Homeニュースいよいよ公開! 映画『シャン・チー』のシム・リウ、無名時代にマーベルにTwitterでアピールしていた

いよいよ公開! 映画『シャン・チー』のシム・リウ、無名時代にマーベルにTwitterでアピールしていた

-

いよいよ今日から公開される映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』。主演のシム・リウが無名時代からこの作品に出演したいとマーベルにアピールしていたことが明らかになった。

シム・リウ(Simu Liu)

9月3日(金)から公開される映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』。アジア系ヒーローを主役にした初めてのマーベル映画として注目を集めている。中国系カナダ人俳優のシム・リウが主人公のシャン・チーを演じる。

今週、映画のPRに大忙しだったリウ。出演したニュース番組「USAトゥデイ」でも映画についてコメント、あるエピソードについて語った。マーベルがこの作品を企画し始めたのは2018年12月。映画『エクスペンダブルス』の脚本家デヴィッド・キャラハムを起用すると第一報が報じられた。リウはすぐにこのニュースに反応! 「オーケー、マーベル。話し合いでもしようよ」とマーベルのアカウントをメンションしてツイート。「#ShangChi」とハッシュタグをつけて投稿してこの役に対する意欲を表明、マーベルにアピールした。リウ曰く「スーパーヒーローの映画が大好きだったからツイートしたんだ」。

その後リウはこの作品のオーディションを受け、2019年7月に見事に主役に抜擢! このツイートが現実になったわけだけれど、リウ曰く「今このツイートを遡って見て正しかったと認めてもらえるのは嬉しいけれど、当たらなかったり将来を間違って予測していたりするツイートも何千とあるんだ」。他にも自分の目標や願望をツイートしてきたけれどその中には叶わなかったものもあると明かした。

オークワフィナ(Awkwafina)、シム・リウ(Simu Liu)、メンガー・チャン(Meng’er Zhang)、デスティン・ダニエル・クレットン(Destin Daniel Cretton)

監督のデスティン・ダニエル・クレットンはこのツイートがリウの起用に繋がったかどうかはわからないとコメント。「マーベルの誰かが彼のツイートを見ていたのかは不明なんだ。でも素晴らしいエピソードだから揉み消したくない。物事を言葉にすること、これを手に入れたい、目標にしていると口にすることには力があると僕は信じている」。

ちなみに最初のツイートのとき、リウ曰く「フォロワーは500人くらいだった」。抜擢された時点でもまだまだ無名だった。しかし今ではTwitterでは36万以上、インスタグラムでは70万以上のフォロワーを獲得、ハリウッドセレブの1人になった。今作が公開されればさらに人気が上昇するのは間違いなし。これからどんな目標をツイートしそれを叶えていくのか、楽しみにしたい!

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here