Home ニュース ジャッキー・チェン「僕は健康」新型コロナ“隔離疑惑”を否定

ジャッキー・チェン「僕は健康」新型コロナ“隔離疑惑”を否定

-

ジャッキー・チェン Jackie Chan
ジャッキー・チェン

新型コロナウイルスに感染し、実は隔離されているのではないか? ―そんな噂が流れていた香港出身のアクションスター、ジャッキー・チェンが、ウェブサイトやSNSを通じ自ら「僕は健康です」と報告し、隔離疑惑を払拭した。

世界各地に感染が拡大し、経済や産業、教育、また人々の日常生活など多方面に影響を及ぼしている新型コロナウイルス。世界保健機関(WHO)は先月末、同ウイルスのリスク評価を最高レベルの「非常に高い」に引き上げたばかりだ。

そんななか「新型コロナウイルスに感染し、実は現在隔離されているのではないか?」と噂になっていたハリウッドスターがいた。それは香港出身のアクションスター、ジャッキー・チェンである。この噂を受けジャッキーは先月末、自身のウェブサイト「www.jackiechan.com」で次のような声明を発表した。

「私が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で隔離されているという噂が広まっていることを最近スタッフから聞きました。まずこの場をお借りして『ご心配ありがとう!』と伝えたいです。私はいたって健康かつ安全であり、隔離はされておりません。友人から私を心配するたくさんのメッセージが届きました。皆さんの愛情と気遣いに心が温かくなりました。ありがとう!」

「この大変な時期に、世界中のファンの皆さんからとても素敵なプレゼントも届いています。マスクを送ってくださった皆さん、ありがとうございました。皆さんのお心遣いに感謝いたします。これらが本当に必要とする人々の元に届くよう、スタッフの協力を得て公的団体に寄付させていただくことにいたしました。」

ジャッキーは、中国のSNS「Weibo」を通じて「ウイルスの撃退にはサイエンスとテクノロジーがカギになる」「一日も早い特効薬の開発を」と記しており、シンガポールの『The Straits Times』ではジャッキーが100万元(約1500万円)を寄付したことを伝えている。

ちなみに中国における新型コロナウイルスの感染拡大による影響は、映画館にも及んでいる。今年1月に公開予定だったジャッキーの最新映画『急先鋒(英題:Vanguard)』は現在上映を自粛しているほか、「パラマウント・ピクチャーズ」は中国国内での『ソニック・ザ・ムービー(原題:Sonic the Hedgehog)』の公開延期を発表。「MGM」は『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ(原題:No Time to Die)』の中国でのプレスツアー中止を発表している。

ちなみに「パラマウント・ピクチャーズ」は感染者が急増中のイタリアで、トム・クルーズ主演映画『ミッション:インポッシブル』シリーズ第7弾の撮影延期を発表したばかりだった。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Latest Posts

Instagram