Home ニュース ジャスティン・ビーバー、ライム病を患っていることを告白

ジャスティン・ビーバー、ライム病を患っていることを告白

-

ジャスティン・ビーバー Justin Bieber
ライム病を患っていることを明かしたジャスティン・ビーバー<画像を拡大する>

歌手のジャスティン・ビーバーが感染症のライム病と診断され、治療を受けていることを自身のインスタグラムで発表した。詳細はYouTubeで公開されるドキュメンタリーで明かされるという。

TMZの記事のスクリーンショットを投稿したジャスティンは、「ジャスティン・ビーバーがメス(ドラッグ)でもやってるみたいに、ひどいありさまだ、と大勢の人が言っていたけど、彼らは気付けなかった。僕が最近、ライム病と診断されたことをね」とコメント。

「それだけじゃない。僕は肌の状態や脳機能、体力、健康全般に影響を及ぼす重度の慢性の単核症を患っていたんだ。詳しいことは近々YouTubeに投稿するドキュメンタリーシリーズの中で説明されているよ…。僕が闘病を続け、克服しつつあることが分かるよ」と続け、病気が改善されていることを明かしている。

ライム病はマダニによって媒介される細菌感染症で、単核症は大体がEB(エプスタイン・バー)ウイルスが原因で起きる感染症。TMZによると、ドキュメンタリーではジャスティンが2019年のかなり後半に入るまでライム病だと診断されず、体調不良を理解してもらえずに重度のうつと闘っていたことが分かるという。

ジャスティンが告白後、妻でモデルのヘイリー・ビーバーは、ジャスティン同様にライム病と闘病するモデル仲間のジジ&ベラ・ハディッドと2人の母親のヨランダの大きな助けがあって、ジャスティンがライム病やその治療について理解を深めることができたことを明かしたという。

ジャスティンはコメントの最後を「この数年間はキツかったけど、今はまだ完治しないこの病気に対する正しい治療を受けている。僕は絶好調で戻ってくるよ。マジでね」と明るく締めくくった。

引用:「ジャスティン・ビーバー」インスタグラム(@justinbieber)

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Must Read

アダム・シュレシンジャー Adam Schlesinger

『すべてをあなたに』の音楽を手掛けたアダム・シュレシンジャー(52)が死去

0
アダム・シュレシンジャー (C) Photo by Maury Phillips/Getty Images for ASCAP 「ファウンテンズ・オブ・ウェイン」のベーシスト、アダム・シュレシンジャー(52)が、新型コロナウイルスによる合併症で亡くなった。 3月31日の時点ですでに1週間以上入院していたという。アダムの弁護士からコメントが発表されたばかりだった。「アダムと彼のご家族にあふれんばかりの愛をありがとうございます。アダムは新型コロナウイルスにより、入院しています。回復のため、鎮静状態にしたうえで人工呼吸器が装着されています。素晴らしい治療を受けており、状態は改善中です。私たちは警戒しながらも前向きです。彼のご家族はみなさんのサポートと愛に感謝しています」。 才能豊かな作曲家でもあったアダムは、トム・ハンクスの監督デビュー作『すべてをあなたに』の音楽を手掛けてアカデミー賞とゴールデングローブ賞にノミネートされたことがある。奇しくもアダムと同じく新型コロナウイルスに感染し、回復したトムは、アダムの訃報に「新型コロナウイルスで彼を失うなんて…本当に悲しい」とツイートしている。