Home ニュース ジャスティン・ビーバー、ライム病を患っていることを告白

ジャスティン・ビーバー、ライム病を患っていることを告白

-

ジャスティン・ビーバー Justin Bieber
ライム病を患っていることを明かしたジャスティン・ビーバー<画像を拡大する>

歌手のジャスティン・ビーバーが感染症のライム病と診断され、治療を受けていることを自身のインスタグラムで発表した。詳細はYouTubeで公開されるドキュメンタリーで明かされるという。

TMZの記事のスクリーンショットを投稿したジャスティンは、「ジャスティン・ビーバーがメス(ドラッグ)でもやってるみたいに、ひどいありさまだ、と大勢の人が言っていたけど、彼らは気付けなかった。僕が最近、ライム病と診断されたことをね」とコメント。

「それだけじゃない。僕は肌の状態や脳機能、体力、健康全般に影響を及ぼす重度の慢性の単核症を患っていたんだ。詳しいことは近々YouTubeに投稿するドキュメンタリーシリーズの中で説明されているよ…。僕が闘病を続け、克服しつつあることが分かるよ」と続け、病気が改善されていることを明かしている。

ライム病はマダニによって媒介される細菌感染症で、単核症は大体がEB(エプスタイン・バー)ウイルスが原因で起きる感染症。TMZによると、ドキュメンタリーではジャスティンが2019年のかなり後半に入るまでライム病だと診断されず、体調不良を理解してもらえずに重度のうつと闘っていたことが分かるという。

ジャスティンが告白後、妻でモデルのヘイリー・ビーバーは、ジャスティン同様にライム病と闘病するモデル仲間のジジ&ベラ・ハディッドと2人の母親のヨランダの大きな助けがあって、ジャスティンがライム病やその治療について理解を深めることができたことを明かしたという。

ジャスティンはコメントの最後を「この数年間はキツかったけど、今はまだ完治しないこの病気に対する正しい治療を受けている。僕は絶好調で戻ってくるよ。マジでね」と明るく締めくくった。

引用:「ジャスティン・ビーバー」インスタグラム(@justinbieber)

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Must Read

コービー・ブライアント Kobe Bryant

アリシア・キーズ、グラミー賞のオープニングでコービー・ブライアントを追悼。

0
第62回グラミー賞の授賞式冒頭、41歳の若さで死去したNBAの元スター選手、コービー・ブライアントを追悼した。 コービー・ブライアント。Photo: Jeff Kravitz/FilmMagic 第62回グラミー賞の授賞式が悲しみに包まれて幕を開けた。1月26日(現地時間)の午前10時頃、ヘリコプターがロサンゼルス近郊のカラザサスに墜落し、NBAの元スター選手、コービー・ブライアントと彼の13歳の娘を含む9人が命を落とした。 コービーが1996年の入団から2016年の引退まで20シーズンにわたってプレーしたレイカーズの本拠地、ステープルズ・センターで開催されたグラミー賞のオープニングに登場したホストのアリシア・キーズはこう語った。 「私たちは今、とてつもない悲しみを感じています。今朝、ロサンゼルス、アメリカ、そして世界はヒーローを失いました。私たちは文字通り、コービー・ブライアントが建てた、この建物に悲嘆に暮れながら立っています」