Home ニュース クリスティン・ベル、「ゴシップガール」の声をリブート版でも続投へ。

クリスティン・ベル、「ゴシップガール」の声をリブート版でも続投へ。

-

クリスティン・ベルがリブート版「ゴシップガール」でナレーター役を続投するそうだ。

クリスティン・ベル Kristen Bell
クリスティン・ベル。Photo: Kevin Winter/Getty Images

2007年から2012年にかけてHBOで放送された「ゴシップガール」で、ゴシップ・ガールという名の謎のキャラクターとしてナレーターを務めていたクリスティン・ベルが、新ストリーミングサービス「HBO Max」で配信されるリブート版でも続投するという。同番組のプロデューサー陣は、クリスティン起用について「『ゴシップガール』の声は、今までもこれからもクリスティン・ベルしかいません」と語っている。

セシリー・フォン・ジーゲザーの同名小説を原作とした同ドラマでは、ペン・バッジリー演じるダン・ハンフリーが、実は「ゴシップガール」という存在であったことが最終話で明らかになっていた。リブート版では前作の8年後を舞台に、クリスティン以外は出演者を一新してストーリーが展開される予定だ。

ブレイク・ライブリーやレイトン・ミースター、テイラー・モンセン、チェイス・クロフォードらオリジナルキャストがカメオ出演を果たすかについては、現時点では明らかになっていない。また新キャストや配信開始日なども決定していないとみられるが、HBOはソーシャルメディアによって生活が変化した当時とは異なるティーンの姿を描くと発表している。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Must Read

アダム・シュレシンジャー Adam Schlesinger

『すべてをあなたに』の音楽を手掛けたアダム・シュレシンジャー(52)が死去

0
アダム・シュレシンジャー (C) Photo by Maury Phillips/Getty Images for ASCAP 「ファウンテンズ・オブ・ウェイン」のベーシスト、アダム・シュレシンジャー(52)が、新型コロナウイルスによる合併症で亡くなった。 3月31日の時点ですでに1週間以上入院していたという。アダムの弁護士からコメントが発表されたばかりだった。「アダムと彼のご家族にあふれんばかりの愛をありがとうございます。アダムは新型コロナウイルスにより、入院しています。回復のため、鎮静状態にしたうえで人工呼吸器が装着されています。素晴らしい治療を受けており、状態は改善中です。私たちは警戒しながらも前向きです。彼のご家族はみなさんのサポートと愛に感謝しています」。 才能豊かな作曲家でもあったアダムは、トム・ハンクスの監督デビュー作『すべてをあなたに』の音楽を手掛けてアカデミー賞とゴールデングローブ賞にノミネートされたことがある。奇しくもアダムと同じく新型コロナウイルスに感染し、回復したトムは、アダムの訃報に「新型コロナウイルスで彼を失うなんて…本当に悲しい」とツイートしている。