Home テレビ

テレビ

オーランド・ブルームのセクシーさ光る…女性記者注目のドラマ

■『カーニバル・ロウ』シーズン1・全8話。Amazon Prime Videoで日本語字幕版配信中。吹き替え版11月配信予定 舞台は、人間と妖精が共存する国、バーグ王国。戦禍の祖国から逃げてきた妖精のフェイ族たちが、人間から差別されていました。そこに起こった陰惨な連続殺人事件。警部補ファイロは現場を探るうち、自分の出生の秘密を知ります。さらに、7年前に愛し合った妖精のヴィネットにも再会し……。 ファイロ役のオーランド・ブルームと妖精役のカーラ・デルヴィーニュとの濃密なラブシーンもある話題作。ギリシャ神話に登場する蹄と角を持つ妖精・パックと貴族との切ない恋も描かれ、現代の難民問題をほうふつとさせます。一方、事件現場の死体描写は超グロテスク。まさに大人向けのダークファンタジーといえそうです。 第3話の回想シーンでは主役の2人に7年前何があったのかがわかり、殺人事件の伏線も見えてきます。それにしても、全編を通して空を自在に飛ぶ妖精の姿は美しく人間にも羽があったらすぐにどこへでも行けるのに。記者もこんな美しい羽が欲しくなりました。

ビリー・ポーターがエミー賞ドラマ部門で主演男優賞を受賞! 同性愛者の俳優として初の快挙

現地時間22日、ロサンゼルスの「マイクロソフト・シアター」にて第71回エミー賞授賞式が開催された。人気ドラマ『POSE/ポーズ』でおなじみのビリー・ポーターが、同性愛者を公言している俳優としてドラマ部門で初の主演男優賞受賞を果たし、新たな歴史を刻んだ。また数少ない“EGOT”にも一歩近づいたことでさらに注目を集めた。 今年2月に開催された第91回アカデミー賞授賞式の“タキシードドレス”や、5月のMETガラでの“太陽神ルック”、また6月の第73回トニー賞授賞式で見せた赤Xピンクの“子宮ドレス”など、その奇想天外なファッションで常に注目を集める俳優ビリー・ポーター(50)。現地時間22日にロサンゼルスで開催された第71回エミー賞授賞式では、アシンメトリーなツバが特徴の大きな帽子に70年代のディスコルックを彷彿させる「マイケルコース」のカスタムスーツを合わせて登場、全身に散りばめられたクリスタルと「オスカーハイマン」の豪華なジュエリーが一際目を引いた。 この日のポーターは、人気ドラマ『POSE/ポーズ』のプレイ・テル役で見事主演男優賞を受賞。同性愛者を公言している有色人種による同部門の受賞はエミー賞始まって以来の快挙だったことから、多数のメディアが「新たな歴史が刻まれた」とこのたびのビリーの受賞を大々的に報じた。 80年~90年代のニューヨークを舞台に、LGBTQの仲間達が舞踏会でファッションやダンスを競い合う“ボール・カルチャー”を軸に、登場人物達の生き様を描いた同ドラマは、同性愛者やトランスジェンダーの俳優が多数キャスティングされた話題作だ。ビリーはそんなボールで競う若者達の良き指導者、父親的な存在を熱演している。 ビリーは受賞スピーチで、小説家、脚本家、また活動家として知られるジェームズ・ボールドウィンが1960年に発表したエッセイ『They...

トム・ヒドルストン、「ロキ」単独ドラマに手ごわい敵の登場を明かす

トム・ヒドルストンが「MTV」に、「Disney+」で配信される主演ドラマ「ロキ」について語った。メディアにおいて同ドラマの制作が報じられたのはおよそ1年前だが、トムはずっと前から知らされていたという。 「『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が世界で公開される6週間くらい前から、知っていたんだ」と告白している。ひそかにプレッシャーを抱えながら、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のプロモーションを行わなければならなかったとのこと。 2011年の『マイティ・ソー』から8年以上に渡ってロキを演じているトムは、「いまは彼のことをよく理解している」といい、「観客も彼のことをわかっている」と感じているそうだ。「彼を忠実に演じながら、彼が新しい挑戦に立ち向かう姿を見せていく。いろんな方法で彼の演じ方を変えていく必要があるというのが、すごく楽しい点だね」とやりがいを語った。 また、「彼には知性、裏切り、いたずら、魔法といった特別な才能がある。そんな彼にとっても手に負えない、いままでに見たこともないような敵と戦うことになる」と、ドラマでの強敵との対峙を匂わせている。 「ロキ」は「Disney+」で2021年春に配信開始となる。

ディズニー・チャンネルが贈るTV映画「ディセンダント3」(仮題)より新キャラクターのビジュアルが公開!!

世界的大ヒットを記録したディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー「ディセンダント」の最新作「ディセンダント 3」(仮題)。新たに登場するキャラクターである、映画「プリンセスと魔法のキス」のヴィラン、ドクター・ファシリエと彼の娘セリアのビジュアルが初公開されました。 ©Disney ©Disney

カンバーバッチ激変で話題!「ブレグジット EU離脱」無料放送が決定

「SHERLOCK(シャーロック)」シリーズのベネディクト・カンバーバッチの変貌ぶりでも話題になったドラマ「ブレグジット EU離脱」が、BS10スターチャンネルで3月31日夜9時より無料放送されることが決まった。 「ブレグジット EU離脱」は今年1月に本国イギリスで放送された話題作で、今回が日本初放送。現在、イギリスはブレグジットをめぐってもめにもめているが、本作が描いたのは、一連の騒動の発端となったEU離脱の是非を問う2016年の国民投票、その背後で繰り広げられていた「離脱派」と「残留派」のせめぎ合いだ。カンバーバッチが演じたのは「離脱派」の投票キャンペーンを指揮した選挙参謀ドミニク・カミングスで、彼がいかにして国民投票を攻略したのか、その驚くべき真相が明かされる。 そのほかの出演は、『007』シリーズのロリー・キニアなど。「SHERLOCK(シャーロック)」シーズン2第3エピソードなどでメガホンを取ったトビー・ヘインズが監督を務めた。(編集部・市川遥) ドラマ「ブレグジット EU離脱」(字幕版)は3月31日夜9時~BS10スターチャンネルで無料放送

「スーパーナチュラル」スタッフが送る「マジシャンズ シーズン2」DVDリリース!

■「スーパーナチュラル」のスタッフが手がける“大人のハリーポッター” 「スーパーナチュラル」で製作総指揮&脚本を務めるセラ・ギャンブルと『ザ・プロテクター/狙われる証人たち』のジョン・マクナマラが脚本を担当!シリアスでダークなテイストが漂い、セクシーシーンも盛り込まれた大人が楽しめるファンタジー、待望の第2章!! ■登場人物全滅!? 凄まじいシーズン1のラストからはじまる衝撃のシーズン2! 最強の敵ビーストの前にクエンティン以外の仲間たちが皆死んでしまうという驚きのシーズン1最終話の続きからスタートするシーズン2。果たして仲間たちは生き返ることができるのか? そして、土壇場でクエンティンたちを裏切ったジュリアのその後とは・・? 魔法の世界に住む新キャラクターたちも続々登場!物語はさらに過激に、さらに濃密に進化していく!! ■世界的ベストセラー原作のファンタジー・サスペンス・ドラマ!! アメリカで2009年に刊行されたレヴ・グロスマン作のベストセラー小説「The agicians」を基に、秘密のベールに包まれたニューヨークの魔法大学「ブレイクビルズ大」で魔術を学ぶ気弱な大学院生のクエンティンと仲間たちが、世界を脅かす強大な敵に挑む! ■美しい映像で見せる、想像を超えた魔法の世界!! VFXと斬新な演出を駆使して描かれる魔術シーンは見ごたえ満点!キャラクターごとに得意な魔術が分かれており、それぞれの魔術を駆使して押し寄せる困難に立ち向かう姿は「HEROES/ヒーローズ」や「ALPHAS/アルファズ」を想起! 色鮮やかに描かれた魔法の世界、青いトーンの現実世界、緑色に描かれた心の中の世界、異なる色で描く3つの世界描写にも注目!

ミーシャ・バートン、あのリアリティ番組に出演

ミーシャ・バートン(32)が一斉を風靡したリアリティ番組「The Hills」のリブート版「The Hills: New Beginnings」に出演することが明らかになりました。 Mischa Barton Instagram 「The Hills」はロサンゼルスに住む若者の私生活に密着し、世界中で放送された伝説のリアリティ番組。2006年の番組スタート当時は無名だったローレン・コンラッド(32)、ホイットニー・ポート(33)、オードリナ・パトリッジ(33)らが後に人気を博しました。 来年に放送予定だという「The Hills: New Beginnings」。現在では多くのリアリティ番組が放送されるなか草分け的存在ともいえる同番組に注目が集まっています。 そして同時期に「The O.C.」のマリッサ役でブレイクしたミーシャ。どんな風に番組に絡むのか気になるところです。私生活で母親との確執、激太りとネガティブな話題が続き、その後代表作がないミーシャですが、同番組への出演で再び人気を取り戻すことになるでしょうか。 https://www.instagram.com/p/BofGerHHUYN/?utm_source=ig_embed  

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」、エミー賞で22部門の最多ノミネート。

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」が今年度のエミー賞で、最多22部門でノミネートされた。 ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」が今年度のエミー賞で、最多22部門でノミネートされた。同ドラマは、9月17日(現地時間)にLAのマイクロソフト・シアターで開催され、テレビなど様々なメディアの作品を表彰する目的の同式典で、ドラマ部門の作品賞をはじめ、助演男優賞並びに女優賞などにノミネートされている。 そしてドラマ「ウエストワールド」とTVトークショー「サタデー・ナイト・ライブ」がそれぞれ21部門と僅差で追っている。 HBOの作品が17年連続で最多ノミネートを果たしているが、今年はネットフリックスが112もの候補に挙がる躍進を遂げている。 一方で、リミテッドシリーズ/テレビムービー部門の主演男優賞は、アントニオ・バンデラス、ジョン・レジェンド、ベネディクト・カンバーバッチ、主演女優賞もジェシカ・ビール、ミシェル・ドッカリー、イーディ・ファルコなど豪華な顔ぶれとなっている。 さらに、ドラマ部門では、主演男優賞にジェイソン・ベイトマン、スターリング・K・ブラウン、ジェフリー・ライトなどが候補に挙げられている一方で、クレア・フォイ、エリザベス・モス、エヴァン・レイチェル・ウッドらが主演女優賞の候補者に名を連ねる。 ドラマシリーズ部門助演女優賞では、ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のミリー・ボビー・ブラウンのほかに、タンディ・ニュートン、イヴォンヌ・ストラホフスキー、アン・ダウドらがノミネートされている。ドラマ「ザ・クラウン」でエディンバラ公フィリップ王配役を演じたマット・スミスは、ジョセフ・ファインズなどと共に同部門の助演男優賞を競う。 そのほかの部門では、TV番組「ブループラネットII」がドキュメンタリー部門で、TV番組「ザ・ヴォイス」がリアリティ部門でそれぞれノミネートされている。

ダリルとキャロルの姿が!『ウォーキング・デッド』シーズン8の画像が初公開

待望の『ウォーキング・デッド』シーズン8の画像が公式に初公開された。どうやら新シーズンでは、同作品のベストカップルの1つと言えるキャロル・ペルティエ(メリッサ・マクブライド)とダリル・ディクソン(ノーマン・リーダス)が活躍するようだ。 (※ここからネタバレ注意※)シーズン8では、シーズン7の終盤で宣言された「All Out War(全面戦争)」が描かれる。また、製作総指揮のスコット・M・ギンプルが『エンターテイメント・ウィークリー』に語ったところによると、このシーズン8では、さらに多くの再会や出会いがあるという。これは、『ゲーム・オブ・スローンズ』のシーズン7に似ているかもしれない。 シーズン8の公式トレーラー映像は、7月21日(金)にコミコンで初公開される予定なので、楽しみに待っていよう。シーズン8は米国で10月から放送開始する。詳しい日程は来週、コミコンで発表されるだろう。 The first exclusive photo from #TWD Season 8 shows Daryl and Carol reunited. Check it out on @EW: https://t.co/CVwP1tDQ7U pic.twitter.com/MIoqHKrO6X — The Walking...