ジャスティン・ティンバーレイク、来年の『NFLスーパーボウル』ハーフタイムショー出演へ<動画あり>

0
912
ジャスティン・ティンバーレイク Justin Timberlake
ジャスティン・ティンバーレイク
ジャスティン・ティンバーレイク Justin Timberlake
ジャスティン・ティンバーレイク

ミネソタ州ミネアポリスのUSバンク・スタジアムにて来年2月4日に開催される『第52回NFLスーパーボウル』のハーフタイムショーに、ジャスティン・ティンバーレイク(36)の出演が正式に決定した。現地時間23日にNFL公式サイトが伝えた。

ジャスティン・ティンバーレイクは、2001年の第35回大会で「イン・シンク」(NSYNC)メンバーとして初パフォーマンスを披露。その3年後、2004年の第38回大会ではジャネット・ジャクソンと共演を果たしていた。

スーパーボウルのハーフタイムショーといえば、アメリカで最高視聴率を誇る音楽イベントだ。この栄えあるイベントにてパフォーマンス中にジャスティンがジャネットの衣装を掴み、胸が露わになってしまったハプニングも有名である。この模様は世界中に生放送され、ジャスティンはかなりのバッシングを浴びたものだ。

そして14年の時を経て、ジャスティンは同じ舞台に立とうとしている。過去の汚名を返上し素晴らしいステージを見せてくれるだろうと、周りの期待は膨らむばかりだ。

超人気ボーイバンド「イン・シンク」の活動を始めたのが14歳。当時は若い女の子を中心に爆発的な支持を受けていた。人気絶頂期にバンドは活動休止したが、ジャスティンはソロに転向後もシンガーや音楽プロデューサー、俳優として新しい道を切り開き、これまでにグラミー賞を10回、エミー賞を4回受賞している。セクシーな歌声やダンスだけでなく、お茶目なコメディアンとしてのセンスも抜群だ。結婚し父親になってからは大人の男の渋さと包容力も加わり、今や老若男女問わず国内外で大人気を誇る世界的エンターテイナーにまで成長した。

子役時代も含めると、およそ四半世紀をショービズ界で過ごしていることになるジャスティン・ティンバーレイク。自身の集大成ともいえるこの大きな舞台で、来年はどんなハーフタイムショーとなるのか、今から彼のステージが待ち遠しい。

ちなみに『ビルボード』誌の調べによれば、今年2月に開催された『第51回NFLスーパーボウル』でのレディー・ガガのステージは全世界の視聴者数がおよそ1億1750万人、3年前のケイティ・ペリーのハーフタイムショーは1億2070万人だったそうだ。米国内での平均視聴率は2010年以降、45~47%という驚異的な数字で、テレビをつけている家庭において昨年の視聴率は70%に上ったとも言われている。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here