Homeニューステイラー・スウィフト、ダイアナ元妃のリベンジ(復讐)ドレスをオマージュ? 音源を売却したプロデューサーに対するメッセージか

テイラー・スウィフト、ダイアナ元妃のリベンジ(復讐)ドレスをオマージュ? 音源を売却したプロデューサーに対するメッセージか

-

2021年11月12日(現地時間)に、新アルバム『Red(Taylor’s Version)』をリリースしたテイラー・スウィフト(31)。アルバムのPRでテレビ番組に出演した際の衣装が、かつて故ダイアナ元妃(享年36)が着用したリベンジ(復讐)ドレスに似ているとネットで話題に! テイラーの音源を売却した音楽プロデューサーのスクーター・ブラウン(40)に対するメッセージでは?と噂になっている。

Photo:Instagram(taylorswift)

2021年11月12日(現地時間)、米トーク番組『Late Night with Seth Meyers』に出演したテイラー。

黒いオフショルダーのミニドレスで登場し、美しいデコルテと美脚を披露した。

Photo:Instagram(taylorswift)

『Red』のオリジナル盤は2012年にリリースされたが、レコード会社を買収したスクーターが2019年、その権利をテイラーの過去の楽曲とともに投資会社に売却。そのためテイラーは、過去の楽曲を自身でレコーディングしなおして再リリースすることに。今年5月には、2008年にリリースしたセカンドアルバムの新バージョン『Fearless(Taylor’s Version)』を発売していた。

Photo:YouTube(Late Night with Seth Meyers)

前作に引き続き再リリースとなった因縁のあるアルバムだけに、テイラーの言動に注目が集まっていたが、ファンやメディアの関心はこの日テイラーが着用していた衣装に集中! 黒いオフショルダーのミニドレスが、かつてイギリス王室のダイアナ元妃が着用したドレスに似ているという指摘が続出した。

Photo:YouTube(Late Night with Seth Meyers)

そのドレスとは、ダイアナ元妃が夫のチャールズ皇太子(73)とカミラ夫人(74)の不倫報道がでた直後のパーティで着用したもの。王室ファッションとしては珍しい肌の露出の多い大胆なデザインが大きな話題を呼んだ。

Photo:Getty Images

報道を知ってパーティ直前に衣装を替えたと言われるダイアナ元妃。「チャールズ皇太子への当てつけの意味があるのでは?」などの憶測から「リベンジ(復讐)・ドレス」と名付けられ、今も語り継がれている。

Photo:YouTube(Late Night with Seth Meyers)

テイラーといえば、失恋ソングの歌詞に相手を彷彿とさせるキーワードを盛り込んだり、ミュージックビデオの背景や衣装にも様々なメッセージを込めることで有名。そんな性格をよく知るファンの指摘とだけあって信ぴょう性は高そうだが、テイラー本人は「単純にあのドレスが気に入っただけ」と否定しているそう。

先日、イギリス王室の裏側を描いたNetflixドラマ『ザ・クラウン』シーズン5の撮影風景がパパラッチされ、リベンジ・ドレスを描いたシーンが含まれることが話題に上がったばかり。そんなベストタイミングを含め、ただの偶然とは考えにくい!?

>>テイラー・スウィフト、過去のアルバムの所有権を奪われ激怒! ジャスティン・ビーバーも加わり大騒動に発展

>>テイラー・スウィフト、密かに結婚していた!? ウェディングドレス姿にファンの憶測が広がる

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here