Homeニュース“悲しみのプリンセス”シャルレーヌ妃、結婚10周年記念日を家族と離れ一人異国の地で迎える

“悲しみのプリンセス”シャルレーヌ妃、結婚10周年記念日を家族と離れ一人異国の地で迎える

-

7月1日、モナコ公国アルベール大公(63)とシャルレーヌ妃(43)が結婚10周年を迎えた。10年前、一説には7500万ドル(約83億円)を費やし、2日間にわたって華々しく行われた2人の結婚式。数年にわたる交際の末に迎えたハッピーエンドに世界中の王室ファンが歓喜し、祝福した。故グレース・ケリーの息子であり世界で一番裕福な王室の大公と、身長177cmの美しい水泳選手の結婚式はまるで現代のおとぎ話のようであった。結婚から3年後の2014年、美しい男女の双子を授かり今では6歳に成長した。まさに順風満帆にしか見えなかったモナコ公国一家。しかし、愛すべき夫や双子の子供達から数千マイル離れた異国の地で10周年の日を迎えたシャルレーヌ妃が、少なくとも1か月以上、長ければ3月に南アフリカでの行事に出席して以来、モナコには戻ってはいないのではないかと『Page Six』などが伝えている。

シャルレーヌ妃は1978年にローデシア(現在のジンバブエ)のブラワヨ(Bulawayo)で広告コピーの営業マンだったマイケル・ウィットストック氏(Michael Wittstock)と、その妻で元飛込競技選手でありコーチでもあったリネットさん(Lynette)と間に生を受けた。1989年に一家は南アフリカに引っ越し、彼女はこの地で長いこと水泳選手としての競技生活を送り、2000年のシドニーオリンピックの競泳女子4×100メートルメドレーリレーでは5位入賞を果たしている。

この年、アルベール大公とシャルレーヌ妃は出会った。しかし2人が交際を公にしたのは、それから6年後のことである。

アルベール大公は2005年3月摂政に就任、翌月に父レーニエ3世の薨去に伴い即位したが、この間彼の人生は激動することになる。2人の非嫡出子を認知するに至ったからだ。エールフランスのフライトで大公と出会ったというトンゴ出身の客室乗務員ニコール・コステさん(Nicole Coste)の息子アレクサンドルさん(Alexandre)と、米カリフォルニアに住む元ウェイトレスでリビエラでの休暇中に大公と出会ったというタマラ・ロトロさん(Tamara Rotoro)の娘で1992年に生まれたジャズミン・グレースさん(Jasmin Grace)の2人である。

現在17歳のアレクサンドルさんと29歳のジャズミンさんは双方とも父である大公の支援を受け、父の姓であるグリマルディ(Grimaldi)を使用しているが、王位継承権は付与されていない。

そして昨年12月、34歳の女性が2006年に生まれた15歳の娘がアルベール大公との情熱的な情事の末に生まれた子であるとし、アルベール大公のDNA鑑定が可能かどうかなどについて今年9月に審問が行われると言われている。この女の子が本当にアルベール大公の娘であるならば、彼女の母であるブラジル人女性とアルベール大公との逢瀬はシャルレーヌ妃が既に大公と交際していた時期と重複する。

このニュースが報じられた後、モナコの宮殿で伝統的に行われているクリスマスツリーのセレモニーに大公と息子ジャック公子(Jacques)とともに現れたシャルレーヌ妃は、片側を刈上げ、残りの髪の毛は厚く反対側へ流して盛った髪型、濃いアイラインを引いたメイク、黒いタートルネックの上にディオールの派手なカーディガンを着て登場し、集まった人々や取材陣の度肝を抜いた。

王室と近い関係にあり、モナコの長年の住人は『The Post』にこのように語っていた。

「彼女が髪を切ったのはこのこと(3番目の非嫡出子疑惑)を知った当日だったの。このニュースが―少なくとも彼女にとってはどれだけ酷いもので、彼女がどれだけ傷ついたかを大公と国民に知らしめるために意図的に取った過激な行動よね。」

だが当時シャルレーヌ妃は、少なくとも字面では夫をサポートするスタンスを表明していた。『Point of Vue magazine』の取材に「夫は何か問題があるときには私に話してくれます。それがどんなことであれ、私は夫を1000%支持します。夫が何をしても、良いときも悪いときも、いつも傍らで支えていきます』と答えている。

モナコ国民がこの気が滅入りそうな状況に置かれたシャルレーヌ妃に同情的かというと、そうでもないようだ。シャルレーヌ妃は公の場で笑顔を見せることは滅多になく、「悲しみのプリンセス」と揶揄されてきた。アルベール大公の母でアカデミー賞を受賞、精気に溢れ洗練されたグレース・ケリーの冴えない、覇気の無い版とも言われており、もう一人のモナコの長年の居住者は彼女に手厳しい。

「彼女と話してみたことある? 彼女は何も動かせないの。笑うこともできないし、感情を出すこともできない。全ての面において氷の冷たさなの。ケイト(英キャサリン妃)と比べたら人間ですらない。」

しかし、もちろんシャルレーヌ妃の支持者もいる。シャルレーヌ妃が大胆に髪の毛を切ったり、長い間モナコを離れたりするのは、逆にシャルレーヌ妃がどれだけアルベール大公を想っているかの表れであり、言われているほど、冷たくて感情がない人では無いと言う。

「もしシャルレーヌ妃に大公への気持ちがなければこういう行動を取らないと思う。ショパールでネックレスでも買って、おあいこにするんじゃないかしら。彼女は見かけ以上のものを持っていると思うわ」と語った。

公室関係者も「シャルレーヌ妃は本当にミステリアスだ」と同調したうえで、「彼女に今何が起きているにしても、未来永劫モナコに戻らないわけではないと思う。妃は子供達そして夫を愛していると思うし、戻ってくると思う」と話したと伝えられている。

モナコ公室はシャルレーヌ妃が現在耳鼻咽喉科の感染症に冒されており、故郷の南アフリカにて期限を定めずに必要な治療を受けることとなったと声明を発表した。それによれば、妃のメディカルチームから状態が安定するまでは帰国を勧めないとアドバイスされたとのことだ。

実は、結婚記念日の前月である6月にアルベール大公と子供達は南アフリカを訪れ、シャルレーヌ妃の弟とその子供達とサファリパークで楽しいひとときを過ごしている。シャルレーヌ妃は「アルバートや子供達と毎日会話することで良い気分を保っていますが、会えなくてとても寂しくもあります。彼らが南アフリカに来てくれたのは幸運だったと思いますし、会えて本当に嬉しかったです。早くまた会いたくて仕方ありません」とコメントを発表。アルベール大公は子供達が母親に会えるよう、近いうちに再度南アフリカを訪れる予定だとしている。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here