Home ニュース ノルウェーのマッタ・ルイーセ王女と交際中のシャーマン、「前世はエジプトの女王と国王だった」

ノルウェーのマッタ・ルイーセ王女と交際中のシャーマン、「前世はエジプトの女王と国王だった」

-

今年5月にセレブ御用達のスピリチュアルガイドとの交際を発表したノルウェーのマッタ・ルイーセ王女。交際相手がインタビューで王女に対する思いを語っている。

View this post on Instagram

There is a grace and beauty about life when you fall in love. Something softens in you that's unspeakable, however felt in the very depth of your soul. Then your eyes see more clearly yourself and everyone else with the same reflection the heart feels. To be loved or not to be loved for I'd rather be loved unconditionally then not to be loved at all. This is what I feel from @princessmarthalouise, pure acceptance of my multidimensional self. Not just the Shaman, however the woman in me, the strong man in me, the little boy, ET, the jaguar, the scientist and the angel and more. All loved by this Goddess, who I honor and worship. Where I can cry in her arms when I'm sad or hurt and laugh about life and its many complexities. A strong woman who lets me be me without judgement or confinement. I'm free when I'm with her, free to be me and love a women who is a bright light of wisdom and profound grace and immense beauty. Happy Mothers Day powerful women of the world. I honor you and your devotion to life. Thank you @dhendersonphoto

A post shared by Shaman Durek (@shamandurek) on

courtesy of Shaman Durek via Instagram

ノルウェー王ハーラル5世と王妃ソニアを両親に持つノルウェーのマッタ・ルイーセ王女。現在アメリカ出身のスピリチュアルガイドのデュレク・ヴェレット、通称シャーマン・デュレクと交際中である。ちなみにデュレクはグウィネス・パルトロウやニーナ・ドブレフをクライアントに持っていて、「親子代々シャーマン。自分は 6代目」と言っている。

雑誌『ピープル』のインタビューに答えたデュレク。「私と王女は地球に対して同じ波長の愛を抱いている。これには何ものにも代え難い価値がある」と王女との関係について語った。王女とは共通の友達の紹介で出会ったという。「彼女は部屋に入ってきて『私はあなたを覚えているわ。あなたを知っている』と言ったんだ。私は『ええ、私たちはずっとずっと前からお互いを知っていたのです』と答えた。思わずその言葉が口から出てきたんだ」。デュレク曰く「前世で私と王女はエジプトで暮らしていた。彼女はクイーンで私はファラオだった」。

「シャーマン」という肩書きとこれらの発言のせいで、ノルウェー国民からは交際に対する戸惑いや反対の声も。でもデュレクは「批判する人に対する悪口は言わない」とコメント。「私に対して『それは現実ではない』という人は、意識の幅と可能性を意識する能力を狭めている。物事を1つの角度からしか見ていない」と語っている。

courtesy of Princess Märtha Louise via Instagram

ちなみに王女とデュレクは今年「王女とシャーマン」という講演ツアーを行っていたけれど、ノルウェー国民から「王女」という称号をお金儲けのために利用しているという批判の声が浮上! そのため王女はSNSで声明を発表、「公務のときには王女という称号をつけるけれど、商業的な目的では使わない」と説明していた。今回のインタビューでデュレクは「これからも自分たちのメッセージを伝えるためにこのようなツアーをしたい」と発言している。

インスタグラムでも度々2ショットを披露、ラブラブぶりをアピールしている王女とシャーマン。世界のロイヤルの中でも1、2を争う個性派カップルがこれからどんな展開を見せるのか楽しみにしたい。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Must Read

ジェシカ・チャステイン Jessica Chastain

ジェシカ・チャステイン、『ドクター・ストレンジ』の出演オファーを断っていた。

0
ジェシカ・チャステインは『ドクター・ストレンジ』への出演依頼を断っていたそうだ。 ジェシカ・チャステイン。Photo: Eamonn M. McCormack/Getty Images ジェシカ・チャステインは、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)でスーパーヒーロー役を演じたかったため、『ドクター・ストレンジ』(16)への出演オファーを断っていたという。ベネディクト・カンバーバッチがタイトルロールを演じた本作の原案・脚本を担った一人、C・ロバート・カーギルによると、スコット・デリクソン監督はストレンジの元恋人クリスティーン・パーマー役にジェシカを希望していたそうだ。 だが、ジェシカはその役を受けてしまうと将来的にMCUでスーパーヒーローを演じることが出来ないと考え、オファーを断ったという。その結果、クリスティーン役は最終的にレイチェル・マクアダムスのもとへ渡っている。ポッドキャスト『ジャンクフード・シネマ』でカーギルはこう明かした。 「面白いことにハリウッドでは男優同様、女優の多くもスーパーヒーロー役を演じたいと思っています。スコットもその状況に立たされました。『ドクター・ストレンジ』への出演話をジェシカ・チャステインに持ち掛けましたが、『この作品は凄いものになりそうだし、出演してみたいとも思う。でもマーベル作品では、マーベルキャラクターになるチャンスは1度しかない。私はバレエで鍛えたし、本当にケープを着てみたい』って言われたんです。最もクールな断り方でしたね。彼女はスーパーヒーローになりたかった。ドクターのお相手ではなくてね」