Homeニュースダニエル・クレイグ、子供に遺産残さない「相続は不快」

ダニエル・クレイグ、子供に遺産残さない「相続は不快」

-

ダニエル・クレイグ(53歳)は、自身の巨額の財産を子供たちに相続させるつもりはないそうだ。妻レイチェル・ワイズと元妻フィオナ・ロードンとの間にそれぞれ娘が1人いるダニエルは、「遺産相続は不快」と信じており、子供たちに財産を残しておくつもりはないという。

ダニエルは、キャンディス誌にこう話している。「『裕福な人として死んだら、人生に失敗した』っていう古い格言があるよね?」「たしか(アメリカの実業家)アンドリュー・カーネギーは現在の金額で110億ドル相当(約1兆2000億円)を寄付した。彼は自分のためにも幾らかとっておいただろうから、彼がかなりの資産家だったことが分かる」「でも僕は次の世代に巨額を残しておきたくないんだ。遺産相続って不快なものだと思うよ」「死ぬ前にそれを使ってしまうか、人にあげてしまうっていうのが僕の哲学だ」

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here