Home ニュース マット・デイモン、『アバター』の主役オファーを断っていた。

マット・デイモン、『アバター』の主役オファーを断っていた。

-

マット・デイモンは『アバター』(09)での主演を断り、結果として2億5000万ドル(約269億円)もの収入を逃していたそうだ。

マット・デイモン Matt Damon
Photo: Stefanie Keenan/Getty Images for AT&T

2009年公開のジェームズ・キャメロン監督によるSF大作『アバター』で、サム・ワーシントンが主人公のジェイク・サリー役を演じたが、当初マット・デイモンに主演のオファーがあったという。UK版『GQ』11月号のインタビューで、マットは結果として2億5000万ドル(約269億円)もの収入を逃したことになる決断をこう振り返っている。

「ジェームズ・キャメロンから『アバター』への出演オファーがあったんだ」「ジェームズは『いいかい。誰かが必要なわけじゃないんだ。名の通った俳優はいらない。君がオファーを受けないんなら、無名の俳優にこの役をあげるつもりだ。この映画に君が必要ってわけじゃないからね。でも君が受けるなら、利益の10パーセントをあげるよ』って言ってきた」

「この話をジョン・クラシンスキーと一緒に『プロミスト・ランド』(12)の脚本を書いてる時に話したんだ。そうしたら、ジョンには『あの映画に出てたとしても、お前の人生は何にも変わってなかったと思うよ。ただ、この会話を宇宙でしていたかもしれないけどね』って言われたよ」「実際、僕はどの俳優より損しただろうね」

ジェームズ・キャメロン、 サム・ワーシントン James Cameron, Sam Worthington
2009年に『アバター』(09)のプレミアにて。ジェームズ・キャメロン監督と主人公ジェイク・サリー役のサム・ワーシントン。Photo: Jeff Vespa/WireImage

当時、『ボーン』シリーズのためにオファーを蹴ったというマットだが、これまで手がけてきた作品数は少ないものの、そのどれもが成功を収めているキャメロン監督と仕事をしなかったことは後悔しているようだ。「断ったことで、ジェームズとこの先一緒に仕事するチャンスを失ってしまったと気づいたよ」「それはものすごく残念だけど、子どもが食べていける稼ぎはあるからね。これでいいんだ」

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Must Read

ヴァネッサ・ハジェンズとオースティン・バトラー Vanessa Hudgens and Austin Butler

ヴァネッサ・ハジェンズとオースティン・バトラーが破局! 約9年の交際に終止符。

0
ヴァネッサ・ハジェンズとオースティン・バトラーが破局したという。 ヴァネッサ・ハジェンズとオースティン・バトラー。Photo: Jacopo Raule/Getty Images 『ハイスクール・ミュージカル』(06)などで知られるヴァネッサ・ハジェンズと、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(19)が記憶に新しいオースティン・バトラーは、約9年に及ぶ交際に終止符を打ったそうだ。ある関係者は、『Usウィークリー』誌にこう話している。「ヴァネッサとオースティンは、完全に破局しました。ヴァネッサは、そのことを周りの人に話しています」 昨年12月13日に開かれたヴァネッサの31歳の誕生日パーティーに、オースティンの姿が見えなかったことから破局説が浮上していた。またヴァネッサのインスタグラムには、ハロウィンを最後にオースティンとの写真が投稿されていない。 ふたりは2005年に大ヒットテレビ映画『ハイスクール・ミュージカル』の撮影セットで出会ったものの、当時ヴァネッサは共演のザック・エフロンと交際しており、2人が付き合い始めたのは2011年だった。