Homeニュース小池徹平 舞台続々成功の裏にある「ストイックな体力づくり」

小池徹平 舞台続々成功の裏にある「ストイックな体力づくり」

-

「舞台装置も前回とまったく違うもので、同じ演目とは思えないくらい進化した演出になっているんです。コロナ禍の逆境を利用して、LEDを使った場面もあって、新時代の演出が新鮮でしたね!」

そう語るのは、約3年ぶりの再演となる舞台『魔界転生』(愛知公演/4月7日〜11日、刈谷市総合文化センターにて。福岡公演/4月16日〜28日、博多座にて。東京公演/5月4日〜28日、明治座にて。大阪公演/6月2日〜10日、新歌舞伎座にて)で、新キャストとして天草四郎を演じる小池徹平(35)。

物語は、魔界の力で蘇った「島原の乱」の首謀者・天草四郎が、歴史に残る剣豪を次々と蘇らせ、幕府への復讐を企てていくというストーリーだ。

「稽古の前に、堤(幸彦)監督と天草四郎のゆかりの地を見に行ったんです。学生のときに習って、ひととおりのことは知っていたんですけど。あらためて、江戸時代初期って、知れば知るほど興味深い時代だったんだなと実感しました」

現地を巡るなかで、天草四郎という人物を深く理解できたという。

「ただただ若くして亡くなった子どもではないんだなって感じたんです。真っすぐというかピュアというか、人の心の支えになれる人間なんですよね。作中でも、若さゆえに復讐することしかできないかわいそうな人物だと思うので、四郎がただの敵役ではないという部分も伝わればいいなと思います」

最近では、映像作品のみならず、ミュージカルや舞台での存在感も増してきた小池。成功の背景には、細かく管理されたストイックな体力づくりがあった。

「トレーニング方法は、時期で分けています。瞬発力や体力が必要な役のときは、パンプアップが得意なトレーナーさんに頼んで、今回は、ワイヤアクションがあったりするので、ピラティスをやったり、体幹中心のしっかりとした柔軟な筋肉をつけるためのトレーニングをしています。やっぱり体調管理は舞台では必須なので、絶対けがしないように、いつでも動ける体は大事ですね」

「女性自身」2021年4月13日号 掲載

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here