“フレームの女王”白石聖 ホラー界の巨匠による作品に挑戦

0
271
白石聖 Sei Shiraishi
白石聖
白石聖  Sei Shiraishi
白石聖

「原作はポルターガイスト的なことがたくさん起こるので、実写化はどう作るのか想像がつきませんでした。でも中田監督がわかりやすくレクチャーしてくださったので、撮影が始まってからの不安はありませんでした」

ドラマ『恐怖新聞』(東海テレビ・フジテレビ系にて土曜23時40分〜)で事件を予告する新聞を受け取り、周りで次々と起こる殺人事件におびえるヒロイン・小野田詩弦を演じている白石聖(22)。原作は’70年代オカルトブームの火付け役となった、つのだじろうの漫画『恐怖新聞』。今回はホラー界の巨匠・中田秀夫監督によってドラマ化された。

「女子高生が目の前で転落死したり、父親が事故に遭って死ぬ直前に『すべてお前が生まれたせいだ』と驚く言葉を遺していったり、大好きな母からも『お父さんが死んだのは詩弦のせい』と拒絶され、演技とはいえ、詩弦がかわいそうでつらくて、自然と感情が高まりました」

衝撃的なシーンの連続で、恐怖に震えたり、悲しみの場面で毎回涙を流したり、要求以上の演技を見せた白石。その演技力は、中田監督からは「フレームの女王」と絶賛されるほどだ。

「そんなふうに言っていただけるなんてとてもありがたいです。中田監督は、死体が出てくるシーンやゾクゾクッとする場面も楽しまれているようで、撮影中、笑顔が多かったですね(笑)。私の服に血のりをつけるときも、監督自らつけてくださったりして、気合が入っていました」

「女性自身」2020年9月22日 掲載

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here