Homeテレビ『カルテット』に『麒麟が来る』…人気ドラマ出演者が“再タッグ”組むCM増えたワケ

『カルテット』に『麒麟が来る』…人気ドラマ出演者が“再タッグ”組むCM増えたワケ

-

夏から秋への季節の変わり目となる9月。広告業界にとっても変化の月となり、9月から新たなテレビCMが続々と放映されている。なかでも、過去に人気ドラマで共演した俳優同士のCMでの“再タッグ”が、注目を集めている。

1日から放映されたUQモバイルの新CM「UQUEEN」の第1弾「登場」篇では、気高い女王に扮した満島ひかり(35)と執事に扮した松田龍平(38)の掛け合いが好評だ。約5年にわたって放送された深田恭子(38)や多部未華子(32)ら出演の「仲良し3姉妹シリーズ」に替わる新シリーズとして今後の展開にも期待が高まっている。

松田と満島といえば、’17年1月期に放送された『カルテット』(TBS系)で、メインキャストを演じた2人。松田は第2ヴァイオリン奏者・別府司を、満島はチェロ奏者・世吹すずめを好演した。別府に思いを寄せるすずめの恋模様やユーモラスな2人の掛け合いから、劇中でもとりわけファン人気の高い役柄だった。

ドラマでの設定とは異なるが、これらの関係性から新CMに『カルテット』を想起する視聴者もおりTwitter上では歓喜の声が広がっている。

《UQモバイルのCM、司くんとすずめちゃん出てるじゃん、ヤバいよ~》
《大好きな組み合わせのふたりじゃないか?(すずめちゃん風に)》

UQモバイルだけでなく、同じようなパターンは他企業の新CMでも見受けられる。

キリンビールでは13日から、新CM「スプリングバレー 感動体験篇 長谷川さん染谷さん」がスタート。今年2月に終了したNHK大河ドラマ『麒麟がくる』で主人公・明智光秀を演じた長谷川博己(44)と、織田信長を好演した染谷将太(29)が再共演。最終回の本能寺の変では対立した2人が、CM内で仲良くビールを飲む“令和での再会”は話題を呼んだ。

また17日から放映されたアフラック「しっかり頼れる介護保険」の新CMシリーズ「おじいちゃん子」篇と「お金の負担」篇では、吉田羊と奥平大兼(17)が再び親子を演じている。昨年10月期に放送された『恋する母たち』(TBS系)ではぎこちない親子を演じていた吉田と奥平だが、本CMでは介護を通じて心温まる関係性が描かれている。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here