Home ニュース レディー・ガガ、グッチ創業一族の騒動を描くリドリー・スコット監督作に出演か。

レディー・ガガ、グッチ創業一族の騒動を描くリドリー・スコット監督作に出演か。

-

レディー・ガガがグッチ創業一家の内紛を描く映画に御曹司マウリツィオ・グッチの殺害を企てる元妻、パトリツィア・レッジアーニ役で出演するようだ。

レディー・ガガ Lady Gaga
レディー・ガガ。Photo: Axelle/Bauer-Griffin/FilmMagic

グッチ(GUCCI)の経営権を巡って繰り広げられた一族による骨肉の争いや、創始者グッチオ・グッチの孫息子マウリツィオの殺害事件を描くリドリー・スコット監督作品で、レディー・ガガがマウリツィオの元妻パトリツィア・レッジアーニ役を演じるという。

マウリツィオ・グッチはパトリツィアとの間に2人の娘をもうけるが、若い恋人ができて12年に及ぶ結婚生活の末に離婚した。怒りに駆られたパトリツィアは1995年、殺し屋を雇ってマウリツィオの殺害を依頼したとして有罪判決を下された。ただ懲役29年の判決を受けていたが、わずか18年の服役で2016年に釈放されている。

ファッション・ジャーナリストのサラ・ゲイ・フォーデンによる著書『ザ・ハウス・オブ・グッチ』を基に、ロベルト・ベンティヴェーニャが脚本を執筆し、スコット監督、スコットの妻ジャンニーナ・ファシオがスコット・フリー・プロクションズとともに製作を手がける。そんな新作への出演が見込まれるガガは、ブラッドリー・クーパーと共演の映画デビュー作『アリー:スター誕生』(18)でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされるなど、高い評価を得ている。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Must Read

テイラー・スウィフト Taylor Swift

テイラー・スウィフト、母に脳腫瘍が見つかり、ツアーを小規模に

0
テイラー・スウィフトは昨年夏にニュー・アルバム『Lover』をリリースしたが、それをプロモートするツアーはいつもに比べ小規模なものになる。その理由は、母の闘病にあるという。 テイラーの母アンドレアさんは数年前から癌を患い、一度は克服したものの、昨年春に再発したことが明かされていた。そして残念なことに、その後、脳腫瘍が見つかったそうだ。 テイラーは、『Variety』のインタビューで、母親のそばにいられるかどうかが最も気にかけていることなのかと問われると、こう答えた。「ええ、そのとおりよ。それが理由」「(癌の)治療中、脳腫瘍が見つかったの。脳腫瘍の症状は、これまでに経験した癌のものとは全く違う。だから、私たち家族にとってとても辛い時期なの」 テイラーは、今年は4月に米アトランタで開かれる<Capital One JamFest>に出演後、夏に英国のグラストンベリーほか、ヨーロッパや南米で開かれる数フェスティバルへの出演、およびアメリカでの4公演開催のみ予定している。 「この先なにが起きるか、どんな治療法を選ぶか、わからない」が、いまは仕事と家族を可能な限り両立させたいと考えているそうだ。