Home ニュース エミネム、再び映画に出演する可能性を語る。

エミネム、再び映画に出演する可能性を語る。

-

エミネムがまた映画に出演する可能性はあるようだ。

エミネム Eminem
エミネム。Photo: Craig Sjodin/Getty Images

主演作『8 Mile』(02)の主題歌「Lose Yourself」でアカデミー賞歌曲賞を受賞しているエミネムは、映画出演の予定があるわけではないものの、良い話があったらまた演技に挑戦する可能性もあると認めた。『ヴァラエティ』にこう話している。「やらないとは言わないね。良い脚本が届いて、スケジュールとも合えば、またやるかもしれないから」

第92回アカデミー賞の授賞式でのサプライズパフォーマンスが話題を呼んだエミネムだが、映画に出演できたことは良かったものの、その撮影は簡単なものではなかったようだ。初出演を楽しんだかと問われ、エミネムは「楽しんだとも言えるけど、楽しめなかったとも言える。大変だったし、初の映画だったからそこまで予想してなかった」「他人のスケジュールに合わせてやらければならないのは大変だよ。でもやったことは間違いなく嬉しいね。楽しかった部分ももちろんあるし。ただ、キツかったというだけ」と答えた。

今年のアカデミー賞のプロデューサーを務めたリネット・ハウエル・テイラーからは、授賞式でのパフォーマンスを絶賛されている。「何らかの形で参加してもらえないかとエミネムに連絡を取ったら、イエスと言ってくれたんです」「出演に関しては長らく隠していました。皆さんにとって嬉しいサプライズだったと思います。最近では誰かを驚かすチャンスなどなかなかないですからね」

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Must Read

ジェシカ・チャステイン Jessica Chastain

ジェシカ・チャステイン、『ドクター・ストレンジ』の出演オファーを断っていた。

0
ジェシカ・チャステインは『ドクター・ストレンジ』への出演依頼を断っていたそうだ。 ジェシカ・チャステイン。Photo: Eamonn M. McCormack/Getty Images ジェシカ・チャステインは、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)でスーパーヒーロー役を演じたかったため、『ドクター・ストレンジ』(16)への出演オファーを断っていたという。ベネディクト・カンバーバッチがタイトルロールを演じた本作の原案・脚本を担った一人、C・ロバート・カーギルによると、スコット・デリクソン監督はストレンジの元恋人クリスティーン・パーマー役にジェシカを希望していたそうだ。 だが、ジェシカはその役を受けてしまうと将来的にMCUでスーパーヒーローを演じることが出来ないと考え、オファーを断ったという。その結果、クリスティーン役は最終的にレイチェル・マクアダムスのもとへ渡っている。ポッドキャスト『ジャンクフード・シネマ』でカーギルはこう明かした。 「面白いことにハリウッドでは男優同様、女優の多くもスーパーヒーロー役を演じたいと思っています。スコットもその状況に立たされました。『ドクター・ストレンジ』への出演話をジェシカ・チャステインに持ち掛けましたが、『この作品は凄いものになりそうだし、出演してみたいとも思う。でもマーベル作品では、マーベルキャラクターになるチャンスは1度しかない。私はバレエで鍛えたし、本当にケープを着てみたい』って言われたんです。最もクールな断り方でしたね。彼女はスーパーヒーローになりたかった。ドクターのお相手ではなくてね」