Home ニュース 『ゴシップガール』エド・ウェストウィック、SNSで意味深投稿 ある発表とは?

『ゴシップガール』エド・ウェストウィック、SNSで意味深投稿 ある発表とは?

-

エド・ウェストウィック Ed Westwick
エド・ウェストウィック。

米NYのリッチな高校生たちの、ゴージャスでセンセーショナルな生活を描き人気を集めたTVドラマシリーズ『ゴシップガール』。リブートが決定している本作で、チャック・バスを演じたエド・ウェストウィックが、ツイッター&インスタグラムに何やら意味深な投稿を行った。

エドは現地時間6月14日、黒い背景にピンクの文字で『ゴシップガール』のアイコニックなセリフ「XOXO」と書かれた画像を投稿。XOXOとは、キスとハグという意味で、毎エピソードで最後に、クリステン・ベルが声を担当する“ゴシップガール”が放つキメ台詞だ。キャプションには、「キミたちのために、ちょっとしたものを用意した…明日午後1時に。ヒントは…xoxo」とあり、やはりドラマに関連がある模様。

MailOnlineによると、リブート版は、オリジナルシリーズの8年後が舞台。NYのリッチな高校生たちを監視し、彼らのゴシップを配信する「ゴシップガール」に紹介された、ニューヨークの私立高校に通う新しい世代のティーンたちが描かれる。新作では、この8年に起こった、ソーシャルメディアとニューヨークの街並みの変化が描かれるそうだ。

リブート版には、クリステン・ベルの出演は決まっているものの、他のオリジナルキャストについては明らかになっていない。エドは、 5月に行ったHollywood Newsとのインタビューで、新作への出演したいかと聞かれ、「絶対にそうだね。でも彼らが僕らを出演させたいかどうかわからない」と答えていたという。このことから、ファンの間ではエドのリブート版出演を期待する声があがっていた。

そして迎えた現地時間6月15日、エドは再びSNSを更新し“マスクの発売”を発表。残念ながらリブート版関連の発表ではなかったが、更新されたSNSでは同日から「キック・イット・アウト」団体への寄付を目的としたマスクの発売が開始されたことに触れ、中央に大きく「XOXO」とピンクの文字が書かれた黒いマスクをつけたエドの写真が公開された。

クランクイン!

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Latest Posts

Instagram