Homeニュース菅田将暉と小松菜奈が結婚 語ってきた「戦友から家族への道程」

菅田将暉と小松菜奈が結婚 語ってきた「戦友から家族への道程」

-

「出会った頃から変わらず私達は、戦友であり、心の支えであり、これからは家族になります。人生を共に考え進んでいくこと、とっても楽しみです!」

菅田将暉(28)と小松菜奈(25)が11月15日に結婚を発表した。同日、菅田は自身のTwitterで冒頭の連名コメントを公開。そこには「何事にも丁寧に向き合い感謝を忘れる事なく愛を持って精進して参ります。夫婦共々温かく見守っていただけると幸いです」ともつづられている。

コメントにあるように、2人はもともと“戦友”だった。菅田は昨年8月、本誌のインタビューにも「彼女(小松)は僕にとって“戦友”のような存在」と話していた。

これまで3作品での共演を経て、愛を深めてきた2人。しかし、初共演となった’16年5月公開の映画『ディストラクション・ベイビーズ』の舞台挨拶で小松は、菅田についてこう話していた。

「菅田さんのことが嫌いでした。現場で。今だから言えること」
「役というのもあって、ただただ暴力を振るわれて……」

いっぽう、過酷な撮影を通して2人はお互いを意識していたようだ。小松は菅田について、こう話している。

「追いかけたくなる存在というか。テレビや映画で主役級のものをやれば目をひかれるし、主役を支える役でも、ちゃんと存在感を残すので、いろんな作品を見たくなる人」(『LINE BLOG』’16年11月5日)

そして菅田も「(共演2作目となる)『溺れるナイフ』撮影当時、小松さんは19歳。僕も19の時に『共喰い』っていう映画をやって。だから、現場で死にそうになってる小松さんが、当時の自分に重なったというか……転機にいる小松さんを支えられたらと考えていました。彼女がふらついたときに、手を貸してあげられる場所にいられればなと」(『Woman type』’16年11月1日)

と彼女を意識的にサポートしていたと述べていた。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here