Home ニュース ヘンリー王子とメーガン妃、今後は称号を使用せず。自宅改装費は返済へ。

ヘンリー王子とメーガン妃、今後は称号を使用せず。自宅改装費は返済へ。

-

ヘンリー王子とメーガン妃は春以降、王室メンバーとして公務を行わず、称号を使用しないという。

ヘンリー王子とメーガン妃 Prince Henry and Princess Meghan
2017年11月27日に婚約を発表したヘンリー王子、メーガン妃。Photo: Shutterstock/AFLO

英国王室が1月18日(現地時間)、ヘンリー王子とメーガン妃は今後、王族への敬称であるロイヤルハイネス(殿下・妃殿下)の称号を使用しないことを発表した。2020年春以降は、完全に公務から引退する。また公金の王室助成金は受け取らず、昨年に改装をしたイギリスでの住居フロッグモア・コテージの改装費を返還する意向だという。ただ夫妻の警備についての詳細は、コメントを控えるとしている。

エリザベス女王は1月13日(現地時間)に家族協議の結果、ヘンリー王子とメーガン妃の主要メンバーから退き、経済的に独立する決定を全面的に支持するとして、「王室メンバーとしてフルタイムで公務を行うほうが望ましいと思っていますが、家族の大切な一員であり続ける一方、より独立した生活を送りたいという2人の願いを尊重し、理解しています」との声明を発表。ウィンザーにあるロッグモア・コテージの修復には、税金から240万ポンド(約3億5500万円)が支払われていた。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Must Read

ソフィア・リッチーとスコット・ディシック Sofia Ritchie and Scott Disick

ソフィア・リッチーとスコット・ディシックが破局

0
先週、破局ではなく距離をおいているだけだと報じられたソフィア・リッチー(21)とスコット・ディシック(37)。ところが、米誌『Us』が2人の破局を報じました。 26日が誕生日だったスコットは、ユタ州のグランドサークルにある高級リゾートホテル「アマンギリ」に、元パートナーのコートニー・カーダシアン(41)と3人の子供たちメイソン(10)、ペネロペ(7)、レイン(5歳)と一緒に滞在。そこにソフィアの姿はなかったと『Us』は伝えています。 Sofia Richie Instagram スコットは5月初旬にコロラド州のリハビリ施設に入所。ところが、施設内での自身の写真が流出したことから、入所後数時間で施設をチェックアウトしたそう。当初、リハビリ施設にはアルコールや薬物の依存症治療のために入所したと報じられましたが、情報筋によると、スコットは2013年、14年と続けて両親を亡くしたことなど、”過去のトラウマ”の治療を望んでいたのだとか。 また、別の情報筋によると、スコットは新型コロナウイルスの感染拡大のなかでの自主隔離生活に苦労していたのだそう。