Home ニュース キアヌは「天使」なのかもしれない... 驚きの「いい人伝説」を一挙紹介

キアヌは「天使」なのかもしれない… 驚きの「いい人伝説」を一挙紹介

-

「世界で一番いい人ランキング」があったら、1位になるのはきっとキアヌ・リーブス(56歳)だろう。

昨年のアカデミー賞のレッドカーペットで母親をエスコートし、また一つ「いい人伝説」をつくったキアヌ〔PHOTO〕Getty Images

「マトリックス」シリーズや「ジョン・ウィック」シリーズなどのアクション大作で成功を収め、総資産は300億円以上と噂されるほどのスターなのに、着古した服を身にまとい、移動には地下鉄を利用し、行く先々で親切や人助けをし、街中のベンチや道端で一人寂しげにサンドイッチを食べたりするのである。そんな姿が「サッド・キアヌ」としてネットミーム化したときも、嫌がるどころか「誰も傷つけないし、良質で健全なおもしろさがある」というコメントを残している。

【写真】キアヌの若かりし頃の姿が美しすぎる…

まるで天が遣わしたのではないかと思うほどいい人なキアヌ。そのスゴすぎるエピソードを改めて紹介したい。

欲がなさすぎる

紙パックの水を購入する、地球にも優しいキアヌ。2016年、マンハッタンにて〔PHOTO〕Getty Images

・『ディアボロス/悪魔の扉』(1997年)でアル・パチーノをキャスティングできるよう、自分のギャラの削減をプロデューサーに申し出た。

・スポーツ映画『リプレイスメント』(2000年)ではジーン・ハックマンと共演するために上記と同じことをした。

・「マトリックス」シリーズにおいて自分の出演料のほとんどを特殊効果の予算に回し、スタントチーム全員にハーレー・ダビッドソンをプレゼント。

歩く親切

パリの道端で物乞いをする女性に寄付するキアヌ〔PHOTO〕Getty Images

・ニューヨークの地下鉄でそばにいた荷物の多い女性に席を譲った。このとき、その様子を撮っていた女性がネット上に動画をアップし、話題になった。

・キアヌがバイクで移動中、車が故障した女性に遭遇し、車を押してあげた。実はその女性は駆け出しの頃の女優、オクタビア・スペンサーで、彼女は2014年に出演したトーク番組「The Meredith Vieira Show』でこのエピソードについて明かしている。

・車椅子に乗った見知らぬ男性に、『ジョン・ウィック』の撮影時に撮った写真を自分の携帯で見せながら、1時間もかけて視覚効果の説明をした(『ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!』の脚本家のインタビューより)。

※他にも世界各地でさまざまなエピソードがある。

LGBTに配慮

故リヴァー・フェニックスと共演した青春映画『マイ・プライベート・アイダホ』(1991)が同性愛をテーマの一つにしていたこと、また浮いた噂があまりなかったことから、メディアからゲイではないかと聞かれることがたびたびあったキアヌ。

『Vanity fair』誌(1995年8月号)でも同様の質問をされ、「さあどうだろうね」と濁しつつ、「ゲイであること自体は悪いことでもなんでもないだろ。なのにぼくが否定したら、批判するのと同じじゃないか」と答えた。LGBTに対する理解がいまほど進んでいなかった90年代だからなされた質問だといえるが、当時からLGBTに対して配慮した回答をしていたキアヌはさすがだ。

つらい過去を乗り越えたキアヌ

彼のこうした姿勢は、若い頃に経験した苦労や悲しい出来事が影響しているのではないかと言われている。3歳の頃に父親が家族を捨てて出ていき、母親が再婚するたびに世界各地を転々しながら過ごした。俳優になったあとも、20代の頃に親友だったリヴァー・フェニックスに先立たれ、30代のときに自分とのあいだの子を身ごもったこともある元恋人(残念ながら、お腹の子は死産。その後、友人関係に)を事故で亡くしている。

そんななか、10代の頃から白血病を患う妹のサポートを続けてきたキアヌ。収入の多くを慈善団体に寄付し、小児病院やがん治療の研究のための慈善団体を設立したのも彼女のためだ。慈善団体に自分の名を冠さなかったので、このことは最近まで広く知られていなかったそうだが、こうしたエピソードもキアヌらしい。

恋人のアレクサンドラと(2019年)〔PHOTO〕Getty Images

大スターでも飾らず、人の痛みに寄り添い続けるキアヌ。そんな彼に幸せになってほしいという、世界中の人の思いが通じたのだろう。2019年頃から、アーティストのアレクサンドラ・グラント(47歳)との仲睦まじい姿が公の場で見られるようになった。自分より20歳以上年下の女性をパートナーに選ぶハリウッド俳優が多い中、自分と近い年齢の、同じ志をもった女性と交際している点も好感がもてる。

今年の12月に『マトリックス4』が公開予定のキアヌ。年末には世界中でまたキアヌ・フィーバーが起こることだろう。

『ジョン・ウィック:パラベラム』の日本公開イベントにて。こんなポーズにも快く応じてくれる(2019年)〔PHOTO〕Getty Images

『ジョン・ウィック:パラベラム』の撮影で馬を乗りこなすキアヌ(2018年)〔PHOTO〕Getty Images

バイクも乗りこなす。自身が立ち上げたメーカーのバイクで鈴鹿8時間耐久ロードレースに参加(2018年)〔PHOTO〕Getty Images

バンドマンでもあるキアヌ。イタリアのサンレモ音楽祭にゲスト出演し、ギター演奏を披露(2017年)〔PHOTO〕Getty Images

『ジョン・ウィック』の日本でのプレミアムイベントにて(2015年)〔PHOTO〕Getty Images

サイコスリラー『ノック・ノック』(2015年)の共演者と撮影したキアヌ。美女に挟まれてもこの顔である〔PHOTO〕Getty Images

『スピード』に続いて『イルマーレ』で共演したサンドラ・ブロックと、アカデミー賞のレッドカーペ―ットで(2006年)〔PHOTO〕Getty Images

『マトリクス・レボルーション』のプレミアムイベントにて(2003年)〔PHOTO〕Getty Images

シャーリーズ・セロンとゴールデングローブ賞の授賞式にて(2001年)〔PHOTO〕Getty Images

『マトリックス』で共演したキャリー=アン・モスと共に、MTVムービー・アワードに出席(2000年)〔PHOTO〕Getty Images

舞台『ハムレット』に出演した頃のキアヌ(1996年)〔PHOTO〕Getty Images

『リトル・ブッダ』でゴーダマ・シッダールタを演じたキアヌ。すべてが美しい…(1993年)〔PHOTO〕Getty Images

『ビルとテッドの地獄旅行』のプレミアムイベントにて(1991年)〔PHOTO〕Getty Images

かつて、ソフィア・コッポラとの交際が囁かれていたことも(1992年)〔PHOTO〕Getty Images

25歳の頃のキアヌ(1989年)〔PHOTO〕Getty Images

〔PHOTO〕Getty Images

〔PHOTO〕Getty Images

〔PHOTO〕Getty Images

〔PHOTO〕Getty Images

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Latest Posts

Instagram

Error decoding the Instagram API json