Must Read

舞台は普通の公園 In 東京。キム・カーダシアン、一家集合写真を披露

今月初めに日本を訪れていたキム・カーダシアン。彼女たちが登場すると見慣れた公園もゴージャスに! https://www.instagram.com/p/B51FbXrAK6Z/?utm_source=ig_embed courtesy of Kim Kardashian via Instagram 今月初め、夫のカニエ・ウェスト、姉のコートニー・カーダシアン、そしてそれぞれの子どもたちも引き連れて東京を訪れていたキム・カーダシアン。浅草やお台場の「チームラボ・ボーダーレス」を訪れていたことが確認されているけれど、東京にあるローカルな公園にも子どもたちと一緒に出没していた。 今週キムは、そのときに撮った集合写真を初公開! カニエとコートニーが一緒の写真に写っているのも珍しいけれど、そこに子どもたちがほぼ全員加わっている貴重なシーンを披露した。 https://www.instagram.com/p/B59KRS6ANgC/?utm_source=ig_embed ジャングルジムに登っているのはキム、カニエ、コートニー、キムとカニエの子どものノースとセイントとシカゴ。今年5月に生まれたばかりの次男サームはまだジャングルジムには幼すぎたもよう。姿を見せていない。さらにコートニーと彼女の子どもたのメイソン、ペネロペ、レインも! ペネロペがレインの顔を踏んでしまったのかレインが大泣きしているのが確認できる。さらにカニエのいとこのエリカ・ペイジと夫のリッキー・アンダーソンも加わっている。

「マトリックス」第4弾の新キャスト情報

ジョナサン・グロフ(34歳)が、「マトリックス」最新作のキャスト陣に加わった。「アナと雪の女王2」のクリストフ役や「glee/グリー」のジェシー役で知られるジョナサンは、キアヌ・リーブスとキャリー=アン・モスが、それぞれネオとトリニティ役を再び演じるシリーズ第4弾で、ニール・パトリック・ハリス、ジェシカ・ヘンウィック、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世と共演することになったとコライダーが伝えている。 ジョナサン・グロフ 同新作について主演のキアヌは、その内容に関しては口を閉ざしているものの、「非常に野心的なものとなるよ。そうあるべきだろ!」と話し、製作への期待を膨らませている。また、第2弾「マトリックス リローデッド」、第3弾「マトリックス レボリューションズ」にナイオビ役で出演していたジェイダ・ピンケット=スミスが、同作でも続投する見込みであると、デッドラインが以前伝えている。一方で、ニールとジェシカがキャスト陣に加わったことが報道されているが、役柄に関しては明らかにされていない。今のところ、モーフィアス役のローレンス・フィッシュバーンが再登場するかどうかはわかっていないが、若い頃の同キャラクター役についてオーディションを行うとみられている。

アガサ・クリスティ原作の名探偵ポアロが今度はエジプト豪華客船に挑む!

ナイル殺人事件。 ミステリー映画『ナイル殺人事件』(仮題/原題:Death of the Nile)の撮影が英国ロンドン郊外のロングクロス・スタジオ及びエジプトの名所で開始される。 監督・主演はアカデミー賞に5度ノミネートされている、『オリエント急行殺人事件』に続いてケネス・ブラナーが名探偵エルキュール・ポアロを演じる。 共演はアーミー・ハマー(『君の名前で僕を呼んで』)、レティーシャ・ライト(『ブラック・パンサー』)、ガル・ガドット(『ワンダーウーマン』)、トム・ベイトマン(『オリエント急行殺人事件』)、4度のアカデミー賞ノミネートされているアネット・ベニング(『キャプテン・マーベル』)、ローズ・レスリー(「ゲーム・オブ・スローンズ」)、ラッセル・ブランド、アリ・ファザル、ドーン・フレンチ、ジェニファー・サンダース、エマ・マッキーなど。脚本は『オリエント急行殺人事件』に続いてマイケル・グリーン。製作にはリドリー・スコット、マーク・ゴードン、サイモン・キンバーグ、ケネス・ブラナー、ジュディ・ホフランド。製作総指揮にはマシュー・ジェンキンス、ジェームズ・プリチャード。 イギリスの女流作家アガサ・クリスティが 1937年に発表した推理小説「ナイルに死す」は、クリスティの代表作になり、1978年に『ナイル殺人事件』として公開された。 そして、2017年大ヒットとなった『オリエント急行殺人事件』に続き、ケネス・ブラナー演じる名探偵ポアロが今度は豪華客船での密室殺人の謎に挑む。 古代の神秘に溢れるエジプトのナイル川を航行する豪華客船で、巨額の遺産の相続人となった新婚のアメリカ人美女が殺害された事件を解き明かすミステリーの傑作。 「罪への情熱は危険でセクシーだ」と語るケネス・ブラナーは「アガサ・クリスティは心奪われるようなエモーショナルな物語と強烈な犯罪を描き、マイケル・グリーンは再び実を結ぶ脚本を書いた。アーティスティックなコラボレーション、豪華キャストの名演技によりディズニー、フォックスとアガサ・クリスティが結びつき、ミステリーの金字塔を大スクリーンに甦らせる。65mmフィルムを使い、全く新しいエンターテイメントに生まれ変わらせる。」と自信を覗かせる。

待望の続編! 映画『ワンダーウーマン1984』の映像が公開

世界中で大ヒットした映画『ワンダーウーマン』。続編の映像が公開された。 ガル・ガドット(Gal Gadot)、パティ・ジェンキンス(Patty Jenkins) 2017年に公開されたガル・ガドット主演、パティ・ジェンキンス監督の映画『ワンダーウーマン』。それまでシリーズもののヒーロー映画で第1作目の米国興行収入が1位の座に君臨していたのは2002年の『スパイダーマン』。『ワンダーウーマン』はそれを打倒、さらに全世界興行収入記録でも女性監督作品史上第1位に輝くなど数々の記録を作った。そしてついにその続編『ワンダーウーマン1984』の映像が公開された。ワンダーウーマンことプリンセス・ダイアナを演じるのは前作から引き続きガル・ガドット。今回もジェンキンス監督とタッグを組み、圧倒的なアクションを見せている。共演はクリス・パイン、ロビン・ライト、クリステン・ウィグ。 (C) 2019 WARNER BROS. ENT. ALL...

ウィル・スミス、『アラジン』の主演メナ・マスードに「夢をあきらめるな」とエール。

ウィル・スミスが『アラジン』で共演したメナ・マスードに応援メッセージを贈った。 メナ・マスードとウィル・スミス。Photo: Jesse Grant/Getty Images 今年大ヒットを記録した『アラジン』でタイトルロールを演じたメナ・マスードは先日、同作以降にオーディションのチャンスさえも巡ってこないという近況を明かしていたが、大先輩でもあるウィル・スミスは辛抱強さが大事であるとして、夢を諦めないようエールを送った。ウィルはメナの状況について『ピープル』誌のインタビューで問われ、こう答えている。 「この業界っていうのは、人生と同じで難しくできてるんだ。辛くなるように設計されている。だから辛い状況になっているというのは、そういう風にできているからなんだ」「困難は、辛抱強さと頑張り、熱心さ、持続によって乗り越えることができる。だから夢があるなら、そのために深い愛情と集中力をもって毎時間必死に取り組む必要がある」 メナは先日、『アラジン』の公開後に次々と仕事が流れ込んでくると期待していたものの、現実は全く違ったと明かしていた。「これ以上黙っているのに疲れてきちゃったから言うけど、『アラジン』のような作品に出たからと言って、タンポポや薔薇のように花開くとは限らないものなんだ。みんな『数億も稼いでるだろう。オファーが次々と舞い込んできているだろう』って思うかもしれないけど、全然そんなことない。『アラジン』の公開後、一度もオーディションさえ受けさせてもらってないんだ」

「ラ・ラ・ランド」主演女優が婚約

エマ・ストーン 16年に公開された映画「ラ・ラ・ランド」でアカデミー賞主演女優賞を受賞した米女優エマ・ストーン(31)が、米脚本家のデイブ・マッカリー氏(34)と婚約した。 マッカリー氏が5日、インスタグラムで発表した。左手薬指に婚約指輪をはめたエマとのツーショットのセルフィーを投稿したもの。指輪がフォーカスされていて、2人はとびきりの笑顔を見せている。 エマが2016年12月にNBCの深夜バラエティー番組「サタデー・ナイト・ライブ」に出演した際に知り合い、17年から交際に発展していた。マッカリー氏は同番組の主任ディレクターであり、構成作家。

Celebs

舞台は普通の公園 In 東京。キム・カーダシアン、一家集合写真を披露

今月初めに日本を訪れていたキム・カーダシアン。彼女たちが登場すると見慣れた公園もゴージャスに! https://www.instagram.com/p/B51FbXrAK6Z/?utm_source=ig_embed courtesy of Kim Kardashian via Instagram 今月初め、夫のカニエ・ウェスト、姉のコートニー・カーダシアン、そしてそれぞれの子どもたちも引き連れて東京を訪れていたキム・カーダシアン。浅草やお台場の「チームラボ・ボーダーレス」を訪れていたことが確認されているけれど、東京にあるローカルな公園にも子どもたちと一緒に出没していた。 今週キムは、そのときに撮った集合写真を初公開! カニエとコートニーが一緒の写真に写っているのも珍しいけれど、そこに子どもたちがほぼ全員加わっている貴重なシーンを披露した。 https://www.instagram.com/p/B59KRS6ANgC/?utm_source=ig_embed ジャングルジムに登っているのはキム、カニエ、コートニー、キムとカニエの子どものノースとセイントとシカゴ。今年5月に生まれたばかりの次男サームはまだジャングルジムには幼すぎたもよう。姿を見せていない。さらにコートニーと彼女の子どもたのメイソン、ペネロペ、レインも! ペネロペがレインの顔を踏んでしまったのかレインが大泣きしているのが確認できる。さらにカニエのいとこのエリカ・ペイジと夫のリッキー・アンダーソンも加わっている。

「マトリックス」第4弾の新キャスト情報

ジョナサン・グロフ(34歳)が、「マトリックス」最新作のキャスト陣に加わった。「アナと雪の女王2」のクリストフ役や「glee/グリー」のジェシー役で知られるジョナサンは、キアヌ・リーブスとキャリー=アン・モスが、それぞれネオとトリニティ役を再び演じるシリーズ第4弾で、ニール・パトリック・ハリス、ジェシカ・ヘンウィック、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世と共演することになったとコライダーが伝えている。 ジョナサン・グロフ 同新作について主演のキアヌは、その内容に関しては口を閉ざしているものの、「非常に野心的なものとなるよ。そうあるべきだろ!」と話し、製作への期待を膨らませている。また、第2弾「マトリックス リローデッド」、第3弾「マトリックス レボリューションズ」にナイオビ役で出演していたジェイダ・ピンケット=スミスが、同作でも続投する見込みであると、デッドラインが以前伝えている。一方で、ニールとジェシカがキャスト陣に加わったことが報道されているが、役柄に関しては明らかにされていない。今のところ、モーフィアス役のローレンス・フィッシュバーンが再登場するかどうかはわかっていないが、若い頃の同キャラクター役についてオーディションを行うとみられている。

アガサ・クリスティ原作の名探偵ポアロが今度はエジプト豪華客船に挑む!

ナイル殺人事件。 ミステリー映画『ナイル殺人事件』(仮題/原題:Death of the Nile)の撮影が英国ロンドン郊外のロングクロス・スタジオ及びエジプトの名所で開始される。 監督・主演はアカデミー賞に5度ノミネートされている、『オリエント急行殺人事件』に続いてケネス・ブラナーが名探偵エルキュール・ポアロを演じる。 共演はアーミー・ハマー(『君の名前で僕を呼んで』)、レティーシャ・ライト(『ブラック・パンサー』)、ガル・ガドット(『ワンダーウーマン』)、トム・ベイトマン(『オリエント急行殺人事件』)、4度のアカデミー賞ノミネートされているアネット・ベニング(『キャプテン・マーベル』)、ローズ・レスリー(「ゲーム・オブ・スローンズ」)、ラッセル・ブランド、アリ・ファザル、ドーン・フレンチ、ジェニファー・サンダース、エマ・マッキーなど。脚本は『オリエント急行殺人事件』に続いてマイケル・グリーン。製作にはリドリー・スコット、マーク・ゴードン、サイモン・キンバーグ、ケネス・ブラナー、ジュディ・ホフランド。製作総指揮にはマシュー・ジェンキンス、ジェームズ・プリチャード。 イギリスの女流作家アガサ・クリスティが 1937年に発表した推理小説「ナイルに死す」は、クリスティの代表作になり、1978年に『ナイル殺人事件』として公開された。 そして、2017年大ヒットとなった『オリエント急行殺人事件』に続き、ケネス・ブラナー演じる名探偵ポアロが今度は豪華客船での密室殺人の謎に挑む。 古代の神秘に溢れるエジプトのナイル川を航行する豪華客船で、巨額の遺産の相続人となった新婚のアメリカ人美女が殺害された事件を解き明かすミステリーの傑作。 「罪への情熱は危険でセクシーだ」と語るケネス・ブラナーは「アガサ・クリスティは心奪われるようなエモーショナルな物語と強烈な犯罪を描き、マイケル・グリーンは再び実を結ぶ脚本を書いた。アーティスティックなコラボレーション、豪華キャストの名演技によりディズニー、フォックスとアガサ・クリスティが結びつき、ミステリーの金字塔を大スクリーンに甦らせる。65mmフィルムを使い、全く新しいエンターテイメントに生まれ変わらせる。」と自信を覗かせる。

待望の続編! 映画『ワンダーウーマン1984』の映像が公開

世界中で大ヒットした映画『ワンダーウーマン』。続編の映像が公開された。 ガル・ガドット(Gal Gadot)、パティ・ジェンキンス(Patty Jenkins) 2017年に公開されたガル・ガドット主演、パティ・ジェンキンス監督の映画『ワンダーウーマン』。それまでシリーズもののヒーロー映画で第1作目の米国興行収入が1位の座に君臨していたのは2002年の『スパイダーマン』。『ワンダーウーマン』はそれを打倒、さらに全世界興行収入記録でも女性監督作品史上第1位に輝くなど数々の記録を作った。そしてついにその続編『ワンダーウーマン1984』の映像が公開された。ワンダーウーマンことプリンセス・ダイアナを演じるのは前作から引き続きガル・ガドット。今回もジェンキンス監督とタッグを組み、圧倒的なアクションを見せている。共演はクリス・パイン、ロビン・ライト、クリステン・ウィグ。 (C) 2019 WARNER BROS. ENT. ALL...

ウィル・スミス、『アラジン』の主演メナ・マスードに「夢をあきらめるな」とエール。

ウィル・スミスが『アラジン』で共演したメナ・マスードに応援メッセージを贈った。 メナ・マスードとウィル・スミス。Photo: Jesse Grant/Getty Images 今年大ヒットを記録した『アラジン』でタイトルロールを演じたメナ・マスードは先日、同作以降にオーディションのチャンスさえも巡ってこないという近況を明かしていたが、大先輩でもあるウィル・スミスは辛抱強さが大事であるとして、夢を諦めないようエールを送った。ウィルはメナの状況について『ピープル』誌のインタビューで問われ、こう答えている。 「この業界っていうのは、人生と同じで難しくできてるんだ。辛くなるように設計されている。だから辛い状況になっているというのは、そういう風にできているからなんだ」「困難は、辛抱強さと頑張り、熱心さ、持続によって乗り越えることができる。だから夢があるなら、そのために深い愛情と集中力をもって毎時間必死に取り組む必要がある」 メナは先日、『アラジン』の公開後に次々と仕事が流れ込んでくると期待していたものの、現実は全く違ったと明かしていた。「これ以上黙っているのに疲れてきちゃったから言うけど、『アラジン』のような作品に出たからと言って、タンポポや薔薇のように花開くとは限らないものなんだ。みんな『数億も稼いでるだろう。オファーが次々と舞い込んできているだろう』って思うかもしれないけど、全然そんなことない。『アラジン』の公開後、一度もオーディションさえ受けさせてもらってないんだ」

「ラ・ラ・ランド」主演女優が婚約

エマ・ストーン 16年に公開された映画「ラ・ラ・ランド」でアカデミー賞主演女優賞を受賞した米女優エマ・ストーン(31)が、米脚本家のデイブ・マッカリー氏(34)と婚約した。 マッカリー氏が5日、インスタグラムで発表した。左手薬指に婚約指輪をはめたエマとのツーショットのセルフィーを投稿したもの。指輪がフォーカスされていて、2人はとびきりの笑顔を見せている。 エマが2016年12月にNBCの深夜バラエティー番組「サタデー・ナイト・ライブ」に出演した際に知り合い、17年から交際に発展していた。マッカリー氏は同番組の主任ディレクターであり、構成作家。

Join Us

79,053FansLike
50,129FollowersFollow
66,891FollowersFollow

Music

舞台は普通の公園 In 東京。キム・カーダシアン、一家集合写真を披露

今月初めに日本を訪れていたキム・カーダシアン。彼女たちが登場すると見慣れた公園もゴージャスに! https://www.instagram.com/p/B51FbXrAK6Z/?utm_source=ig_embed courtesy of Kim Kardashian via Instagram 今月初め、夫のカニエ・ウェスト、姉のコートニー・カーダシアン、そしてそれぞれの子どもたちも引き連れて東京を訪れていたキム・カーダシアン。浅草やお台場の「チームラボ・ボーダーレス」を訪れていたことが確認されているけれど、東京にあるローカルな公園にも子どもたちと一緒に出没していた。 今週キムは、そのときに撮った集合写真を初公開! カニエとコートニーが一緒の写真に写っているのも珍しいけれど、そこに子どもたちがほぼ全員加わっている貴重なシーンを披露した。 https://www.instagram.com/p/B59KRS6ANgC/?utm_source=ig_embed ジャングルジムに登っているのはキム、カニエ、コートニー、キムとカニエの子どものノースとセイントとシカゴ。今年5月に生まれたばかりの次男サームはまだジャングルジムには幼すぎたもよう。姿を見せていない。さらにコートニーと彼女の子どもたのメイソン、ペネロペ、レインも! ペネロペがレインの顔を踏んでしまったのかレインが大泣きしているのが確認できる。さらにカニエのいとこのエリカ・ペイジと夫のリッキー・アンダーソンも加わっている。

「マトリックス」第4弾の新キャスト情報

ジョナサン・グロフ(34歳)が、「マトリックス」最新作のキャスト陣に加わった。「アナと雪の女王2」のクリストフ役や「glee/グリー」のジェシー役で知られるジョナサンは、キアヌ・リーブスとキャリー=アン・モスが、それぞれネオとトリニティ役を再び演じるシリーズ第4弾で、ニール・パトリック・ハリス、ジェシカ・ヘンウィック、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世と共演することになったとコライダーが伝えている。 ジョナサン・グロフ 同新作について主演のキアヌは、その内容に関しては口を閉ざしているものの、「非常に野心的なものとなるよ。そうあるべきだろ!」と話し、製作への期待を膨らませている。また、第2弾「マトリックス リローデッド」、第3弾「マトリックス レボリューションズ」にナイオビ役で出演していたジェイダ・ピンケット=スミスが、同作でも続投する見込みであると、デッドラインが以前伝えている。一方で、ニールとジェシカがキャスト陣に加わったことが報道されているが、役柄に関しては明らかにされていない。今のところ、モーフィアス役のローレンス・フィッシュバーンが再登場するかどうかはわかっていないが、若い頃の同キャラクター役についてオーディションを行うとみられている。

アガサ・クリスティ原作の名探偵ポアロが今度はエジプト豪華客船に挑む!

ナイル殺人事件。 ミステリー映画『ナイル殺人事件』(仮題/原題:Death of the Nile)の撮影が英国ロンドン郊外のロングクロス・スタジオ及びエジプトの名所で開始される。 監督・主演はアカデミー賞に5度ノミネートされている、『オリエント急行殺人事件』に続いてケネス・ブラナーが名探偵エルキュール・ポアロを演じる。 共演はアーミー・ハマー(『君の名前で僕を呼んで』)、レティーシャ・ライト(『ブラック・パンサー』)、ガル・ガドット(『ワンダーウーマン』)、トム・ベイトマン(『オリエント急行殺人事件』)、4度のアカデミー賞ノミネートされているアネット・ベニング(『キャプテン・マーベル』)、ローズ・レスリー(「ゲーム・オブ・スローンズ」)、ラッセル・ブランド、アリ・ファザル、ドーン・フレンチ、ジェニファー・サンダース、エマ・マッキーなど。脚本は『オリエント急行殺人事件』に続いてマイケル・グリーン。製作にはリドリー・スコット、マーク・ゴードン、サイモン・キンバーグ、ケネス・ブラナー、ジュディ・ホフランド。製作総指揮にはマシュー・ジェンキンス、ジェームズ・プリチャード。 イギリスの女流作家アガサ・クリスティが 1937年に発表した推理小説「ナイルに死す」は、クリスティの代表作になり、1978年に『ナイル殺人事件』として公開された。 そして、2017年大ヒットとなった『オリエント急行殺人事件』に続き、ケネス・ブラナー演じる名探偵ポアロが今度は豪華客船での密室殺人の謎に挑む。 古代の神秘に溢れるエジプトのナイル川を航行する豪華客船で、巨額の遺産の相続人となった新婚のアメリカ人美女が殺害された事件を解き明かすミステリーの傑作。 「罪への情熱は危険でセクシーだ」と語るケネス・ブラナーは「アガサ・クリスティは心奪われるようなエモーショナルな物語と強烈な犯罪を描き、マイケル・グリーンは再び実を結ぶ脚本を書いた。アーティスティックなコラボレーション、豪華キャストの名演技によりディズニー、フォックスとアガサ・クリスティが結びつき、ミステリーの金字塔を大スクリーンに甦らせる。65mmフィルムを使い、全く新しいエンターテイメントに生まれ変わらせる。」と自信を覗かせる。

待望の続編! 映画『ワンダーウーマン1984』の映像が公開

世界中で大ヒットした映画『ワンダーウーマン』。続編の映像が公開された。 ガル・ガドット(Gal Gadot)、パティ・ジェンキンス(Patty Jenkins) 2017年に公開されたガル・ガドット主演、パティ・ジェンキンス監督の映画『ワンダーウーマン』。それまでシリーズもののヒーロー映画で第1作目の米国興行収入が1位の座に君臨していたのは2002年の『スパイダーマン』。『ワンダーウーマン』はそれを打倒、さらに全世界興行収入記録でも女性監督作品史上第1位に輝くなど数々の記録を作った。そしてついにその続編『ワンダーウーマン1984』の映像が公開された。ワンダーウーマンことプリンセス・ダイアナを演じるのは前作から引き続きガル・ガドット。今回もジェンキンス監督とタッグを組み、圧倒的なアクションを見せている。共演はクリス・パイン、ロビン・ライト、クリステン・ウィグ。 (C) 2019 WARNER BROS. ENT. ALL...

ウィル・スミス、『アラジン』の主演メナ・マスードに「夢をあきらめるな」とエール。

ウィル・スミスが『アラジン』で共演したメナ・マスードに応援メッセージを贈った。 メナ・マスードとウィル・スミス。Photo: Jesse Grant/Getty Images 今年大ヒットを記録した『アラジン』でタイトルロールを演じたメナ・マスードは先日、同作以降にオーディションのチャンスさえも巡ってこないという近況を明かしていたが、大先輩でもあるウィル・スミスは辛抱強さが大事であるとして、夢を諦めないようエールを送った。ウィルはメナの状況について『ピープル』誌のインタビューで問われ、こう答えている。 「この業界っていうのは、人生と同じで難しくできてるんだ。辛くなるように設計されている。だから辛い状況になっているというのは、そういう風にできているからなんだ」「困難は、辛抱強さと頑張り、熱心さ、持続によって乗り越えることができる。だから夢があるなら、そのために深い愛情と集中力をもって毎時間必死に取り組む必要がある」 メナは先日、『アラジン』の公開後に次々と仕事が流れ込んでくると期待していたものの、現実は全く違ったと明かしていた。「これ以上黙っているのに疲れてきちゃったから言うけど、『アラジン』のような作品に出たからと言って、タンポポや薔薇のように花開くとは限らないものなんだ。みんな『数億も稼いでるだろう。オファーが次々と舞い込んできているだろう』って思うかもしれないけど、全然そんなことない。『アラジン』の公開後、一度もオーディションさえ受けさせてもらってないんだ」

Spotlight

Latest Posts

キム・カーダシアン・ウェストのプライベート機、入国管理局から調査される。

キム・カーダシアン・ウェストのプライベート機がロサンゼルス空港で入国管理局から調査を受けたようだ。 キム・カーダシアン・ウェストのプライベート機がロサンゼルス空港で入国管理局から調査を受けたようだ。家族とともにコスタリカで4日間の休暇を過ごしたキムの飛行機がロサンゼルス空港に到着した際、入国管理局職員が機内に犯罪性がないか調査を行ったのだという。 コートニー、クロエ、カイリー・ジェンナーら姉妹とその飛行機に乗っていたキムは、国境監視員らと話をした後、飛行機を降りてくる姿が目撃されたと『ザ・サン』紙は報じている。 その一方でキムの弟として知られるロブ・カーダシアンは、この休暇に誘われなかった事にショックを受けていたようだ。婚約者ブラック・チャイナとの間に生後2か月の娘ドリームちゃんを持つロブは、姉妹たちとの休暇に全く誘われたかったことに傷ついているそうで、ある関係者は「ロブは自身と家族の間に溝が生まれている事を悲しく思っています。姉妹たちは相変わらず家族旅行に出かけ、ロブなしで『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』の撮影も行っていますからね。ロブは姉妹たちによって自身を評価され、人生をコントロールされていると感じています。この状況でロブは孤独感や、家族からの孤立感を感じています」と語る。 その一方で母クリスはいつもロブを休暇に誘うようにしているものの、ロブ自身がカーダシアン&ジェンナー一家から「歓迎されておらず、居心地がよくない」と感じているようだと前述の関係者は続けている。

美しいマタニティフォトも! ビヨンセ、双子妊娠を発表。

ビヨンセ(35)が1日(現地時間)、双子を妊娠したことをインスタグラムで発表した. ビヨンセ(35)が1日(現地時間)、双子を妊娠したことをインスタグラムで発表した。夫ジェイ・Zとの間にブルー・アイビーちゃん(5)を持つビヨンセは、ベールをかぶり膨らんだお腹に手を添えて座る自身のショットに「私達の愛と幸せを共有させていただけたらと思います。2倍の幸運に恵まれています。私達家族が2人増えることに本当に感謝していますし、皆さんの祈りに感謝します。カーター家一同」とコメントを付けた。 このインスタグラムの投稿は、すでに740万以上の「いいね」が集まっており、630万以上の「いいね」数を誇っていたコカコーラを飲んでいるセレーナ・ゴメスの投稿を抜いて同サイト至上最多となる「いいね」数を獲得する快挙を遂げている。 このめでたいニュースの発表を受けて、数々のセレブたちがお祝いメッセージを出している。 リアーナは「このニュースに本当に興奮してる!ビヨンセ、私のビッグ・ブラザー、ジェイ、おめでとう!」とし、モデルのヘイリー・ボールドウィンは「私が妊娠するよりも、ビヨンセの妊娠のほうがもっと嬉しい気がする」とメッセージを贈った。ほかにも、クリッシー・テイゲンやラーバン・コックスらが祝福の言葉を綴っている。 ビヨンセ

ダフト・パンク、第59回グラミー賞授賞式でライブ復帰。

ダフト・パンクが来月12日にロサンゼルスで開催される第59回グラミー賞授賞式でライブ復帰をすることになった。 ダフト・パンクが来月12日にロサンゼルスで開催される第59回グラミー賞授賞式でライブ復帰をすることになった。トーマ・バンガルテルとギ=マニュエル・ド・オメン=クリストからなる同デュオは『スターボーイ』と『アイ・フィール・イット・カミング』のコラボ相手ザ・ウィークエンドとともにステージを飾ることになるという。今回のライブ出演は、2014年のファレル・ウィリアムス、スティーヴィー・ワンダー、ナイル・ロジャースとのコラボ曲『ゲット・ラッキー』でのパフォーマンスぶりとなる。 主催のレコーディング・アカデミーは先月31日、ダフト・パンクのほかにもアリシア・キーズ、フー・ファイターズのデイヴ・グロール、アンダーソン・パーク、ア・トライブ・コールド・クエスト、マレン・モリスの出演を新たに発表した。さまざまなコラボも見られることになるようで、アリシアは最優秀新人賞候補のマレン、そして、ア・トライブ・コールド・クエストはデイヴと最優秀新人賞候補のアンダーソンと共演するという。 さらに以前には、ブルーノ・マーズ、アデル、メタリカ、ジョン・レジェンド、キャリー・アンダーウッド、キース・アーバンとお馴染みのスターたちの出演も発表されている。 一方で、今年のグラミー賞では、参加しない可能性があるアーティストがいるとみられている。 8ノミネートを受けているカニエ・ウェストは通常白人シンガーたちと対抗した際に賞獲得には至らないことを理由に欠席する意向があるとみられている。同じく8ノミネートのドレイクは当日はヨーロッパツアーのため、4ノミネートのジャスティン・ビーバーはグラミー賞が若い世代のアーティストたちにとって適切でないとして欠席する可能性があるようだ。

トランプ大統領「入国禁止令」にアン・ハサウェイら怒りの声

ドナルド・トランプ米大統領がシリア難民の受け入れ停止やイスラム圏7カ国からの入国禁止令に署名したことに対し、アメリカのセレブリティらが“怒りの声”をあげている。   新年の挨拶の投稿を機に「SNSとしばらく距離をおく」としていた女優のアン・ハサウェイ(34)は、現地時間30日に「いまは黙っていられるときではありません」と自身のインスタグラムを突如更新。シリアで空爆を受け重傷を負った少女と、アンネ・フランクを並べた写真を投稿し、「アメリカは、コントロールできない状況によって人生が壊されてしまった人々を受け入れるだけの力を持つ国であるからこそ偉大なのです。(中略)我々は、必要に迫られ入国するひとたちを迎え入れる伝統を続けるべき、もしそれができないのであれば、我々に意味はありません」と、今回の入国禁止例に強い反対の声をあげた。   また、現地29日に行われた全米映画俳優組合賞(SAGアワード)の授賞式では、旧ソビエトウクライナから移民してきた妻を持つ俳優のアシュトン・カッチャー(38)が「空港にいる、私たちアメリカの一員であるみなさん、こんばんは。あなた達はアメリカ社会の一部であり、私たちはあなた達を愛し、歓迎します」と、入国禁止例への皮肉を口にしたと複数の現地メディアが報じている。   その他にも歌手のマドンナ(58)、アリアナ・グランデ(23)、女優のスカーレット・ヨハンソン(32)やエマ・ワトソン(26)らが就任式翌日の“反トランプ・デモ”に参加するなど、セレブリティ界はトランプ大統領の方針に“徹底抗戦”の姿勢を見せている。

クリステン・スチュワート、ステラ・マクスウェルと手つなぎデート!

女優のクリステン・スチュワートが現地時間29日、モデルのステラ・マクスウェルと手をつないでいるところを目撃された。 クリステンとステラは昨年12月に一緒に歩いているところをキャッチされて、熱愛を伝えられることに。そして、そんな2人がカリフォルニア州ブエナパークにあるテーマパーク「ナッツベリーファーム」で手をつないで歩いているところやジェットコースターに乗っているところを写真に収められた。関係者はゴシップ誌「Usウィークリー」にクリステンはシングルになってステラのことをよく知るようになり、ステラのことをとても好きだと話している。 2人は先日イタリアのミラノで目撃され、車の後部座席でキスをしているような写真を撮られていた。また、現地時間30日にはロサンゼルス空港に向かう途中で酒屋に寄ったところを目撃されている。 最近は交際をオープンにしている様子のクリステンとステラ。お互いに忙しいだろうが、頻繁に会っているようだ。

デヴィッド・ベッカム、妻ヴィクトリアとの長い夫婦生活の秘けつとは?

元プロサッカー選手のデヴィッド・ベッカムが、ファッションデザイナーのヴィクトリア・ベッカムとの夫婦生活について語った。 デヴィッドとヴィクトリアは1999年7月4日に結婚し、昨年7月に結婚17周年を迎えた。2人は息子3人と娘1人を授かっている。 そんなデヴィッドは結婚式でヴィクトリアとお揃いのパープルのスーツを着用したことを後悔しているようで、BBCラジオ4の「Desert Island Discs」に「パープルのシルクハットもかぶっていたんだよ」「僕は一体何を考えていたんだろう?」「あの頃はそういうのが流行っていたんだ」とコメント。また、結婚式以来、結婚の誓いを更新する儀式も行ったことがあると明かし、「6人だけが参加したもっとプライベートなものだったよ」と話した。 さらに「僕たちは強い両親がいて、彼らが僕たちに正しい価値観を教えてくれたんだ。もちろん、失敗するし、結婚は難しいっていうのは分かっているよ。取り組んで乗り切ることなんだ」「僕たちにもタフな時はあったよ。でも、僕たちは誰よりもお互いのことをわかっているんだ。僕たちは話すんだよ」「僕たちは愛し合って、4人の素晴らしい子供たちがいるから、ずっと一緒にいるんだ」と語っている。 エンターテインメント界では結婚生活が長続きしないというイメージがあるだけに、長年連れ添うベッカム夫婦はこれからも人々のあこがれのカップルであり続けてほしい

ブルーノ・マーズ、グラミー賞に出演決定!

ブルーノ・マーズが第59回グラミー賞のステージに立つことになった。来月12日にジェームズ・コーデン司会の元、ロサンゼルスのステイプルズ・センターで開催される同式典には、ブルーノのほかにもアデル、メタリカ、ジョン・レジェンド、キャリー・アンダーウッド、キース・アーバンらの出演も決定している。 4度のグラミー賞受賞経験があるブルーノだが、新作『24K・マジック』は昨年の11月18日にリリースされたため、主催者であるザ・レコーディング・アカデミーが定めた2015年10月1日から2016年9月30日という締め切りには間に合わず、今回の式典ではノミネートを受けていない。 しかし「24K マジック・ワールド・ツアー」のチケットを24時間以内で100万枚以上売り上げる大人気を見せているブルーノが同式典へ出演するのは4年ぶりとなることもあり、注目が集まっている。 今回の式典ではビヨンセやエド・シーラン、カニエ・ウェストもパフォーマンスを披露するのではないかと噂されている。

シャイア・ラブーフ、反トランプ活動で逮捕

当選後から続く反トランプ派のデモ活動は、メキシコ国境に壁を建設する大統領令に署名したことを受け、さらに激化の一途を辿っている。女性の権利を訴えるデモには、マドンナやケイティ・ペリー、エマ・ワトソンら有名人も多数参加して話題となった。そんな中、一風変わった反トランプ活動に心血を注いでいる俳優のシャイア・ラブーフが逮捕されたことがわかった。   ラブーフはニューヨークの映像美術館の敷地を拠点に、「He Will Not Divide Us(彼に我々を分断させない)」と銘打った抗議のパフォーミングアートを展開。壁にスローガンを大書し、その前で歌い踊りながら抗議の輪を拡げていくというもので、オンラインでライブ配信も行われている。   25日夜、1人の男性がラブーフに接近し、しがみつきながら「ヒトラーは間違ってない!」と絶叫。ラブーフは彼を突き飛ばして乱闘騒ぎに発展した。映像には収められていないが、ラブーフがこの男性を強く殴ったことが逮捕理由となったという。   26日未明には自己誓約で保釈された。ラブーフは「He Will Not Divide Us」のスローガンを意気軒昂に叫び、タクシーに乗って帰路についた。

ラジー賞に『ズーランダー NO.2』が最多ノミネート

アカデミー賞受賞式の前夜に行われる残念な映画の祭典「ゴールデン・ラズベリー賞(ラジー賞)」。第37回となる今年のノミネーションが発表され、あの人気作の続編が「最低映画」の称号に王手をかけた。   「2016年最低作品賞」をはじめとした9部門にノミネートされたのは『ズーランダー NO.2 』。人気を博した前作『ズーランダー』の15年ぶりの続編ということもあり、期待値が高すぎたのかもしれない。主演・監督・脚本を一手に引き受けた才能溢れるベン・スティラーが、各部門総なめの勢いだ。日本ではDVDスルーだった。   続いて『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』が8部門にノミネート。ベン・アフレックがバットマンを、ヘンリー・カヴィルがスーパーマンを演じ、「二大ヒーローがついに競演!」と話題をさらったが、「暗すぎる」「脚本がダメすぎて話がわかりづらい」など評価は惨憺たるものだった。   ロバート・デ・ニーロ主演のコメディ『ダーティ・グランパ』も6部門の候補に入ってしまった。妻に先立たれたばかりの自由すぎる祖父(ロバート・デニーロ)と、結婚を控えた孫(ザック・エフロン)の下ネタ全開の珍道中を描くロードムービー。本国では笑わせたい意気込みは感じられるものの、行きすぎた下ネタとギャグが空回り気味で痛々しいとの声が多かった。日本では今月公開されたばかりだが、デ・ニーロのはじけぶりが意外と好評のようだ。   主要部門のノミニーを以下に紹介しよう。

Hollywood

舞台は普通の公園 In 東京。キム・カーダシアン、一家集合写真を披露

今月初めに日本を訪れていたキム・カーダシアン。彼女たちが登場すると見慣れた公園もゴージャスに! https://www.instagram.com/p/B51FbXrAK6Z/?utm_source=ig_embed courtesy of Kim Kardashian via Instagram 今月初め、夫のカニエ・ウェスト、姉のコートニー・カーダシアン、そしてそれぞれの子どもたちも引き連れて東京を訪れていたキム・カーダシアン。浅草やお台場の「チームラボ・ボーダーレス」を訪れていたことが確認されているけれど、東京にあるローカルな公園にも子どもたちと一緒に出没していた。 今週キムは、そのときに撮った集合写真を初公開! カニエとコートニーが一緒の写真に写っているのも珍しいけれど、そこに子どもたちがほぼ全員加わっている貴重なシーンを披露した。 https://www.instagram.com/p/B59KRS6ANgC/?utm_source=ig_embed ジャングルジムに登っているのはキム、カニエ、コートニー、キムとカニエの子どものノースとセイントとシカゴ。今年5月に生まれたばかりの次男サームはまだジャングルジムには幼すぎたもよう。姿を見せていない。さらにコートニーと彼女の子どもたのメイソン、ペネロペ、レインも! ペネロペがレインの顔を踏んでしまったのかレインが大泣きしているのが確認できる。さらにカニエのいとこのエリカ・ペイジと夫のリッキー・アンダーソンも加わっている。

「マトリックス」第4弾の新キャスト情報

ジョナサン・グロフ(34歳)が、「マトリックス」最新作のキャスト陣に加わった。「アナと雪の女王2」のクリストフ役や「glee/グリー」のジェシー役で知られるジョナサンは、キアヌ・リーブスとキャリー=アン・モスが、それぞれネオとトリニティ役を再び演じるシリーズ第4弾で、ニール・パトリック・ハリス、ジェシカ・ヘンウィック、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世と共演することになったとコライダーが伝えている。 ジョナサン・グロフ 同新作について主演のキアヌは、その内容に関しては口を閉ざしているものの、「非常に野心的なものとなるよ。そうあるべきだろ!」と話し、製作への期待を膨らませている。また、第2弾「マトリックス リローデッド」、第3弾「マトリックス レボリューションズ」にナイオビ役で出演していたジェイダ・ピンケット=スミスが、同作でも続投する見込みであると、デッドラインが以前伝えている。一方で、ニールとジェシカがキャスト陣に加わったことが報道されているが、役柄に関しては明らかにされていない。今のところ、モーフィアス役のローレンス・フィッシュバーンが再登場するかどうかはわかっていないが、若い頃の同キャラクター役についてオーディションを行うとみられている。

アガサ・クリスティ原作の名探偵ポアロが今度はエジプト豪華客船に挑む!

ナイル殺人事件。 ミステリー映画『ナイル殺人事件』(仮題/原題:Death of the Nile)の撮影が英国ロンドン郊外のロングクロス・スタジオ及びエジプトの名所で開始される。 監督・主演はアカデミー賞に5度ノミネートされている、『オリエント急行殺人事件』に続いてケネス・ブラナーが名探偵エルキュール・ポアロを演じる。 共演はアーミー・ハマー(『君の名前で僕を呼んで』)、レティーシャ・ライト(『ブラック・パンサー』)、ガル・ガドット(『ワンダーウーマン』)、トム・ベイトマン(『オリエント急行殺人事件』)、4度のアカデミー賞ノミネートされているアネット・ベニング(『キャプテン・マーベル』)、ローズ・レスリー(「ゲーム・オブ・スローンズ」)、ラッセル・ブランド、アリ・ファザル、ドーン・フレンチ、ジェニファー・サンダース、エマ・マッキーなど。脚本は『オリエント急行殺人事件』に続いてマイケル・グリーン。製作にはリドリー・スコット、マーク・ゴードン、サイモン・キンバーグ、ケネス・ブラナー、ジュディ・ホフランド。製作総指揮にはマシュー・ジェンキンス、ジェームズ・プリチャード。 イギリスの女流作家アガサ・クリスティが 1937年に発表した推理小説「ナイルに死す」は、クリスティの代表作になり、1978年に『ナイル殺人事件』として公開された。 そして、2017年大ヒットとなった『オリエント急行殺人事件』に続き、ケネス・ブラナー演じる名探偵ポアロが今度は豪華客船での密室殺人の謎に挑む。 古代の神秘に溢れるエジプトのナイル川を航行する豪華客船で、巨額の遺産の相続人となった新婚のアメリカ人美女が殺害された事件を解き明かすミステリーの傑作。 「罪への情熱は危険でセクシーだ」と語るケネス・ブラナーは「アガサ・クリスティは心奪われるようなエモーショナルな物語と強烈な犯罪を描き、マイケル・グリーンは再び実を結ぶ脚本を書いた。アーティスティックなコラボレーション、豪華キャストの名演技によりディズニー、フォックスとアガサ・クリスティが結びつき、ミステリーの金字塔を大スクリーンに甦らせる。65mmフィルムを使い、全く新しいエンターテイメントに生まれ変わらせる。」と自信を覗かせる。

待望の続編! 映画『ワンダーウーマン1984』の映像が公開

世界中で大ヒットした映画『ワンダーウーマン』。続編の映像が公開された。 ガル・ガドット(Gal Gadot)、パティ・ジェンキンス(Patty Jenkins) 2017年に公開されたガル・ガドット主演、パティ・ジェンキンス監督の映画『ワンダーウーマン』。それまでシリーズもののヒーロー映画で第1作目の米国興行収入が1位の座に君臨していたのは2002年の『スパイダーマン』。『ワンダーウーマン』はそれを打倒、さらに全世界興行収入記録でも女性監督作品史上第1位に輝くなど数々の記録を作った。そしてついにその続編『ワンダーウーマン1984』の映像が公開された。ワンダーウーマンことプリンセス・ダイアナを演じるのは前作から引き続きガル・ガドット。今回もジェンキンス監督とタッグを組み、圧倒的なアクションを見せている。共演はクリス・パイン、ロビン・ライト、クリステン・ウィグ。 (C) 2019 WARNER BROS. ENT. ALL...

ウィル・スミス、『アラジン』の主演メナ・マスードに「夢をあきらめるな」とエール。

ウィル・スミスが『アラジン』で共演したメナ・マスードに応援メッセージを贈った。 メナ・マスードとウィル・スミス。Photo: Jesse Grant/Getty Images 今年大ヒットを記録した『アラジン』でタイトルロールを演じたメナ・マスードは先日、同作以降にオーディションのチャンスさえも巡ってこないという近況を明かしていたが、大先輩でもあるウィル・スミスは辛抱強さが大事であるとして、夢を諦めないようエールを送った。ウィルはメナの状況について『ピープル』誌のインタビューで問われ、こう答えている。 「この業界っていうのは、人生と同じで難しくできてるんだ。辛くなるように設計されている。だから辛い状況になっているというのは、そういう風にできているからなんだ」「困難は、辛抱強さと頑張り、熱心さ、持続によって乗り越えることができる。だから夢があるなら、そのために深い愛情と集中力をもって毎時間必死に取り組む必要がある」 メナは先日、『アラジン』の公開後に次々と仕事が流れ込んでくると期待していたものの、現実は全く違ったと明かしていた。「これ以上黙っているのに疲れてきちゃったから言うけど、『アラジン』のような作品に出たからと言って、タンポポや薔薇のように花開くとは限らないものなんだ。みんな『数億も稼いでるだろう。オファーが次々と舞い込んできているだろう』って思うかもしれないけど、全然そんなことない。『アラジン』の公開後、一度もオーディションさえ受けさせてもらってないんだ」

「ラ・ラ・ランド」主演女優が婚約

エマ・ストーン 16年に公開された映画「ラ・ラ・ランド」でアカデミー賞主演女優賞を受賞した米女優エマ・ストーン(31)が、米脚本家のデイブ・マッカリー氏(34)と婚約した。 マッカリー氏が5日、インスタグラムで発表した。左手薬指に婚約指輪をはめたエマとのツーショットのセルフィーを投稿したもの。指輪がフォーカスされていて、2人はとびきりの笑顔を見せている。 エマが2016年12月にNBCの深夜バラエティー番組「サタデー・ナイト・ライブ」に出演した際に知り合い、17年から交際に発展していた。マッカリー氏は同番組の主任ディレクターであり、構成作家。

007シリーズ最新作!! シリーズ史上最も危険な悪役がヴェールを脱ぐ!!

全世界待望の「007」シリーズ25作目で、前作『007 スペクター』から実に5年ぶり最新作となる『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が、2020年4月10日(金)から全国公開されることが決定。あわせて、本作初となる待望の予告編映像が≪全世界で一斉に解禁≫となりました。 ダニエル・クレイグ。 本作は前作から引き続きジェームズ・ボンド役はダニエル・クレイグが務めます。製作陣からは「007」シリーズを牽引してきたバーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソンらが参加。監督は新たに日系人で、ドラマ『ビースト・オブ・ノー・ネーション』のキャリー・フクナガ監督。 さらに2019年に『ボヘミアン・ラプソディ』でアカデミー賞主演男優賞を受賞した実力派俳優ラミ・マレックが悪役として抜擢されたことが発表され大きな話題を呼びました。加えて、レア・セドゥ、ラシャーナ・リンチ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、ビリー・マグヌッセン、アナ・デ・アルマス、ロリー・キニア、ダーヴィッド・デンシック、ダリ・ベンサーラ、ジェフリー・ライト、そしてレイフ・ファインズらシリーズ続投の出演者に加え、フレッシュな顔ぶれ含め豪華キャストが出演します。 本作「初の映像」となる予告編映像が全世界解禁    「初の金髪ジェームズ・ボンド」としてキャスティングされたダニエル・クレイグ。本作は、彼にとって5作目であり「最後のボンド」になるかもしれないと海外で報道されている中、解禁された予告映像には、『ボヘミアン・ラプソディ』で第91回アカデミー賞主演男優賞を受賞したラミ・マレックが演じる≪シリーズ史上一番“ヤバい”敵≫の姿が!