Home ニュース イケメン俳優、半年間の禁欲生活を語る「おすすめしない」

イケメン俳優、半年間の禁欲生活を語る「おすすめしない」

-

昨年のヴァレンタインデーに婚約し、先ごろ第一子妊娠を公表したオーランド・ブルーム(43)とケイティ・ペリー(34)。2016年に交際の噂が浮上した2人だが、世界中にその仲が知られるようになったきっかけといえば、なんといっても「全裸写真」騒動だ。

全裸でバカンスを楽しむ姿があまりに強烈で、すっかりエロティックなイメージがつきまとうようになってしまったオーランド……。しかし意外にも(?!)、一時期は禁欲生活を送っていたという。

◆「真剣交際をしたいなら……」友人からのアドバイス

オーランド・ブルーム Orlando Bloom
オーランド・ブルーム

ケイティとの間に第1子が誕生予定のオーランドだが、2016年1月に交際を始めた当時は禁欲中の真っただ中であったと明かしている。

当時、あまり幸せではなかったというオーランド。友人でサーファーのレイアード・ハミルトンに相談したところ、禁欲生活を勧められたそうだ。それを半年間も実践した結果、女性関係が改善し、自分自身の内面にもある女性らしさに気づくことができたのだという。

ザ・サンデー・タイムズ紙とのインタビューでオーランドはこう明かす。

「レイアードが『真剣に交際をしたいなら、数か月禁欲生活を送って考えてみな』っていったんだ」

「それによってパーティーとかに行って『今日は誰と出会うかな』って考えることがなくなった。突然、『そうか、女性でもただの友達っていう関係が持てるんだ』って気づいたんだ」

◆禁欲性活を送ってみた感想は?

これまで、女性と性的関係を抜きに付き合うことがなく、単なる女友達を持つこともなかったというオーランドは、こう振り返る。

「最初は3か月だけ自制してみようと考えていたんだけど、女性と関わること、また、自分の内面にある女性らしさを感じること、そういったことがとても楽しいと思うようになった」

ちなみに、性行為をしないというだけでなく、(アダルト映画を見るなどの)性的な刺激も一切取り除いた生活を送っていたというオーランドだが……。

「正気とは思えないよね。健康的でもないし、おすすめはしないよ。やっぱり“ソコの部分”は機能させておかないと」

オーランドとケイティは、10か月の交際を経て一度は破局したものの、2017年になって復縁し、昨年のバレンタインデーに婚約。先月には、ケイティが2人にとっての第一子妊娠を発表している。

◆9歳の息子に「面白いカップル」といわれた

View this post on Instagram

My babies blooming ❤️

A post shared by Orlando Bloom (@orlandobloom) on

元妻ミランダ・カーとの間に9歳の息子フリン君もいるオーランドだが、ケイティ妊娠のニュースには家族全員が大喜びしたと続けている。

「言葉には出来ないような喜びだよ。実感がないようなね」

「もちろん世間に発表するずっと前から僕らは分かっていたわけだけど」

「分かると思うけど、とても大切でプライベートなことなわけで。でも公にするのが当然なことでもあるんだよね」

「家族全員が大喜びさ」

一方、オーランドが元妻ミランダと再婚相手であるエヴァン・シュピーゲル氏について、長男フリン君に尋ねた際のエピソードを明かした。

「うちの息子はすごく上手い言い方をしてた。『ママと旦那さんとの生活ってどんな感じ? 僕らとはどう違う?』って聞いたんだ」

「そしたら息子はニコっとして、『パパたちは面白いカップルって感じかな』って答えた」

確かに、何かと奇想天外なオーランド&ケイティ。9歳のフリン君にまで「面白いカップル」といわれてしまったが、今後新たに家族が増えて、ますますパワーアップしそうだ。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Must Read

ジェシカ・チャステイン Jessica Chastain

ジェシカ・チャステイン、『ドクター・ストレンジ』の出演オファーを断っていた。

0
ジェシカ・チャステインは『ドクター・ストレンジ』への出演依頼を断っていたそうだ。 ジェシカ・チャステイン。Photo: Eamonn M. McCormack/Getty Images ジェシカ・チャステインは、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)でスーパーヒーロー役を演じたかったため、『ドクター・ストレンジ』(16)への出演オファーを断っていたという。ベネディクト・カンバーバッチがタイトルロールを演じた本作の原案・脚本を担った一人、C・ロバート・カーギルによると、スコット・デリクソン監督はストレンジの元恋人クリスティーン・パーマー役にジェシカを希望していたそうだ。 だが、ジェシカはその役を受けてしまうと将来的にMCUでスーパーヒーローを演じることが出来ないと考え、オファーを断ったという。その結果、クリスティーン役は最終的にレイチェル・マクアダムスのもとへ渡っている。ポッドキャスト『ジャンクフード・シネマ』でカーギルはこう明かした。 「面白いことにハリウッドでは男優同様、女優の多くもスーパーヒーロー役を演じたいと思っています。スコットもその状況に立たされました。『ドクター・ストレンジ』への出演話をジェシカ・チャステインに持ち掛けましたが、『この作品は凄いものになりそうだし、出演してみたいとも思う。でもマーベル作品では、マーベルキャラクターになるチャンスは1度しかない。私はバレエで鍛えたし、本当にケープを着てみたい』って言われたんです。最もクールな断り方でしたね。彼女はスーパーヒーローになりたかった。ドクターのお相手ではなくてね」