Home ビデオ

ビデオ

ティモシー・シャラメがCMで『シザーハンズ』の息子に! “母”はもちろんウィノナ・ライダー

毎年、アメフトの祭典「スーパーボウル」では試合が盛り上がるのはもちろんのこと、放送されるCMも話題になる。今年は人気俳優ティモシー・シャラメが、「キャデラック」のCMで『シザーハンズ』のエドワード・シザーハンズ&キムの息子エドガーを演じて話題沸騰! キム役はウィノナ・ライダーが再演しているが、残念ながらエドワード役のジョニー・デップは“不在”だ。 CMは、キムの「これはシザーハンズ(ハサミの手)を持つ少年の物語。違う違う、“あの人”ではなくて…この子。私の息子のエドガーの話です」というナレーションから始まる。 父エドワードから受け継いだシザーハンズを持つエドガーの日常には困難がいっぱい。バスで降車を知らせる紐を引っ張ろうとすれば切ってしまうし、フットボールではキャッチしたボールに穴を開けてしまう。バイト先でも一苦労。 表情を曇らせがちな息子を喜ばせようと、キムはキャデラックの電気自動車「LYRIQ」をプレゼントする。同車にはハンズフリーでの自動運転支援システムを搭載しているため、エドガーでも運転できるのだ。喜んだエドガーは車を走らせ、初めて笑顔を見せる…というストーリー。 ウィノナは、「ティモシーが私の息子、エドガーを演じるだなんて本当に夢のようだった。ティモシーは本当に素晴らしい子。才能があるしやさしい。すぐに仲良くなった」と「Variety」誌に語っている。

BTS衣装落札の前澤友作&HIKAKIN、白熱の競り合いを公開!使い道も語る!

人気YouTuberのHIKAKINと実業家の前澤友作氏が4日、それぞれのYouTubeチャンネルを更新。日本時間1日(現地時間1月31日)にチャリティーオークションでBTSの衣装を落札する様子を公開した。 2人はアメリカの競売会社ジュリアンズ・オークションズが主催するチャリティーオークション「ミュージケアズ・チャリティー・リリーフ・オークション」で、BTSが大ヒットソング「Dynamite」のPVで着用した衣装を162500ドル(日本円で約1700万円)で落札し話題となっていた。 動画ではオークションに参加するためにHIKAKINが前澤に協力を呼び掛けるところからカメラを回し、実際に落札するまでの様子を公開。当初、BTS衣装の落札価格は20000~40000ドルの予想となっていたが、白熱した競り合いの末にHIKAKINと前澤が130000ドルで落札。162500ドルという価格は手数料込みのものだという。 落札後、HIKAKINは「ファンの人が喜ぶことがしたい」と言い、前澤も「そうですよね。もし次に日本でライブがあったりするのであれば、会場に置いてもらうとか、そういうのをお願いしたいですよね。まずは我々で厳重保管して、ファンクラブの事務所さんだったりとか、レコード会社さんだったりとか、そういうところに申し入れますか?」とコメント。HIKAKINもその考えに同意し、「日本のファンの人が見ることができるところにいつか置いていただけるように、そうしましょう!」と話していた。 なお、落札で発生した収益はオークション経由で、新型コロナウィルス感染拡大の影響を受ける音楽業界の人々の支援に充てられる。

BTS「Dynamite」MVの衣装、チャリティオークションで約1700万円で落札。

BTSが大ヒット曲「Dynamite」のミュージックビデオ(MV)で着用した衣装が、チャリティオークションで16万2500ドル(約1700万円)で落札された。 https://youtu.be/gdZLi9oWNZg BTSが大ヒット曲「Dynamite」のミュージックビデオ(MV)で着用した衣装が1月31日(現地時間)、チャリティオークションで16万2500ドル(約1700万円)で落札された。アメリカの競売会社、ジュリアンズ・オークションズ(Julien's Auctions)が主催する「MusiCares Charity Relief Auction」に出品されたのは、BTSが「Dynamite」のMVで着たラルフ ローレン(RALPH LAUREN)のシャツやカンゴール(KANGOL)のハット、ナイキ(NIKE)やコンバース(CONVERSE)のスニーカーなど。実業家の前澤友作氏とYouTuberのHIKAKINが一緒に落札し、オークションの様子は後日YouTubeで公開予定だという。収益金は、新型コロナウイルスで苦しむ音楽業界の支援に充てられる。 https://twitter.com/JuliensAuctions/status/1356000784618377223?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1356000784618377223%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fwww.vogue.co.jp%2Fcelebrity%2Farticle%2Fbts-dynamite-music-video-costumes-donated-to-benefit-musicares-charity-relief-auction

『ディセンダント』 づくしの 6時間特別編成「ディセンダント5 周年パーティー」が日本初放送

ディズニー・チャンネルで、世界的大ヒットを記録したディズニー・チャンネル・オリジナルムービー『ディセンダント』の日本初放送から50周年を記念して、12月19日(土)13:00よりシリーズ3作が連続放送。 『ディセンダント』とはディズニーヴィランズの子どもたちを主人公にした作品で、英語で“子孫”を意味し、ディズニーの人気キャラクターにもし子孫がいたら? という斬新なアイデアから生まれたTV映画です。 また、5周年記念として各作品の冒頭には本邦初公開の特別映像がギュッと詰まった振り返り映像や、本編終了後にはアニメーションで制作されたマルとベンのロイヤルウェディングの前日談を描く新作の短編作品も放送されます。

マイリー・サイラス、自身のタトゥー総数を知り「はぁーー!?」と驚愕

ハリウッドセレブの中にはタトゥー愛好家が大勢いるが、マイリー・サイラスもその一人だ。長年にわたってタトゥーを入れ続けてきたマイリーだけに、もはやそのトータル数に関しては本人ですら把握しきれていない様子。そんなマイリーがこのほど出演したトーク番組の中で、自身のタトゥーにまつわる新事実を知って驚愕する場面があった。 胸の下にはファーストタトゥー“Just Breathe”の文字(画像は『Miley Cyrus 2019年9月16日付Instagram「How I am feeling after looking...

ライアン・レイノルズ、女の子3人のパパとして「一瞬一瞬が愛おしい」と家族愛炸裂

女優ブレイク・ライブリーとの間に昨年は女の子が誕生し、3人の女の子のパパとなった俳優ライアン・レイノルズ。13日にあるインタビューに出演したライアンは、妻や娘達に囲まれた日常を幸せそうに語った。 エマ・ストーンやニコラス・ケイジら大物俳優が声の出演をし話題を集めた映画『クルードさんちのはじめての冒険』(原題:The Croods、2013年公開)の続編が、まもなくアメリカで公開される。前作に続きガイ役を担当したライアン・レイノルズは米時間13日、同映画の公開に先駆け『Access Hollywood』のインタビューにリモート出演、同番組司会者マリオ・ロペスの子供達、ジアちゃん(10)、ドミニクくん(7)とトークを繰り広げた。 持ち前の親しみやすさで2人をリラックスさせ、和やかな雰囲気の中で行われたインタビュー。ライアンは映画制作の舞台裏や自身が演じたキャラクターへの思い入れなどを、2人からの質問に答える形で時折ジョークをまじえながら語った。映画のストーリーにちなみジアちゃんから 「あなたのファミリーでは、奥さんと娘さん達はスーパーヒーローですか?」

エレン・デジェネレス、『エレンの部屋』がピープルズ・チョイス・アワードで受賞。

https://youtu.be/r76LfWSe3x8 2020 E! ピープルズ・チョイス・アワードが11月15日(現地時間)に開催され、エレン・デジェネレスの冠番組『エレンの部屋』がデイタイムトーク番組賞を受賞した。サンタモニカのザ・バーカー・ハンガーからヴァーチャルで開催された授賞式で、ファンや製作スタッフに感謝の言葉を述べた。 「心の底からありがとう」「素晴らしいクルーとスタッフのおかげでこの番組がある」「みんな愛してる。私達が毎日あの番組を最高なものにしようとする中、毎日助けてくれてありがとう」「また人々にも感謝するわ。私を応援し続けてくれる全てのファンの皆さんに」「私がどれほど感謝し、またこれがどれほど私にとって意味のあるものかは言葉には出来ない。私がどれほど頑張っても言い尽くせないほどなの。特に今はね」 同番組は、スタッフから職場における人種差別や嫌がらせなどを指摘されたことから、ワーナーメディアが内部調査を行ったところ、製作総指揮3人が解雇となっており、エレンも謝罪声明を発表していた。

ジェイ・Zとビヨンセの娘、ブルー・アイビーがオーディオブックの朗読を担当。

ビヨンセとジェイ・Zの長女、ブルー・アイビー・カーターがオーディオブック『ヘアー・ラブ』で初のナレーションを務めた。マシュー・A・チェリーの同名アニメ短編映画を原作にしたもので、マシュー本人がツイッターに投稿した動画でブルー・アイビーの朗読を聞くことができる。 「ドリームスケープが贈るマシュー・A・チェリーの『ヘアー・ラブ』。ナレーションはブルー・アイビー・カーター。『ヘアー・ラブ』は、アフリカ系アメリカ人の父親が自分の娘の髪を初めて手入れしようとする短い物語です」と予告編でブルー・アイビーが話すオーディオブックは4分ほどの内容となっており、アマゾンのオーディブルで聴くことが可能だ。 https://twitter.com/MatthewACherry/status/1325835771786321920?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1325835771786321920%7Ctwgr%5Eshare_3&ref_url=https%3A%2F%2Fwww.vogue.co.jp%2Fcelebrity%2Farticle%2Fblue-ivy-carter-to-narrate-hair-love-audiobook ブルー・アイビーと3歳の双子を育てるビヨンセは最近、母親になってからの心境の変化についてこう語っていた。「最初の娘(ブルー・アイビー)を産んだ時に私の中で何かが開いた。その時から私は自分の力を真に理解し、母性が自分の最大のインスピレーションになっている。娘が、真に自分は周りから認識され、価値を置かれていると感じる世界に生きられることが私の使命。そして家族と南アフリカを旅したことにも深い感銘を受けた。息子のサー・カーターが生まれて、男の子達を元気にして褒めること、そして感情的知能や自分の価値、私たちの豊かな歴史を学べる多くの映画や絵本、音楽に囲まれた環境で育てることが大切だと感じたの」

クロエ・カーダシアン、コロナ感染を告白

アメリカで放送されているリアリティ番組『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』の予告映像で、今年初めにクロエ・カーダシアン(36)が新型コロナウィルスに感染していたことが明らかになりました。 「私たちはちょうどクロエの検査の結果を心配しながら待っているところなの」と姉のキム・カーダシアン(40)がコメント。「彼女は具合が悪そうだし、私の直感では感染していると思うわ。彼女は怖がっているし、とても心配よ」と心境を明かしています。 その後、クロエは自身が感染していると告白。「感染していると今わかったところよ。私は部屋にこもっていたの。良くなるでしょうけど、数日間は本当に最悪だったわ」 クロエは嘔吐、震え、咳、悪寒、ひどい頭痛に苦しんだそう。「頭痛持ちなんだけど、これは最もクレイジーな頭痛だった」とクロエ。「本当に最悪なのは間違いないわ」と新型コロナウィルスによる症状がいかにつらいものなのか、率直に語っています。