Home ニュース ジャスティン・ティンバーレイク、第2子誕生した事実を認め「これ以上の幸せはないよ」

ジャスティン・ティンバーレイク、第2子誕生した事実を認め「これ以上の幸せはないよ」

-

米歌手ジャスティン・ティンバーレイク(39)が、妻で女優のジェシカ・ビール(38)との間に第2子となる息子が誕生していたことを正式に伝えた。夫妻は妊娠や出産をひた隠しにしており、昨年7月の出産報道後も正式な発表はないままだった。米トーク番組にリモート出演したジャスティンは男児が誕生したことを認め、赤ちゃんの名前を公表した。

ジャスティン・ティンバーレイクが現地時間18日に放送される米トーク番組『エレンの部屋』にリモート出演し、妻ジェシカ・ビールとの間に第2子が誕生していたことをようやく認めた。夫妻は第2子の妊娠を極秘にしており、昨年7月には男児を出産したとの報道や歌手ブライアン・マックナイトによる証言があったものの、本人達による正式な発表はなかった。

ジャスティン夫妻とプライベートでも親交がある番組司会者のエレン・デジェネレスは、ジェシカの妊娠をこっそりと知らされていたという。番組にリモート出演したジャスティンにエレンは「聞いてちょうだい。すっかり忘れていたけれど、あなたはまたパパになったのよね」と話しかけ、妊娠を知らされた当時を振り返った。

「私達がFaceTimeでビデオ通話していた時、あなたは『秘密を知りたいかい?』って言ったわ。そばに来たジェシカのお腹に手を置いて『僕達に、もう1人の赤ちゃんが出来たんだ!』と言ったのよ。」

そのようにエレンが明かすと、ジャスティンは「きみは僕らが肉親以外で初めて妊娠を伝えた少数の友人の中の1人だよ」とその事実を認め、男児の名前を明かした。

「息子の名前はフィニアスだよ。彼は素晴らしくて、とても可愛いんだ。僕らを眠らせてくれないけどね。でもこれ以上の幸せはないよ。凄く感謝してる。」

ジャスティンとジェシカは2007年に交際をスタートし、2012年に結婚。2015年4月には長男サイラスくん(5)が誕生した。ジャスティンは、お兄ちゃんになったサイラスくんが家族が増えた状況についてこのように明かしている。

「サイラスは、とても気に入っているようだよ。フィニアスはまだ歩けないから、サイラスを追うこともできないんだ。これからどうなるか楽しみだな。」

また長男サイラスくんにミュージシャンの才能が見られるかという質問に、ジャスティンは「彼はレゴとテニスに夢中なんだ。それからNintendo Switchを買ってあげたら、熱中しているよ」とサイラスくんがゲーム機器を使いこなしていることを語った。ジャスティンの趣味であるゴルフの才能については「好きみたいだけど、押しつけはしないよ。もし好きなら楽しんで欲しいな。足が速いし活発だから、テニスが上手いんだよ」と話している。

画像は『Justin Timberlake 2020年3月3日付Instagram「Happy Birthday to the LOVE of my life…」』『Ellen DeGeneres 2021年1月17日付Instagram「@JustinTimberlake told me the name of his new baby!」』『Jessica Biel 2020年6月21日付Instagram「To the dad who not only protects and provides but most importantly, PLAYS, and puts up with all our shenanigans.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Latest Posts

Instagram

Error decoding the Instagram API json