Home ニュース ジェニファー・アニストンとリース・ウィザースプーン、新ドラマの出演料は1話あたり2億円超。

ジェニファー・アニストンとリース・ウィザースプーン、新ドラマの出演料は1話あたり2億円超。

-

ジェニファー・アニストンとリース・ウィザースプーンの新作ドラマ「ザ・モーニング・ショー」のギャラは、1話あたり200万ドル(約2億2000万円)だという。

リース・ウィザースプーンとジェニファー・アニストン Reese Witherspoon and Jennifer Aniston
今年3月、Apple TV+の発表会に登壇したリース・ウィザースプーンとジェニファー・アニストン。Photo: David Paul Morris/Bloomberg via Getty Images

11月1日よりサービスを開始するApple TV+で配信される新しいドラマ「ザ・モーニング・ショー」で、主演を務めるジェニファー・アニストンとリース・ウィザースプーンは映画に匹敵する巨額の出演料を受け取っているようだ。

『ハリウッド・レポーター』によれば、二人はこれまでの出演テレビドラマの報酬を大きく上回るギャラを交渉したのだという。ジェニファーは「フレンズ」で2003年頃から最後の2シーズンにかけて、1エピソードの出演料が100万ドル(約1億1000万円)となっていたほか、リースも交渉の末に「ビッグ・リトル・ライズ」で同額を得るに至っていた。また二人は新番組で製作総指揮も務めていることから、さらなる収入が見込まれている。

ジェニファー・アニストンとリース・ウィザースプーン Jennifer Aniston and Reese Witherspoon
11月1日に、Apple TV+はApple TVアプリケーション上のサービスとして100以上の国と地域で登場する。

「ザ・モーニング・ショー」は朝のニュース番組のキャスター、アレックス・レヴィー(ジェニファー・アニストン)が、長年の共同司会者ミッチ・ケスラー(スティーヴ・カレル)が性的不品行の疑いにより解雇され、年下の野心に満ちた地元ジャーナリスト(リース・ウィザースプーン)が後任に就いたことで、大きな変化に直面するという内容になっている。アメリカ国民にさわやかな朝を届けるニュース番組の背後でうずまく、人間のエゴ、野心、権力闘争の世界を描いている。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Must Read

ジェシカ・チャステイン Jessica Chastain

ジェシカ・チャステイン、『ドクター・ストレンジ』の出演オファーを断っていた。

0
ジェシカ・チャステインは『ドクター・ストレンジ』への出演依頼を断っていたそうだ。 ジェシカ・チャステイン。Photo: Eamonn M. McCormack/Getty Images ジェシカ・チャステインは、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)でスーパーヒーロー役を演じたかったため、『ドクター・ストレンジ』(16)への出演オファーを断っていたという。ベネディクト・カンバーバッチがタイトルロールを演じた本作の原案・脚本を担った一人、C・ロバート・カーギルによると、スコット・デリクソン監督はストレンジの元恋人クリスティーン・パーマー役にジェシカを希望していたそうだ。 だが、ジェシカはその役を受けてしまうと将来的にMCUでスーパーヒーローを演じることが出来ないと考え、オファーを断ったという。その結果、クリスティーン役は最終的にレイチェル・マクアダムスのもとへ渡っている。ポッドキャスト『ジャンクフード・シネマ』でカーギルはこう明かした。 「面白いことにハリウッドでは男優同様、女優の多くもスーパーヒーロー役を演じたいと思っています。スコットもその状況に立たされました。『ドクター・ストレンジ』への出演話をジェシカ・チャステインに持ち掛けましたが、『この作品は凄いものになりそうだし、出演してみたいとも思う。でもマーベル作品では、マーベルキャラクターになるチャンスは1度しかない。私はバレエで鍛えたし、本当にケープを着てみたい』って言われたんです。最もクールな断り方でしたね。彼女はスーパーヒーローになりたかった。ドクターのお相手ではなくてね」