Home ニュース メーガン妃、国際女性デーを祝して高校生にスピーチ。

メーガン妃、国際女性デーを祝して高校生にスピーチ。

-

メーガン妃は国際女性デーの数日前、ある高校をサプライズ訪問していたという。

メーガン妃 Princess Meghan
メーガン妃。Photo: Ben Stansall-WPA Pool/Getty Images

メーガン妃は3月8日の国際女性デーに先駆けて3月6日(現地時間)、ロンドン東部のダゲナムにあるロバート・クラック・アッパー・スクールをサプライズ訪問した。ダゲナムは、1968年に自動車会社フォードの工場に勤める女性たちが、男女同一賃金を求めてストライキを起こした町として知られる。これがきっかけとなり、英国で1970年に男女の同一賃金法が制定された。

際女性デー International Women's Day
際女性デー。Photo: Ben Stansall-WPA Pool/Getty Images

メーガン妃は高校生に向けてスピーチを行い、「あなたが自分自身をどんなに小さく思えても、どんな立場であっても、どの人種であっても、どの性別であっても、正しいことをするために声を上げる権利がある」と訴えたという。また、国際女性デーを主催する団体「IWD」が提唱しているEach For Equal のポーズを生徒たちとともに披露し、記念撮影を行った。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Must Read

ジェシカ・チャステイン Jessica Chastain

ジェシカ・チャステイン、『ドクター・ストレンジ』の出演オファーを断っていた。

0
ジェシカ・チャステインは『ドクター・ストレンジ』への出演依頼を断っていたそうだ。 ジェシカ・チャステイン。Photo: Eamonn M. McCormack/Getty Images ジェシカ・チャステインは、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)でスーパーヒーロー役を演じたかったため、『ドクター・ストレンジ』(16)への出演オファーを断っていたという。ベネディクト・カンバーバッチがタイトルロールを演じた本作の原案・脚本を担った一人、C・ロバート・カーギルによると、スコット・デリクソン監督はストレンジの元恋人クリスティーン・パーマー役にジェシカを希望していたそうだ。 だが、ジェシカはその役を受けてしまうと将来的にMCUでスーパーヒーローを演じることが出来ないと考え、オファーを断ったという。その結果、クリスティーン役は最終的にレイチェル・マクアダムスのもとへ渡っている。ポッドキャスト『ジャンクフード・シネマ』でカーギルはこう明かした。 「面白いことにハリウッドでは男優同様、女優の多くもスーパーヒーロー役を演じたいと思っています。スコットもその状況に立たされました。『ドクター・ストレンジ』への出演話をジェシカ・チャステインに持ち掛けましたが、『この作品は凄いものになりそうだし、出演してみたいとも思う。でもマーベル作品では、マーベルキャラクターになるチャンスは1度しかない。私はバレエで鍛えたし、本当にケープを着てみたい』って言われたんです。最もクールな断り方でしたね。彼女はスーパーヒーローになりたかった。ドクターのお相手ではなくてね」