Homeニュース制作に300時間!ペネロペ・クルスがヴェネチア国際映画祭で纏ったシャネルのドレス。

制作に300時間!ペネロペ・クルスがヴェネチア国際映画祭で纏ったシャネルのドレス。

-

ヴェネチア国際映画祭のオープニングを華やかに彩ったペネロペ・クルス。そこで纏ったシャネルのオートクチュールドレスの制作は、なんと約300時間にも及ぶものだったそう。

ヴェネチア国際映画祭の初日に登場したペネロペ・クルスには気品溢れるオーラが漂っていた。長年交友の深いスペインのペドロ・アルモドバル監督作品『Parallel Mothers』のレッドカーペットプレミアのために選んだのは、オートクチュールのショーで見て一目惚れしたというシャネル(CHANEL)のドレスだ。

Photo: Courtesy of Chanel

ブラックのミカドシルク素材に、エクリュのシルクチュールのペチコートを合わせ、その合間からはフェザーのフリルが見え隠れ──なんとも繊細なこのドレスの制作には、約300時間を要したという。

「この映画は私にとってとても重要な作品なので、そのために特別なドレスが必要でした。オートクチュールのコレクションはどれも素晴らしくて大好きですが、このドレスは特にお気に入りのルック。今回着ることができて、とても光栄です」と衣装について語る。

Photo: Courtesy of Chanel/VIRGILE.GUINARD

クルスがシャネル(CHANEL)のランウェイにモデルとして初めて登場したのは、1999年のこと。長年の親密な関係の中で、彼女は職人たちの熟練した仕事をより深く学ぶためにアトリエにも足を運んでいる。「何年も前からアトリエに何度も足を運び、ドレスを製作するすべての人々のもとを訪ねたこともあります」

Photo: Getty Images

ヴェネチアに到着した前日は、メゾンを象徴するツイードジャケットとミニスカートのセットアップという爽やかなホワイトコーデをチョイス。カジュアルでありながらも洗練された大人のマリンスタイルを披露し、イヴニングドレスとのギャップを魅せた。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here