チャーリー・ハナム、共演者ロバート・パティンソンと「親しくなることもなかった」

0
721
チャーリー・ハナム, ロバート・パティンソン Charlie Hunnam, Robert Pattinson
チャーリー・ハナム, ロバート・パティンソン
チャーリー・ハナム, ロバート・パティンソン Charlie Hunnam, Robert Pattinson
チャーリー・ハナム, ロバート・パティンソン

映画での共演を機に親友になる、もしくは恋人関係になる役者も多いが、英俳優チャーリー・ハナム(36)と同じく英出身の俳優ロバート・パティンソン(30)は共演中に親しくなるどころか距離すらも全く縮まらなかったという。このほどチャーリーがインタビューに応じ、「撮影の最中をのぞいては、ロブに10語も語りかけなかったと思う」と意外な告白をした。

このほどチャーリー・ハナムが『Screen Daily』の取材に応じ、映画『The Lost City of Z(原題)』で共演したロバート・パティンソンやトム・ホランドらにつきこう語った。

「女優シエナ・ミラーとは、二度ほどリハーサルセッションに取り組んだんだ。でもトムやロブとは(撮影以外の)時間は全く一緒に過ごさなかったよ。」
「カメラが回っていないときは、(撮影期間を通して)10単語もロバートにはかけていないと思う。」
「本当に僕のことが嫌いだったのかは分からないね。でも確かに僕と彼の間にはずいぶん距離感があった。」

ただ「それも感情を演技に反映させるロバート流のやり方だった可能性もある」とチャーリーは言い、しかも撮影終了後はロバートの方から歩み寄ってきたそうだ。

「そう、あの後になって連絡があったんだ。友人になろうぜってね。だから(あの冷たい態度は)仕事のためだったんだと思う。」

ちなみに同映画をジャングルで撮影中、出演者たちは厳しい環境下にある様子をうまく表現すべく1日に1食しか食べず撮影に挑んだそう。ロバートについては「クランクアップまでまともな食事は全然できなかった」と過去に語っており、「ずいぶん痩せスキニージーンズも履きこなせるようになった」と話している。よってチャーリーが嫌いというより空腹で気持ちにゆとりが無かった可能性もあるが、真相や現在の2人の関係については明かされていない。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here