Home ニュース スター歌姫、謎の新恋人と新曲MVでまさかのラブラブ披露

スター歌姫、謎の新恋人と新曲MVでまさかのラブラブ披露

-

これまでほぼ恋人が途切れることがなかった恋多き歌姫アリアナ・グランデ。ただここ数年は、元カレが急死したり、婚約していたコメディアンとスピード破局したりとつらい経験も多く、「もう恋なんてしない」宣言したことも……。一時は恋を封印していたアリアナだが、このたびリリースされた新曲のミュージックビデオの中で、新恋人をお披露目したようだ。

◆交際が噂されていた“謎の男性”がMVに登場

アリアナ・グランデ Ariana Grande
アリアナ・グランデ

ジャスティン・ビーバーとコラボしたチャリティソング『スタック・ウィズ・ユー』を今月発表したアリアナ。同曲のMVには、募集で選ばれた人々が登場し、それぞれが大切な人と共に隔離生活を送る様子が映像におさめられている。

また故郷のカナダで自主隔離生活を送るジャスティンも、妻のヘイリーと共に登場している。

そしてMVの終盤では、自宅のベッドルームらしき場所で一人の男性と向き合うアリアナの姿が。映像ではこの男性と抱き合ったり、キスしたりとアツアツなムードで、2人が交際していることは一目瞭然だ。

では、今回アリアナのハートを射止めた男性とはどんな人物なのか?

◆共演者キラーで知られるアリアナだが、今回は……

お相手の男性は、高級不動産を扱うエージェントであるダルトン・ゴメス氏。実はアリアナ、2月にバーで謎の男性とキスしている姿を動画に収められ、3月になってその相手がダルトン氏であったことが発覚していた。

2人が交際をスタートさせたのは、今年の1月だと言われている。

アリアナとジャスティン Ariana and Justin
アリアナとジャスティン

Music video official! Ariana Grande just confirmed suspicions that she was dating Dalton Gomez, in her new music video “Stuck With U.” https://t.co/0vkIoDNud8
— E! News (@enews)
May 8, 2020
from Twitter

ロサンゼルスの高級物件を取り扱うダルトン氏は、マイリー・サイラスといった人気ミュージシャンのグループと一緒に遊んでいる姿を目撃されるなど、有名人の友人が多いようだ。

アリアナといえば、共演したアーティストなどと交際することが多かったが、今回のお相手は同業者ではない模様。世界的歌姫と一般人男性が、どこでどんなふうに出会ったのか気になるが、ダルトン氏に有名人の知り合いが多いということなら、何となく納得もいく。

そんな2人の交際を公にすることになった新曲『スタック・ウィズ・ユー』。アリアナとジャスティンという2大スターのコラボはかなり話題になっていたが、アリアナが新恋人をお披露目したことで、ますます大きな注目を集めそうだ

同曲の収益金は、新型コロナウイルスが猛威を振るう中、最前線でたたかう医療従事者や救急救命士、警察や消防隊員などの子供たちを支援する慈善団体「ファースト・リスポンダーズ・チルドレンズ・ファウンデーション」へ寄付されるという。

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

Must Read

リア・ミシェル Lea Michele

黒人男性の死に抗議するセレブたち。人種差別を逆告発される女優も

0
黒人男性のジョージ・フロイドさんが、白人警官により数分間にわたり膝で首を圧迫され死亡した事件をきっかけに、各地で抗議活動が広がっている。多くの人が街に出てデモを行うなか、米音楽業界は2日火曜日、人種差別反対の意思を示すためストライキを決行した。一方、多くのセレブたちが自らデモに参加したり、SNSに連帯を表明するなか、一部の黒人俳優が「自分も差別を受けた」と共演女優を告発する事態も起きている。 ◆有名ミュージシャンにアスリートも……SNSが黒く染まった日 https://www.instagram.com/p/CA5mXclnEiC/?utm_source=ig_embed ヘイトクライムにより犠牲になる黒人市民が後を絶たないアメリカ。今回のフロイドさんの事件を受け、米音楽業界幹部は「人種差別撤廃のために何ができるかじっくり考えながら学ぶ時間にしてほしい」とストライキを呼びかけた。 「Black Out Tuesday(ブラック・アウト・チューズデイ)」と称したこのストライキは、2日火曜日に行われた。これに参加した音楽業界の関係者たちは、通常のビジネスを中断し、ネット上のコンテンツを黒塗りにするなどして、人種差別撤廃運動への連帯を表明した。 ストライキには、ビリー・アイリッシュ、ザ・ローリング・ストーンズ、ブリトニー・スピアーズをはじめ、数々のアーティスト達が賛同した。