Home ニュース ケイティ・ペリー、METガラで着る予定だったジャンポール・ゴルチエのコーンブラを公開。

ケイティ・ペリー、METガラで着る予定だったジャンポール・ゴルチエのコーンブラを公開。

-

ケイティ・ペリーが、今年のMETガラで着る予定だったコスチュームを公開した。

ケイティ・ペリー Katy Perry
2019年のMETガラにて。Photo: Sean Zanni/Patrick McMullan

婚約者オーランド・ブルームとの第一子を妊娠中のケイティ・ペリーは、5月4日(現地時間)にニューヨークのメトロポリタン美術館にて開催される予定だったMETガラで、ジャンポール・ゴルチエがデザインしたお腹の膨らみに注目が集まるコルセットを着用する予定だったようだ。

新型コロナウイルスのパンデミックにより、今年のMETガラは無期限延期となってしまったため、着用の機会を失ってしまったことからインスタグラムでコスチュームを披露した。ケイティは投稿に「どんな感じになっていたかしら…」とコメントを添えている。

View this post on Instagram

what would have been… #TheMetBall2020💔

A post shared by KATY PERRY (@katyperry) on

今年のテーマは「アバウト・タイム:ファッション・アンド・デュレーション」と題されており、ケイティの衣装はゴルチエがマドンナのためにデザインしたアイコニックな円錐形のブラにオマージュを捧げたものとなっている。

マドンナ Madonna
ブロンド・アンビション・ツアーでゴルチエのコルセットを着用したマドンナ。Photo: Gie Knaeps/Getty Images

もともとゴルチエは1983年に同デザインを作り上げており、マドンナが1990年に行ったブロンド・アンビション・ツアーにおいて衣装として着用したことで、下着をファッションとして着こなすのが流行となっていた。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Must Read

リア・ミシェル Lea Michele

黒人男性の死に抗議するセレブたち。人種差別を逆告発される女優も

0
黒人男性のジョージ・フロイドさんが、白人警官により数分間にわたり膝で首を圧迫され死亡した事件をきっかけに、各地で抗議活動が広がっている。多くの人が街に出てデモを行うなか、米音楽業界は2日火曜日、人種差別反対の意思を示すためストライキを決行した。一方、多くのセレブたちが自らデモに参加したり、SNSに連帯を表明するなか、一部の黒人俳優が「自分も差別を受けた」と共演女優を告発する事態も起きている。 ◆有名ミュージシャンにアスリートも……SNSが黒く染まった日 https://www.instagram.com/p/CA5mXclnEiC/?utm_source=ig_embed ヘイトクライムにより犠牲になる黒人市民が後を絶たないアメリカ。今回のフロイドさんの事件を受け、米音楽業界幹部は「人種差別撤廃のために何ができるかじっくり考えながら学ぶ時間にしてほしい」とストライキを呼びかけた。 「Black Out Tuesday(ブラック・アウト・チューズデイ)」と称したこのストライキは、2日火曜日に行われた。これに参加した音楽業界の関係者たちは、通常のビジネスを中断し、ネット上のコンテンツを黒塗りにするなどして、人種差別撤廃運動への連帯を表明した。 ストライキには、ビリー・アイリッシュ、ザ・ローリング・ストーンズ、ブリトニー・スピアーズをはじめ、数々のアーティスト達が賛同した。