Home ニュース ハリー・スタイルズの受賞スピーチ、アメリカ英語でファンが騒然?

ハリー・スタイルズの受賞スピーチ、アメリカ英語でファンが騒然?

-

ロンドンのO2アリーナで、現地時間5月11日に開催されたブリット・アワーズ2021で、ハリー・スタイルズ(27)が最優秀ブリティッシュ・シングル賞を受賞。トロフィーを受け取り、受賞の喜びを語った。

観客の話題をさらったのは、ハリーがグッチのスーツとハンドバッグで登場したこと、さらにそれ以上に、ハリーの「英語」の変化。

ハリーは母国語であるイギリス英語とは違ったアメリカのアクセントで、次のように感謝の気持ちを伝えた。

「本当にありがとうございます……今夜ここでイギリスの音楽を祝福できることを、本当に嬉しく、誇りに思います」

「いつでも寛大なファンの皆さんに、そしていつも僕を支えてくれるすべての人たちに感謝しています。そして、(医療従事者の)すべての方に、この国のためにこの1年、皆さんがしてくれたことのすべてに、感謝します。僕たちは皆さんを心から愛しています、この賞は、皆さんに捧げます」

このスピーチを聞いたファンたちが、ハリーの話し方が以前とは少し違うことについてツイートせずにいられなかったことは、当然のことと言えそう。

ツイッターのユーザーたちは、「どこのアクセントなのかわからない」、「アメリカのアクセントになっている」などと投稿。

「(ハリーが育った)チェシャーとアメリカのアクセントのハイブリッド」とコメントした人もいる。

ハリーの話し方が変わったのは、1950年代のカリフォルニアが舞台の映画『Don’t Worry Darling』を撮影中だからかもしれない。あるいは、その映画で監督を務めるアメリカ人のオリヴィア・ワイルドと交際中のためかもしれない。

……いずれにしても、ハリーの英語は確かにハイブリッドになっているよう。

Photos: Getty Images FromCOSMOPOLITAN

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Latest Posts

Instagram

Error decoding the Instagram API json