Home テレビ マーベル・スタジオ最新作ドラマ「ワンダヴィジョン」、ディズニープラスで年内配信へ。

マーベル・スタジオ最新作ドラマ「ワンダヴィジョン」、ディズニープラスで年内配信へ。

-

マーベル・スタジオが贈る初のオリジナルドラマシリーズ「ワンダヴィジョン」の予告編が、世界同時解禁された。

涙と衝撃の結末に終わった『アベンジャーズ/エンドゲーム』(19)から約1年半、ディズニープラス(Disney+)で配信されるドラマ「ワンダヴィジョン」の予告編が世界同時解禁となった。舞台は『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の世界。とある郊外の街に引っ越してきたのは、長い恋愛の末、晴れて結婚したスカーレット・ウィッチことワンダ・マキシモフとヴィジョンだ。

ユーモアに定評のあるマーベルが、本作でクラシックなシットコム(シチュエーション・コメディ)という”初ジャンル“に挑んでいる。これまでとは一線を画すような斬新かつユニークな物語となるようだ。MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)フェーズ4の一部にあたり、過去作キャラクターの登場など、映画作品との関わりも大いに期待される。

監督は、「ゲーム・オブ・スローンズ」や「ファーゴ」のエピソード監督を務め、「フィラデルフィアは今日も晴れ」などを手がけたマット・シャックマン。脚本は『ブラック・ウィドウ』(20)の原案を担当したジャック・シェイファーが務める。そして、ワンダ・マキシモフをエリザベル・オルセン、ヴィジョンをポール・ベタニーが演じ、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』以来となる、2人の共演にも要注目だ。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Latest Posts

Instagram