Home ニュース マット・デイモン、『アバター』の主役オファーを断っていた。

マット・デイモン、『アバター』の主役オファーを断っていた。

-

マット・デイモンは『アバター』(09)での主演を断り、結果として2億5000万ドル(約269億円)もの収入を逃していたそうだ。

マット・デイモン Matt Damon
Photo: Stefanie Keenan/Getty Images for AT&T

2009年公開のジェームズ・キャメロン監督によるSF大作『アバター』で、サム・ワーシントンが主人公のジェイク・サリー役を演じたが、当初マット・デイモンに主演のオファーがあったという。UK版『GQ』11月号のインタビューで、マットは結果として2億5000万ドル(約269億円)もの収入を逃したことになる決断をこう振り返っている。

「ジェームズ・キャメロンから『アバター』への出演オファーがあったんだ」「ジェームズは『いいかい。誰かが必要なわけじゃないんだ。名の通った俳優はいらない。君がオファーを受けないんなら、無名の俳優にこの役をあげるつもりだ。この映画に君が必要ってわけじゃないからね。でも君が受けるなら、利益の10パーセントをあげるよ』って言ってきた」

「この話をジョン・クラシンスキーと一緒に『プロミスト・ランド』(12)の脚本を書いてる時に話したんだ。そうしたら、ジョンには『あの映画に出てたとしても、お前の人生は何にも変わってなかったと思うよ。ただ、この会話を宇宙でしていたかもしれないけどね』って言われたよ」「実際、僕はどの俳優より損しただろうね」

ジェームズ・キャメロン、 サム・ワーシントン James Cameron, Sam Worthington
2009年に『アバター』(09)のプレミアにて。ジェームズ・キャメロン監督と主人公ジェイク・サリー役のサム・ワーシントン。Photo: Jeff Vespa/WireImage

当時、『ボーン』シリーズのためにオファーを蹴ったというマットだが、これまで手がけてきた作品数は少ないものの、そのどれもが成功を収めているキャメロン監督と仕事をしなかったことは後悔しているようだ。「断ったことで、ジェームズとこの先一緒に仕事するチャンスを失ってしまったと気づいたよ」「それはものすごく残念だけど、子どもが食べていける稼ぎはあるからね。これでいいんだ」

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Must Read

アダム・シュレシンジャー Adam Schlesinger

『すべてをあなたに』の音楽を手掛けたアダム・シュレシンジャー(52)が死去

0
アダム・シュレシンジャー (C) Photo by Maury Phillips/Getty Images for ASCAP 「ファウンテンズ・オブ・ウェイン」のベーシスト、アダム・シュレシンジャー(52)が、新型コロナウイルスによる合併症で亡くなった。 3月31日の時点ですでに1週間以上入院していたという。アダムの弁護士からコメントが発表されたばかりだった。「アダムと彼のご家族にあふれんばかりの愛をありがとうございます。アダムは新型コロナウイルスにより、入院しています。回復のため、鎮静状態にしたうえで人工呼吸器が装着されています。素晴らしい治療を受けており、状態は改善中です。私たちは警戒しながらも前向きです。彼のご家族はみなさんのサポートと愛に感謝しています」。 才能豊かな作曲家でもあったアダムは、トム・ハンクスの監督デビュー作『すべてをあなたに』の音楽を手掛けてアカデミー賞とゴールデングローブ賞にノミネートされたことがある。奇しくもアダムと同じく新型コロナウイルスに感染し、回復したトムは、アダムの訃報に「新型コロナウイルスで彼を失うなんて…本当に悲しい」とツイートしている。