Home ニュース デヴィッド・ベッカム、衝撃の薄毛から数日で再びフサフサに

デヴィッド・ベッカム、衝撃の薄毛から数日で再びフサフサに

-

先日、家族とともに滞在中のコッツウォルズの街でキャッチされた際、髪の毛がすっかり薄くなっているところをばっちり撮られてしまったデヴィッド・ベッカム(45)。

2018年に植毛疑惑が報じられたことから、「やはり…」との声も。しかし、なぜ急に進行したのかが謎。もしかしたらロックダウン中のためにメンテナンスができなくなったのでは? なんて憶測も飛び交いました。

そして再び謎を呼んだのが、今度は髪がフサフサになっていたこと! 14日に更新された自身のインスタグラムでは明らかに量が増えたヘアで、早朝ランニングをしている姿が映し出されています。

薄毛の状態をパパラッチされたのは日曜日。あれから2、3日でここまで髪が伸びるのはちょっと考えにくいですよね。グレイヘアだった部分も黒くなっているし、完全に若返っているベッカム。自由自在に変わる髪の毛の量の謎…もうこれ以上追求しない方がいいのでしょうか。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Must Read

リア・ミシェル Lea Michele

黒人男性の死に抗議するセレブたち。人種差別を逆告発される女優も

0
黒人男性のジョージ・フロイドさんが、白人警官により数分間にわたり膝で首を圧迫され死亡した事件をきっかけに、各地で抗議活動が広がっている。多くの人が街に出てデモを行うなか、米音楽業界は2日火曜日、人種差別反対の意思を示すためストライキを決行した。一方、多くのセレブたちが自らデモに参加したり、SNSに連帯を表明するなか、一部の黒人俳優が「自分も差別を受けた」と共演女優を告発する事態も起きている。 ◆有名ミュージシャンにアスリートも……SNSが黒く染まった日 https://www.instagram.com/p/CA5mXclnEiC/?utm_source=ig_embed ヘイトクライムにより犠牲になる黒人市民が後を絶たないアメリカ。今回のフロイドさんの事件を受け、米音楽業界幹部は「人種差別撤廃のために何ができるかじっくり考えながら学ぶ時間にしてほしい」とストライキを呼びかけた。 「Black Out Tuesday(ブラック・アウト・チューズデイ)」と称したこのストライキは、2日火曜日に行われた。これに参加した音楽業界の関係者たちは、通常のビジネスを中断し、ネット上のコンテンツを黒塗りにするなどして、人種差別撤廃運動への連帯を表明した。 ストライキには、ビリー・アイリッシュ、ザ・ローリング・ストーンズ、ブリトニー・スピアーズをはじめ、数々のアーティスト達が賛同した。