Home ニュース ミシェル・ファイファー、風呂で滑って骨折

ミシェル・ファイファー、風呂で滑って骨折

-

ミシェル・ファイファー(61歳)が、浴槽を出る際に滑り、腕の骨を折ってしまったそうだ。ディズニー映画「マレフィセント2」のプロモーション活動の合間に、ホテルの部屋で入浴したものの、出る際に濡れた床で滑ってしまったという。

ミシェル・ファイファー Michelle Pfeiffer
ミシェル・ファイファー

米テレビ番組「エクストラ」に、共演のアンジェリーナ・ジョリーと共に出演したミシェルは、こう話している。「ホテルでね、(お風呂から)出る時、大理石の床がびしょびしょに濡れていたのを見て『いいこと、滑り易い床だから、気を付けて』って自分に言い聞かせたんだけど」と当時を振り返っている。一方で、アンジェリーナがタイトルロールを続役し、ミシェルが邪悪なイングリス王妃を、エル・ファニングが「眠れる森の美女」ことオーロラ姫を演じているこの映画の撮影は楽しかったそうで、ミシェルは「私達はよく笑ったわよ。(アンジェリーナに)『あなた角ついてるのね』とかね」と語った。そこでアンジェリーナが当時の状況を「ミシェル・ファイファーが私に向かって叫んでたのよ。私は巨大な妖精になってたから」と説明、「全く新しい経験だった。尊敬する俳優と一緒に仕事をして、一緒に演じたり、少し大げさに振舞ったりするのは、いつだって良いことね」と続けた。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Must Read

ガル・ガドット Gal Gadot, パティ・ジェンキンス Patty Jenkins

待望の続編! 映画『ワンダーウーマン1984』の映像が公開

0
世界中で大ヒットした映画『ワンダーウーマン』。続編の映像が公開された。 ガル・ガドット(Gal Gadot)、パティ・ジェンキンス(Patty Jenkins) 2017年に公開されたガル・ガドット主演、パティ・ジェンキンス監督の映画『ワンダーウーマン』。それまでシリーズもののヒーロー映画で第1作目の米国興行収入が1位の座に君臨していたのは2002年の『スパイダーマン』。『ワンダーウーマン』はそれを打倒、さらに全世界興行収入記録でも女性監督作品史上第1位に輝くなど数々の記録を作った。そしてついにその続編『ワンダーウーマン1984』の映像が公開された。ワンダーウーマンことプリンセス・ダイアナを演じるのは前作から引き続きガル・ガドット。今回もジェンキンス監督とタッグを組み、圧倒的なアクションを見せている。共演はクリス・パイン、ロビン・ライト、クリステン・ウィグ。 (C) 2019 WARNER BROS. ENT. ALL...