Homeニュースエド・シーラン、アメリカ音楽界のアワードを批判「会場が怒りや憎悪で満ちている」

エド・シーラン、アメリカ音楽界のアワードを批判「会場が怒りや憎悪で満ちている」

-

先週末に開催されたMTVビデオミュージックアワードに出演したエド・シーラン。アメリカの音楽界のアワードを批判した。

エド・シーラン(Ed Sheeran)
Jamie McCarthy + Getty Images

母国イギリスだけでなくアメリカのチャートも賑わせ、高く評価されているエド・シーラン。グラミー賞にも14回ノミネート、4回受賞している。今週インターネットラジオ「Audacy」の番組に出演、アメリカと自分の故郷イギリスのアワードを比較した。

エドはアメリカのアワードの授賞式の雰囲気が「落ち着かない」と描写。「自分以外のすべての人に対する怒りや憎悪で会場が満ちている。とても気まずい雰囲気なんだ」「アーティストたちはみんないい人たちだよ。でも彼らを勝たせたいと思っている取り巻きが周りにいる。1人のアーティストに10人、もう1人のアーティストに10人取り巻きがいて、その人たちが互いに敵意や憎しみのこもった目で見ているんだ」。

エド・シーラン(Ed Sheeran)
Kevin Mazur/MTV VMAs 2021+ Getty Images

彼はこのインタビューの直前にMTVビデオミュージックアワード(VMA)に出演、ステージでパフォーマンスしている。でもこれは「MTVとかVMAの問題ではなくて他のアワード、ビルボード、グラミー、アメリカンミュージックアワードもみんなそうなんだ。他の人が失敗することを望んでいる人がたくさんいる。僕はそうなりたくない」。ちなみにイギリスでは「みんなただ飲んで酔っ払ってる。誰が勝つとか負けるとか気にしている人はいない。単に楽しく騒ぐ夜なんだ」。

2016年のグラミー賞で。エド・シーラン(Ed Sheeran)
Kevork Djansezian + Getty Images

エドによると「同じように思っている人はたくさんいる。このことを話すと『アワードの後は落ち込む』と言う相手もいるよ。本当にひどい雰囲気だ。いつも悲しい気持ちで会場を後にするんだ」。シンガーたちより取り巻きたちのせいのようだけれど、笑顔でお互いを称え合っているように見えるアワードがこんなことになっていたとは! 次の授賞式をしっかり観察したい。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here