Home ニュース 上級国民発言? イヴァンカ・トランプ大統領補佐官、「自宅待機中はボードゲームで遊んでました

上級国民発言? イヴァンカ・トランプ大統領補佐官、「自宅待機中はボードゲームで遊んでました

-

イヴァンカ・トランプ(Ivanka Trump)

来月初めに行われる大統領選挙に向けて選挙活動中のドナルド・トランプ大統領。今週初め、ミシガン州で支持者の集会が開催された。トランプ大統領の集会といえばマスク着用率の低さと人口密度の高さで批判を集めがち。でも今回は娘のイヴァンカ・トランプの発言が顰蹙を買っている。

イヴァンカは感染症拡大を防ぐための自宅待機期間中を振り返って「私たちの多くがパンデミック中、生活の中にあるシンプルな喜びを改めて実感しました。例えばボードゲームです。私たち家族もまさに持っているボードゲームを引っ張り出しました」。

さらにイヴァンカは「私はギターを習い始めました。夫がとても夜遅くまで働いているから」「家に帰ってきて子どもたちを寝かしつけた後ネットを見て仕事を終わらせてから、ゆっくり座ってギターの弾き方を独学しました。今もしているんです」。

この外出自粛&規制期間中に世界中でボードゲームの人気が再燃、YouTubeを見て楽器を自学自習する人が増えた。でもそれは政府に「家の中にいるように」と言われたから。感染者数も死者数も失業者数も増加し続けるアメリカで、対応すべき大統領補佐官が「ボードゲームをしてました」と発言したことに批判が殺到している。Twitterにはリモートワークと育児を両立しなくてはいけない親たち、失業して食糧の確保にも困っている人たちから「優雅でいい」「リラックスできていいね」という皮肉まじりのコメントが。「空気が読めてない」「実態が把握できてない」という非難の声も書き込まれている。中には「いいね! ニューヨークでは2万4,000人が亡くなってるのに」と厳しく指摘する人も。

ドナルド・トランプ(Donald Trump)、イヴァンカ・トランプ(Ivanka Trump)

今回の大統領選挙ではトランプ大統領のコロナ政策も論点になっている。イヴァンカのこの発言も政権の姿勢を示す一例としてまだまだ注目を集めそう。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Latest Posts

Instagram