Home ニュース ガガも絶賛するジュミ・ソン流「自分の肌を変えるマッサージ」

ガガも絶賛するジュミ・ソン流「自分の肌を変えるマッサージ」

-

ジュミ・ソン Jumi Sung
ジュミ・ソン

あなたの肌をくもらせていたのは年齢ではなく、あなた自身の心と顔の「コリ」だったーー。どんな化粧品や道具にも勝る1日5分の手指マッサージだけで、フェイスラインは本来のシャープさを取り戻し、肌も人生も美しく輝きだします!

「肌、きれいね」。そう褒められたら、あなたはどう答えるだろう。「そうなの、ありがとう」ではなく、「とんでもない」「たいしたことないわ」と返す人が多いのではないか。謙遜ではなく、それが心の声だから。自分より美しい肌の人はたくさんいる、この程度ではおこがましい、と思うがゆえ、まず否定に走ってしまうのだ。

「なめらかで柔らかで、すべすべ。もともと日本人女性の肌は、世界がうらやむレベルです。それなのに、他人と比較して“私なんてまだまだ”と思い込んでいる人がなんと多いことか。じつは、この否定の気持ちが美しさから遠ざけ、自分の嫌いな肌、嫌いな顔をつくりだしてしまうのです」

そう話すのは、ナンバーワン・エステティシャンとしてアメリカを拠点に多くの顧客を持つジュミ・ソンさん。彼女は、日米で長く美容業界に携わり、4年半にわたってレディー・ガガの専属フェイシャリストを務めた経験を持つ。8月19日に初の著書『世界一のフェイシャル・マジック』(光文社)を出版、秋にはオリジナルのコスメも発売予定。

性別、人種、年齢を問わず、さまざまな肌に触れてきたジュミさんがたどり着いた結論は、“肌を美しくするのは、自分の内なる意識”ということだった。

「肌のお手入れも生き方も、道具や方法論に頼りっきりで“自分”がそこにいなければ、何も変わりません。逆に、つねに満足できず不安定だから、心が緊張状態に。こわばった心は頭や顔の筋肉にも影響をおよぼし、肌機能までも低下させてしまいます。だからまず、他力本願な自分を捨て、コリをほぐすことから始めましょう」

ジュミさんが提唱するマッサージに、難しいテクニックは存在しない。必要なのは、両手と鏡だけだ。それと、誰にも邪魔されない場所と、たった5分の時間。

「鏡に映った自分の目を見つめながら肌に触れ、こわばって硬くなったところを探します。心地よくなるまでゆっくり優しく押し、今日一日を振り返ってみましょう。そして、いいところも悪いところも“それが私。いいじゃないの”と自分を認めてあげてください。しだいに心と顔のコリがほぐれていくのを感じられるはずです」

■肌を変えるマッサージの基本

(1)鏡を見ながら毎日行う
(2)痛いのはNG、気持ちいいのが前提
(3)「深呼吸」しながら「ゆっくり」と

今の心と体の状態をゆっくりと感じ、自分をいたわることで心身のコリがほぐれる。すると、血流改善や肌機能向上などの好循環が始まる。そのためにも、強い刺激や摩擦を与えることなく、毎日の習慣にできる加減が大切。

■輪郭も肌も変わる「コリほぐしマッサージ」

【マッサージ1】側頭部をほぐす

日本人女性は物事を細やかに考えるぶん、神経も酷使するので頭がガチガチになりやすい。頭の筋肉をやわらげないことには老廃物が流れていかないので、まずは側頭部をほぐすマッサージを準備運動的に行うと効果的。

こめかみ周辺の、あごを開閉するとちょうど動く場所からスタートし、指でイタ気持ちいいくらいの強さで円を描くように押し動かしながら、深呼吸を3回する。さらに親指と人さし指で筋肉をつねるようにつまんでも。

【マッサージ2】副鼻腔をほぐす

副鼻腔は鼻の周囲にある空洞で、左右に4つずつある。ホコリなどの不純物がたまりやすく、たまると顔の中心がぷっくり腫れたように見え、これがむくみの原因となる。ほぐして流すと顔の印象が大きく変わる。

3本の指で目の下のくぼんでいるポイントを探し、定まったら左右それぞれ円を描くよう(サークルモーション)、ゆっくりと押し動かしてほぐす。指を肌にすべらせるのではなく、ツボを押して内部を刺激するイメージで。

さらに「小鼻の横のへこんでいるポイント」「目頭のくぼみをぐっと押して指が入るポイント」「眉上のくぼんでいるポイント」も順にサークルモーションで押し動かす。指を回す向きは、力の調節がしやすいほうでOK。

仕上げとして必ず、リンパに沿って老廃物を流す。顔→こめかみ→耳の前後のほか、側頭筋を通って耳のうしろから首筋まで、線を描くように指で軽くさすって流す。これは各マッサージのあと、そのつど必ず行うこと。

【マッサージ3】咬筋をほぐす

フェイスラインをシャープに出すのに効果的。押すうちに指が沈んでいくのがわかれば、筋肉が柔らかくほぐれてきている証し。マッサージ後はさっぱりとするので、日中、頭が重いときのリフレッシュ法にしても。

両手の指先を、耳の前にあるへこみ(耳下腺)に当てて押し、目を閉じて深呼吸を3回する。同じ要領で、頬骨のラインに沿って徐々にポイントをずらしていく。また、フェイスラインに沿っても同様に行う。

セレブゆえ多忙な顧客も多く、ジュミさんがプライベートジェットでの移動中や会議中に施術を行うのはいつものこと。テレビ撮影当日に美容整形手術を受けた俳優から、傷跡をケアしつつ整形特有の不自然さを消すオファーを受けた経験もあるそう。

「お金や名声があっても肌がきれいとは限りません。心と肌のコリに悩むのは、みんな同じことです」

「女性自身」2020年9月8日 掲載

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Latest Posts

Instagram