Home ニュース Kリーブス、長年の友人と手つなぎレッドカーペット

Kリーブス、長年の友人と手つなぎレッドカーペット

-

キアヌ・リーブス Keanu Reeves
キアヌ・リーブス(2017年6月11日撮影)

米俳優キアヌ・リーブス(55)が先週末、ロサンゼルス・カウンティ美術館(ラクマ)で行われたアートと映画の祭典のレッドカーペットに長年の友人であるアーティストのアレクサンドラ・グラントさん(46)と手をつないで登場し、話題になっている。

黒いスーツ姿のリーブスと紺のドレス姿のグラントさんは、手をつないで堂々とレッドカーペットを歩き、手をつないだまま写真撮影にも応じて笑顔を見せていたことから、「友人以上の関係では?」との臆測が駆け巡っている。

2009年にパーティーで知り合ったという2人は、11年には大人向け絵本を一緒に出版しており、一昨年にはアートブックを販売する出版社も共同で立ち上げるなど、公私ともに親しい仲として知られている。2人は数週間前にもサンタモニカのイタリアンレストランで一緒に食事を楽しむ姿が目撃されている他、今年6月にもマリブで行われたファッションイベントでも手をつないで出席しており、ロマンスもうわさされているが、この件に関してリーブスの代理人からはコメントは出されていない。リーブスは過去に生まれてくるはずだった子供が死産し、その母親だった元恋人も破局後に事故死する辛い経験をしており、独身を貫いている。(ロサンゼルス=千歳香奈子)

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Must Read

アダム・シュレシンジャー Adam Schlesinger

『すべてをあなたに』の音楽を手掛けたアダム・シュレシンジャー(52)が死去

0
アダム・シュレシンジャー (C) Photo by Maury Phillips/Getty Images for ASCAP 「ファウンテンズ・オブ・ウェイン」のベーシスト、アダム・シュレシンジャー(52)が、新型コロナウイルスによる合併症で亡くなった。 3月31日の時点ですでに1週間以上入院していたという。アダムの弁護士からコメントが発表されたばかりだった。「アダムと彼のご家族にあふれんばかりの愛をありがとうございます。アダムは新型コロナウイルスにより、入院しています。回復のため、鎮静状態にしたうえで人工呼吸器が装着されています。素晴らしい治療を受けており、状態は改善中です。私たちは警戒しながらも前向きです。彼のご家族はみなさんのサポートと愛に感謝しています」。 才能豊かな作曲家でもあったアダムは、トム・ハンクスの監督デビュー作『すべてをあなたに』の音楽を手掛けてアカデミー賞とゴールデングローブ賞にノミネートされたことがある。奇しくもアダムと同じく新型コロナウイルスに感染し、回復したトムは、アダムの訃報に「新型コロナウイルスで彼を失うなんて…本当に悲しい」とツイートしている。