Homeニュース『イカゲーム』チョン・ホヨン、ブラピ所属の米エージェンシーと契約

『イカゲーム』チョン・ホヨン、ブラピ所属の米エージェンシーと契約

-

Netflixオリジナルドラマ『イカゲーム』でカン・セビョク役を演じたチョン・ホヨン。Instagramのフォロワーが2,360万人を突破し、韓国出身女優でフォロワー数1位を記録するなど大ブレイクを果たした彼女が、アメリカ最大規模の「クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー(CAA)」と契約したことが明らかに!

関連記事:『イカゲーム』で大ブレイク!新スター「チョン・ホヨン」の魅力

11月18日(現地時間)、CAAはInstagramの公式アカウントを通して、ホヨンと契約を締結したことを公表。

CAAは、ブラット・ピットやビヨンセ、カーディ・B、ジャスティン・ビーバーらが所属するアメリカ最大規模を誇るエンターテイメント&スポーツエージェンシー。今年に入り、K-POPからは、4人組ガールズグループ・aespa、GOT7出身のマークとも契約を交わしている。

韓国メディアの報道によると、韓国の所属事務所・サラムエンターテインメントも「世界を舞台にグローバルな活動を続けていくチョン・ホヨンに多くの関心と応援をお願いします」とコメントを発表

ホヨンは、2010年にモデルデビュー後、パリ、ニューヨーク、ミラノなど世界のファッションショーで活躍。「ルイ・ヴィトン」や「シャネル」などのランウェイを歩き、2018年に「世界のトップモデル50人」にも選ばれた実力派としても知られている。

1カ月で全世界1億4000万世帯が視聴する大ヒットを記録した『イカゲーム』で華々しく女優デビューを飾り、最近では「ルイ・ヴィトン」のグローバルアンバサダーに起用されたばかり。

CAAとの契約をきっかけに、次はハリウッドで活躍する日が来るかも!?

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here