光をもたらし、過去4年間の私たちの歩みを一緒に楽しんでいただけることを願っています」とコメントしている。

14年の歴史に幕! リアリティ番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」の放送終了が発表

キム・カーダシアンを始めとする、カーダシアン&ジェンナー一家を一躍有名にしたリアリティ番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」。番組終了が決定した。 https://www.instagram.com/p/CE5DS9XnYLy/?utm_source=ig_embed courtesy of E! via Instagram 2006年にスタートした「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」。来年放送されるシーズン20で終了することが明らかになった。カーダシアン三姉妹の次女、キム・カーダシアンが代表してインスタグラムに声明を発表している。「素晴らしいファンのみなさんへ。私たち家族が『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』にお別れするというつらい決断を下したことを伝えるのはとても気が重いことです。この14年、20シーズン、何百ものエピソードとたくさんのスピンオフを経て、いいときも悪いときも、幸せも涙も、たくさんの関係と子どもたちをずっと見てくれたファンの人たちにこれ以上ないほど感謝しています。これまでに出会った数えきれない人たちと素晴らしい思い出は私たちにとって永遠に大切なものです」と感謝のメッセージを伝えている。 https://www.instagram.com/p/CE5AwirA4Cx/?utm_source=ig_embed courtesy of Kim Kardashian via Instagram