Home ニュース 元夫婦のジェニファー・アニストンとジャスティン・セロー、感謝祭を一緒に過ごす。

元夫婦のジェニファー・アニストンとジャスティン・セロー、感謝祭を一緒に過ごす。

-

ジェニファー・アニストンが毎年主催している感謝祭の食事会に今年、元夫ジャスティン・セローも参加した。

ジェニファー・アニストンとジャスティン・セロー Jennifer Aniston and Justin Theroux
ジェニファー・アニストンとジャスティン・セロー。Photo: Jamie McCarthy/WireImage

ジェニファー・アニストンとジャスティン・セローは、離婚後も良好な関係を維持しているようだ。11月27日(現地時間)にジェニファーが自宅で開催した感謝祭の食事会には、親友のコートニー・コックスやジェイソン・ベイトマン夫妻、ジミー・キンメル夫妻やウィル・アーネットらと並び、ジャスティンも参加して一緒に感謝祭のお祝いをしたようだ。ジャスティンは、インスタグラムのストーリーに和気あいあいとした食事会の様子を撮影したビデオを投稿している。

一方で、ジェニファーも当日、ジミーのリクエストに応えて、感謝祭定番の七面鳥ではなく、エンチラーダを作った姿を公開していた。ジミーは昨年、自身のトーク番組の中で、感謝祭前日にジェニファーの家で七面鳥などの定番料理を食べてしまうと、翌日に自分が努力してその感謝祭メニューを料理しても、残り物を食べているような気分になってしまうと不満をこぼしていた。

そこで、今年はジェニファーの好きなメキシカンを持ち寄ったようで、ジェニファーはエンチラーダをオーブンに入れる写真やそれを本人に差し出したところを映した動画を投稿している。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Must Read

テイラー・スウィフト Taylor Swift

テイラー・スウィフト、母に脳腫瘍が見つかり、ツアーを小規模に

0
テイラー・スウィフトは昨年夏にニュー・アルバム『Lover』をリリースしたが、それをプロモートするツアーはいつもに比べ小規模なものになる。その理由は、母の闘病にあるという。 テイラーの母アンドレアさんは数年前から癌を患い、一度は克服したものの、昨年春に再発したことが明かされていた。そして残念なことに、その後、脳腫瘍が見つかったそうだ。 テイラーは、『Variety』のインタビューで、母親のそばにいられるかどうかが最も気にかけていることなのかと問われると、こう答えた。「ええ、そのとおりよ。それが理由」「(癌の)治療中、脳腫瘍が見つかったの。脳腫瘍の症状は、これまでに経験した癌のものとは全く違う。だから、私たち家族にとってとても辛い時期なの」 テイラーは、今年は4月に米アトランタで開かれる<Capital One JamFest>に出演後、夏に英国のグラストンベリーほか、ヨーロッパや南米で開かれる数フェスティバルへの出演、およびアメリカでの4公演開催のみ予定している。 「この先なにが起きるか、どんな治療法を選ぶか、わからない」が、いまは仕事と家族を可能な限り両立させたいと考えているそうだ。