Homeニュースキルスティン・ダンスト、『スパイダーマン』復帰の可能性について語る「きっと楽しい」

キルスティン・ダンスト、『スパイダーマン』復帰の可能性について語る「きっと楽しい」

-

2002年の映画『スパイダーマン』でヒロインのMJ役を演じたキルスティン・ダンスト。シリーズの新作に出演する可能性について語った。

キルスティン・ダンスト(Kirsten Dunst)、トビー・マグワイア(Tobey Maguire)
Toni Anne Barson Archive + Getty Images

2002年に作られたサム・ライミ監督の映画『スパイダーマン』に出演したキルスティン・ダンスト。トビー・マグワイア扮するスパイダーマンの恋人メアリー・ジェーン、通称MJを演じた。その後トビーとキルスティンのコンビで第2弾『スパイダーマン2』が2004年に、第3弾『スパイダーマン3』が2007年に制作された。

ご存知の通り「スパイダーマン」は元々コミック。その後アンドリュー・ガーフィールド&エマ・ストーンが主役を演じる『アメイジング・スパイダーマン』シリーズに生まれ変わる。そして今のトム・ホランド&ゼンデイヤのマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の『スパイダーマン』シリーズへ。間もなくこのシリーズの最新作『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が公開される。

この最新作に『スパイダーマン2』のドクター・オクトパスが登場、当時と同じアルフレッド・モリーナが演じていることがわかった。そのためこれまでのシリーズの他のキャストたちの登場を望むファンが続出。キルスティン演じるMJも出演しているのでは? という噂も浮上している。

キルスティン・ダンスト(Kirsten Dunst)
Karwai Tang + Getty Images

最近雑誌『バラエティ』のインタビューに答えたキルスティンはこの噂について言及。MCUシリーズの『スパイダーマン』への出演について「チャンスがあればやる。やらない理由がある? きっと楽しくなる。そういう機会に対して私はノーと言ったことはない」と積極的なコメント。「スパイダーマンの赤ちゃんたちを連れた”おばさんMJ”になるね」と冗談も!

キルスティンは出演に前向きだけれど『スパイダーマン』だけが代表作と言われることには異論があるよう。Twitterで「スパイダーマンのガールフレンド役として有名」と書かれたことについて「とても無神経なツイートだと思う。きっと不注意な男の人が書き込んだんでしょうね」とトーク番組で反論していたこともあった。

映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は日本でも来年1月に公開される。どんなサプライズが待っているのか楽しみにしたい。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here